--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.02

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─

2016-11-11-0067.jpg
〈四国の霊場にて〉

 一年は、人生の一区切りをはっきりと感じさせる長さである。
 来し方を振り返り、行く先を想う。
 亡き人に対してもそうだ。
 一周忌では「もう、一年が経った」と感じる人も、「まだ、一年か」と感じる人もおられようが、いずれにしても、はっきりと〈時間的区切〉を迎える。
 そこで勢至菩薩(セイシボサツ)が守本尊として故人を導いてくださることの意義は大きい。

 勢至菩薩は、その名のとおり、この上ない勢いでお救いくださるが、勢いの内容は智慧の光明である。
 百か日の観音様が無類のお慈悲で阿弥陀様のもとへ向かわせてくださる一方、その道行きが確かなものとなるよう智慧の勢いを与えてくださる。
 だから、大勢至菩薩、あるいは大精進菩薩(ダイショウジンボサツ)とも呼ばれる。

 御霊はその力で迷いを解きつつ、み仏の世界へ溶け込んで行く。
 一方、勢至菩薩へ祈るこの世の人々もまた、思慕・想い出・未練・感謝などが入り交じり、揺れ動く心にまとまりがついてくる。
 この世の人々も勢いのご加護をいただくのある。

 妻を亡くされたAさんは一周忌を迎え、言われた。
「何もかも妻に任せっぱなしでしたから、オロオロするばかりで、いまだに落ちつきません。
 それでも、妻が大事にしていた花に水をやりながら、枯らさずにここまで来ました。
 夢中で一年経ってみると、植物が何を求めているのか、ようやくわかるようになりました」

 夫を亡くされたBさんは一周忌を迎え、経典を唱えた後で言われた。
「この区切の日に、ご住職が何を言ってくださるか、とても楽しみにして来ました。
 日常生活の何もかもを私に頼るばかりだったあの世の夫に、勢至様が勢いをつけてくださると聞いて、とても安心しました。
 一緒に経典を唱えた私自身も、ご住職がいつも言われる生き直しが、ようやくできるような気になりました」

 勢至菩薩のお姿は、蓮華の蕾を左手に持ち、右手で開く勢いを与えている。
 蓮華菩提心(ボダイシン…悟りを求める心)の象徴であり、蓮華が徐々に開く過程は、阿弥陀如来の浄土へ向かう旅路でもある。
 それは何もあの世のことだけではない。
 御霊の冥福を勢至菩薩へ祈る清浄な心になった私たちも又、自心の蓮華を花開かせつつあるのだ。

 あの世では安心が増し、この世ではまっとうに、幸せに生きる力が増す一周忌供養を行うことの意義はまことに深いと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
03.07

現代の苦と水子地蔵墓

2016-03-07-0001.jpg

1 水子地蔵へのお納骨

 過日、水子地蔵へお納骨を行いました。
 水子地蔵様の台座に小さな扉をつけ、お地蔵様のお足元へお骨を納められるようにしたのです。
 まだ、寒い日が続く時期なのに、風もなく、陽光の恵みが感じられる佳い日でした。
 成人していない〈お父さん〉も〈お母さん〉も親につきそわれ、神妙な面持ちで手を合わせました。
 緊張し、表情を失ったような二人にとって、できごとの持つ意味を本当に知るようになるのは数十年先かも知れません。

2 水子霊への供養や後悔

 人生相談に来られたAさんはしみじみと言われました。
「結局、男の子を授かることはできませんでした。
 もちろん、女の子たちはそれぞれまっとうに育っており、何の文句もありませんが、ごくたまに、夫へこう言いたくなります。
『あの時、性別を教えてもらってから決めた方がよかったのかしら……』
 夫の答はずっと同じです。
『あの時はああするしかなかったんだから、もういいじゃないか』
 それでも二人して還暦を過ぎ、そう遠くない将来、ご先祖様を毎日ご供養しているお仏壇を嗣ぐ人がなくてすっかり途絶えることを考えると、堕胎した罰が当たったのではないかと思ってしまうんです。
 今になってようやく、子育てをすることや、ご先祖様を供養することの意味がわかってきたのに、もう〈遅い〉なんて……」
 そして、ご夫婦のどちらかに万一の事態が発生した際のことごとを当山へ託しました。
「お骨の状態になってから本堂に来るので、引導を渡してから共同墓で永代供養してください。
 いつかは、先祖代々のお位牌を位牌堂に納めます。
 お仏壇のお焚きあげもお願いします」

3 水子をつくったり暴発したりする若者

 今は、トイレで堕胎したり、生まれてから何年かを過ごした幼子ですら、親が平気で虐待し、殺しもする時代になりました。
 小中学生の堕胎も珍しくはないと耳にします。
 年配者はどうしても「道徳教育がなっていない」「親のしつけが悪い」と考えがちですが、最近の脳科学は興味深い事実をつかんでいます。

 情動などを司る大脳辺縁系は思春期になると急速に発達します。
 一方、適切な社会的行動へ導く前頭葉皮質の発達は遅れ、成人してからもどんどんはたらきを強めます。
 そもそも、感情などで衝動を起こさせる部分と、それをいったん制御して人間社会に即した行動へ結びつける部分とのズレが思春期特有のイライラや、情緒不安定や、暴発的行動などをもたらしてきたのですが、なぜか最近、大脳辺縁系の発達があまりにも早くなったために、子供たちの行動に深刻な影響が出始めているのです。
 こうした状況こそが真の緊急事態ではないでしょうか?
 広い分野の専門家が額を寄せ合って真剣に対応せねばならないのではないでしょうか?

4 新たな現代の苦

 生活環境や生活形態の激変によって、私たちはわずか数十年前には予想もしなかったほど便利で、長生きできる日々を手に入れましたが、一方では、各種のアレルギーや、心の病気や、不可解な暴発の激増、そして、年配者の生を支えきれない社会構造、若い人々の未来を保証できない年金などの重大な問題を抱えるようになりました。
 お釈迦様の説かれた「苦=ままならなさ」は常に、その時代や社会なりの〈姿〉で顕れます。
 私たちが今、息苦しくなったり、生きずらくなったりしてきたと感じるのは、社会全体に苦が増したというよりは、〈私たちすべてが苦を抱えた存在である〉という真実が、社会の無理や矛盾や歪み、また私たちの〈生きものとして変化〉によって、明らかになってきたということではないでしょうか。

 この苦へ対処するには、現代特有の原因を滅する方法と、万古代わらぬ苦の本質に迫る方法があります。
 当山は、人生相談や社会的発言などで〈現代〉と正対し、み仏におすがりする修法で本質的転換や本質的解決を目ざしています。
 水子地蔵と身代わり地蔵様の祈りは、おすがりする万人を救います。
「南無大施徳菩薩地蔵尊(ナムダイセトクボサジゾウソン)」
「おん かかか びさんまえい そわか」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2015
10.24

死の悲しみから立ち直る道(その2) ―喪失の苦痛と向き合う―

201510240001.jpg

 今回は、悲しみから立ち上がる方法の第二番目、喪失の苦痛と向き合うことです。

2 悲しみがもたらす苦痛を知り、そのはじめから終わりまでを体験すること。

 親しい人、身近な人のは、たとえようのない精神的苦痛をもたらし、多くの方が、何とかしてその現実から逃れたいと願います。
 しかし、寝ても覚めても、仕事をしていても故人のことが不意に頭へ浮かび、たまらない気持になったりします。
 ある方は仕事が上の空になります。
 ある方は酒に浸ります。
 ある方は旅に出ます。
 ある方は引っ越します。
 ある方は後を追いたくさえなります。
 何をしても逃れられないのですが、何かをせずにはいられず、苦しみます。

 お釈迦様は一人娘を亡くして半狂乱になっているキーサゴータミーへ、芥子の種をもらってきたなら救われると約束しました。
 ただし、条件があります。
 者を出したことのない家からもらわねばなりません。
 ご先祖様のいない人は誰一人いないので、村中を歩いても、ついに種はもらえませんでした。
 彼女は、この過程を通じてと向き合い、自分だけでなく誰しもが親しい人のを体験しているという事実に気づきました。
 無常の鬼はすべての人びとへ訪れていたのです。
 うちひしがれて戻って来た彼女へ、お釈迦様は諭されました。

「この宇宙にはたったひとつけっして変わることのない法則があります。
 それは、すべてのものは変わるということ、すべては無常だということです。
 子供の死があなたの目を開かせてくれたのです」


 彼女はやがて、アラカンさんになりました。
 
 こうして「人は必ず死ぬ」という単純な事実を〈本当に知った〉人びとは、執着心という苦しみの元を手放すことができます。
 そして手放した後には、必ず、優しい心がはたらきだします。
 臨死体験者もそうです。
 あるいは重篤な病気になって気づいた方もおられます。

 医師フレダ・ネイラーは書きました。

「わたしはこういう事態にならなければしなかったような体験をしている。
 それについては癌に感謝しなければならない。
 わたしは謙虚になった。
 死ぬべき存在としての自分を甘んじて受け入れるようになった。
 自分の内なる強さを知った。
 これにはつねづねわたし自身が驚かされている。
 他にも自分自身に関する多くのことを知った。
 それは、わたしがここにきて立ち止まり、振り返り、再び歩きはじめることを余儀なくされた結果に他ならない」


 死を前にしたお祖母ちゃんは笑顔になり、こう言って孫の頭を撫でてくれたそうです。

「私は世界中で一番幸せな病人だよ」


 お別れの言葉が継げた真実です。

 東日本大震災で娘さんを亡くされたAさんは、四国遍路を始めました。
 一回目は無我夢中、おりおりに娘さんとの思い出が瞼に浮かび、泣き泣き歩きました。
 路傍の小さなお地蔵様が愛おしく、哀しく、とても身近に感じられました。
 二回目は歩き方を覚えましたが、やはり、とても泣けました。
 ただし、それが、我が子を失ったせいなのか、それともご加護のありがたさによるものなのか、よくわからない瞬間もありました。
 三回目は、どの札所でもただただ、ありがたく、涙が感謝の涙であることを確信しました。
 お仏壇でお線香を上げる時も、意識がお位牌へ向かうだけでなく、真ん中におられるご本尊様のありがたさを実感できるようになったそうです。

 夫を亡くし、七回忌の法要で、ようやく喪失感から抜け出るまでに回復されたBさんの例もあります。
 たった一人で行われた法要後の法話で申しあげました。
「七回忌は阿閦如来(アシュクニョライ)様のお導きの時期に当たります。
 この如来様がおられるのは、瑠璃(ルリ)の光に満ちた東方浄土です。
 小生はいつも、こう感じながら拝んでいます。
 三回忌で、日が沈む方位の西方浄土におられる阿弥陀如来様のもとでゆっくり休み、七回忌の頃には、東から昇る太陽のような転生(テンショウ)の動きが始まっているのでしょう。
 故人は素晴らしい方だったし、こうして追善供養という尊い廻向(エコウ)も重ねて来られたのですから、きっと、よい世界へ生まれ変わられることでしょうね」
 あの時、Bさんの目には涙が浮かび、その涙には、いつもと違う光も宿っていました。
 数日後、「立ち直れました。しっかり生きます」という手紙が届きました。

 当山では、ご葬儀の後で行う短い法話において、しばしば、こう申しあげます。
「故人は今、自分の死をもって、皆さんへ大切なことを知らせておられます。
 皆さんは立ち止まり、日常の忙しさから離れたひとときを持っています。
 そして死と、無常と、向き合っています。
 普段、忘れている無常の真実に気づいておられます。
 そしてもう一つの真実について知ることができました。
 お線香を点すのは精進を誓い、精進する姿を故人へ見せて安心してもらうためであり、花を飾るのは忍耐を誓い、忍耐強く生きる姿を故人へ見せて安心してもらうためであり、故人は、供養という尊い文化にあらためて気づかせ、私たちへ人生修行の機会をつくってくださったのです」

 親しい人や可愛いペットなどの死と向き合うのは、かけがえのない何ごとかの入り口です。
 すべては時々刻々、変化して止みません。
 悲しみも辛さも、永久に続くわけではありません。
 無常の真実が観えてくれば、そうした感情をおこさせる〈無常の忘却〉はなくなります。
 そして、無常が肌身に沁みてわかれば、キーサゴータミーのように、悟りを開けるかも知れません。
 フレダ・ネイラーさんのように、謙虚になり、自分の強さを知るかも知れません。
 Aさんのように、み仏のご加護を実感できるかも知れません。
 Bさんのように、しっかり生きられるかも知れません。
 始まる〈何ごとか〉は、きっと、救いの道に違いありません。
 真言やお経は、その強力な伴走者になり得ることでしょう。
 



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2015
08.07

お墓参りに行けないお盆の過ごし方 ―施餓鬼のことなど―

201508070001.jpg

 今年は「お盆お墓参りに行けない場合、どうすればよいか?」というご質問が、頻繁に寄せられています。
 例年にない猛暑が皆さんの行動パターンを変えているのかも知れません。

 最もお勧めなのは、事前にお塔婆供養を申し込み、お盆前に受け取ってお墓へ立ててご供養し、お盆の時期には自宅の盆棚へ御霊をお迎えするというものです。
 当山では、早くも先週末あたりから善男善女がこうしたお盆供養を始めておられます。

 もう一つは、早めにご来山されてお盆供養会を行い、帰りにお塔婆をお墓へ立てるという年忌供養などと同じやり方です。
 これなら、お盆期間中に家を留守にしても大丈夫です。

 あるいは、まだお骨が自宅にあり、どうしてもお盆期間内にご来山できない場合は、当山で魂入れをしたお塔婆をお送りすることもできます。
 送られたお塔婆をお骨のそばへ立てれば、最高のご供物を供えたことになります。
 お塔婆の表面には梵字(梵字…インドの文字)で、「地・水・火・風・空」と書かれ、裏面には同じく「識」と書かれており、目に見える世界と見えない世界との徳をすべて込める法が結ばれているからです。

 この際、お墓参り仏壇前でのご供養において大切なことを一つ書いておきます。
 それは「万霊供養」の心です。
 
 お盆の供養会では、それぞれのお宅における先亡の御霊を供養するだけでなく、施餓鬼(セガキ…餓鬼界の方々へ施すこと)供養も行うところに他の供養会とは異なる特色があります。
 以下の故事がその出発点です。
 
 ある日、お釈迦様の弟子である目蓮尊者(モクレンソンジャ)が、神通力で亡き母親の様子を観たところ、生前、子供を思う一心でつい犯してしまった小さな罪のために、餓鬼界で苦しんでいました。
 驚いた尊者は早速、お釈迦様に相談しました。
 お釈迦様は答えました。
「夏安居(ゲアンゴ…夏の修行)の最終日である七月十五日(旧暦)に、できるかぎり多くの僧侶にお経をあげてもらいなさい。
 そして、心から供養をすれば、必ず救われることでしょう」
 尊者はさっそく実行し、母親は、無事、天上界(テンジョウカイ)に生まれ変わりました。

 この故事にまず、思うのは、母親が餓鬼界にいることを知った尊者の驚きと悲しみです。
 しかも母親の苦しみを消す力が自分にはないことを自覚している……。
 お釈迦様へ相談する時の尊者の心は、私たちが大病に罹った親のために名医を訪ねる心境に似ていたのではないでしょうか?
 藁にも縋る思いです。
 もちろん、お釈迦様は偉大な聖者なので「きっと何とかしてくださる」と思ったかも知れませんが、案の定、「それじゃ私が助けてあげよう」といった単純な成り行きでは済みませんでした。

 僧侶たちが揃って供養するという点も見逃せません。
 因果応報の理によって生じている事態を動かすための新たな〈因〉は、並大抵のものでは追いつかず、祈りの力を結集しなさいということだったのでしょう。
 また、修行を終えた弟子たちに、慈悲心と法力の実践を命ずるという面もあったのでしょう。

 そして最後に付け加えておかねばならないのは、尊者も、他の行者たちも、決して尊者の親一人のためにのみ修法したのではないに違いないということです。
 神通力で観えたであろう餓鬼界の悲惨さや無惨さは到底、想像できません。
 その〈世界〉を目にした尊者も行者たちも、尊者の母親一人〈だけ〉を救おうとしたはずがありましょうか。
 取捨選択して誰かを見捨てるという姿勢ほど、非仏教的なものはありません。
 万人へ平等に救済の目を向けるからこそ仏陀(ブッダ…悟った者)であり、そこを目ざす行者たちもまた、仲間の母親とその他の餓鬼たちを差別するはずはないのです。
 お釈迦様に指導された行者たちはすべて、餓鬼界全体へ救済の真言を届けたに違いありません。
 それから約2500年が過ぎた今も、行者によって餓鬼界の方々へ同じ真言が手向けられています。
「のうまく さらばたたぎゃた ばろきてい おん さんばら さんばら うん」

 こうした施餓鬼供養を伴うお盆には、自分の家にまつわる御霊だけでなく、万霊をご供養する気持で手を合わせたいものです。
 特に、餓鬼のように〈飲めない、食べられない〉存在を想像する時、現実に餓えている人々や、病気に苦しむ人々への思いやりの心もはたらくことでしょう。
 お盆供養をないがしろにせず、御霊と通じることによって霊性を具えた人間であると自覚する貴重な時期を過ごしましょう。
 



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
06.11

音信不通だった親の供養について ―供養の本質―

20150611022.jpg
〈希望〉

 ある時、子供の頃から深い確執のあった父親を亡くしたAさんからご相談がありました。
「どこにいるかわからなかったのに、突然、亡くなったという知らせが来て、お骨を守ることになりました。
 供養すべきであるとは思いますが、そもそも、供養ということがよくわかりません。
 どう考えればよいのでしょうか?」

 お答えしました。
供養は、インドの言葉プージャ(敬意をもって懇ろにもてなすこと)です。
 漢訳の『供養』は供給資養を略しており、『供』は身体と言葉と心のはたらきすべてをかけて何かを捧げることです。
 また『養』は尊い相手に対してへりくだり、相手のためになるよう何かを捧げてお仕えすることです。
 つまり、み仏や先亡の御霊を敬い尊ぶまごころから何かをしないではいられなくなり、自分にできる限りの精一杯を尽くすのが供養です。

 お水は無条件で施す〈布施〉、塗香(ズコウ)という手に塗るお香は戒めを守る清らかな〈持戒〉、お花は雨風に耐える〈忍耐〉、お線香は淡々と自分を燃やし尽くす〈精進〉、飲食物は心身を調えて行う〈禅定〉、お灯明は自己中心でなくすべてを遍く照らす〈智慧〉、それぞれの実践をお誓いする心で捧げましょう。
 この六つの心をつくる修行は菩薩(ボサツ)になるための道であり、ご本尊様やご先祖様へのご供養は、自分自身が一歩一歩と菩薩に近づく道を歩む過程でもあります。
 それは、相手のためを思って実践する清らかな行いの功徳は、決して相手のためになるだけでなく、あたかも鏡が照らし合うように、自分をも人間として向上させることを意味します。
 人間であれ、ペットであれ、どなたでも先に逝った方は、自分の死をもって、私たちへご供養するという尊い機会をお与えくださったのです。
 どのように生きようと、最後の最後にはこの機会をつくるところに、生きとし生けるものの尊厳があります。

 また、経典によれば、み仏への供養は、自分が大きな福徳を得られるだけでなく、生きとし生けるものへ安楽を与えます。
 仏法への供養は、深い智慧を得られます。
 み仏と仏法を守る者への供養は、福徳を得る材料を増やします。
 こうした仏法僧への供養によって自他共に安心を得、悟りへ向かって進めます。
 
 お墓やお位牌の開眼供養、あるいは人形や御守などのお焚きあげ供養も同じく、私たちが自分中心の日常生活から離れ、生まれ持った仏心を輝かせる貴重でかけがえのない機会です。
 大切にしましょう。 
 過去にはいろいろあったお父様でしょうが、御霊となれば、ひとしくみ仏の世界へと溶け込んで行く尊いご先祖様です。
 どのようにしたらよいか、どうぞ、ご自身の胸に問い、悔いのない対応をしてください」

 Aさんはこう言って当山を後にされました。
「思えば、帰って来てくれたんですよね。
 私が父の〈帰る先〉になったのはどういうことか、お線香を点けたりしながらよく考えてみます。
 ありがとうございました」

(当山はご縁の方々のプラバシーを守りつつ、広く皆さんに仏法をお考えいただくため、人物を特定できないようあくまでもフィクションとして表現しています)




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。