--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.07

年忌供養は誰に向かって拝むのか? ―百か日は観音様、三回忌は阿弥陀様―

201505050003.jpg

201505070002.jpg
十三仏に守られた共同墓『法楽の礎』〉

201505070001.jpg
十三仏に守られた納骨位牌堂『法楽殿』〉

 共同墓『法楽の礎』を契約したAさんからご質問がありました。

「私が亡くなった後の年忌供養はどこでやっていただけるのですか?
 お墓の前ですか、それともご本堂ですか?」

 還暦はとっくに過ぎたご夫婦ですが、何でも真剣に問われます。
 基本的には本堂ですとお答えしたところ、共同墓でお骨を拝むのではないんですか?と二の矢が飛んできました。
 そこで、少々詳しくお答えしました。

「どこのお寺でも三回忌などのご供養を本堂で行います。
 その理由は第一に、ご本尊様のご加護は時空を超えているので、ご本尊様へお祈りすれば何ごとも通じるからです。
 たとえ御霊の依り代となるお骨が遠くの山中にあろうと、至心に祈った場所から法は届きます。
 当山には、東京の墓苑に埋葬されている方のご供養や、アメリカ在住の方のご加持などが申し込まれており、皆さんにご安心を得ていただいています。
 法が時間を超えて先亡の御霊へ届き、空間を超えてどこへでも届くのは、モノの世界の原理とは異なる聖なる世界があるからです。

 第二に、ご本尊様は、どらえもんの『どこでもドア』のような存在であり、どなたへ祈ろうと広大無辺な仏界へ通じ、いかなるみ仏のご加護もいただけるからです。
 たとえば百か日忌は観音様が守本尊ですが、ご本尊様がお不動様のお寺でも当然、問題はありません。
 それは、お不動様を入り口として法を結び、法の世界へ入った行者は、さらに観音様の世界へも進めるからです。
 十三仏の教えによるお不動様の役割は、死後、初七日のお導きであり、百か日のハードルを無事、越えさせてくださる観音様ではありません。
 それでもお不動様の前で百か日のご供養が成立するのは、お不動様と一体になる法を結ぶ行者は、日常世界を超えた仏界へ入り、無限の仏界において観音様の法を結ぶことが可能だからです。
 同じようにして、一周忌の勢至菩薩、三回忌の阿弥陀様、あるいは三十三回忌は虚空蔵様と、確かなご加護をいただけます。

 もちろん行者は、必ずしも眼前へ尊像をお祀りしなくとも、修法によって仏界へ入られます。
 また、数多くのみ仏がおられるのは、私たちの心に多様で無数の徳があり、徳の極まりが仏界だからです。
 こうした理由から、ご本尊様をお祀りしない葬祭会館でもご葬儀ができるのです。
 古家や古井戸を取り壊す前に供養と因縁祓いの修法を行う際、現場で特別にご本尊様をお祀りせずに修法するのも同じ理由からです。

 もちろん、お寺の帰りに、魂入れの済んだお塔婆をお墓へ立て、あらためてお線香を点して合掌するのはとても尊い行為です。
 モノと心とのあらゆる徳を捧げる象徴であるお塔婆は最高のご供物であり、それをわざわざ依り代の近くまで持参するのは深い誠意の表現です。
 なお、古来、神社仏閣が山上に建てられたのは尊いものを高くお祀りするのが第一の理由、第二の理由は、わざわざ遠くまで足を運ぶまごころが仏神と凡夫との距離を縮めるからです。
 ご理解いただけたでしょうか?」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2012
01.29

ご主人の魂に救われた奥さん

 3年前にご主人を亡くされたAさんは、百か日の供養会でも、一周忌の時も、三回忌の時も「淋しくてなりません」と肩を落としたままでした。
 ところが、三周忌にご来山されたおりの様子がこれまでとはずいぶん違うので「暮らしはどうですか?」とお訊きしたところ、スッと目を上げて答えられました。

「主人を亡くしてから3年近く経ち、ようやく主人がいてくれることを感じて元気になりました。
 これまではいなくなったという空虚さに負けて、いつもいつもただ淋しさだけを相手にして暮らしてきましたが、このとところ、二回、主人の魂と会って、すっかり安心できました。
 一度目は、疲れが溜まって困っていた時のことです。
 右肩の後の方から手が当てられて『大丈夫だよ』という声が聞こえたような気がしました。
 左手でその手を確認しながら振り向くと、確かに手だけ見えましたがとても冷たいのです。
 でも、主人だとわかったし、気持が良くて、私も連れて行ってと言いました。
 まだいいよという声のない声で答えたきり、気配は消えました。

 二度目は一人でいた時、正面から不意に抱きしめられたのです。
 アッと思って私も抱きしめましたが、やはり主人はとても冷たく、あまりに細いので驚きました。
 また、私も連れて行ってと言いましたが、やはり、まだいいよと答え、今度は右上の方へ去りました。
 何かが見えたような気がしましたが、見えたものは思い出せません。
 目に見えてはいなかったにもかかわらず、私には去って行った様子がはっきりとわかりました。

 それから、私は変わりました。
 自分が自分の淋しさの繭に包まれてばかりいた頃は、同じような境遇の人の悲しみがよくわかって当然なのに、今ほど強くは感じられませんでした。
 自分に心の余裕ができたのでしょうか。
 今度は他人の淋しさや悲しみがありありと感じられ、自分がいかに酷い状態だったかも、あらためて知りました。
 最近では感謝の気持が強くなり、子供たちや周囲の人々へ心からありがとうと言ってばかりいます。
 長い3年間でしたが、こうして時が経つ必要があったのですね。
 やはり、主人は私の主人です」

 御霊阿弥陀如来のお導きへ入る三回忌を終えてから、奥さんは変わられました。
 ご主人が極楽浄土で憩うようになり、安心した存在として奥さんへかかわってこられたのでしょう。
 それは、おりおりの供養を欠かさず、廻向(エコウ…あの世御霊安心していただけるよう供養する功徳を廻し向けること)を行い、ご主人の安心を願ってこられた奥さんへの、あの世からの感謝だったのではないでしょうか。
 奥さんは安心を分けいただいたのです。
 祈る心、悼む心、まごころを因とする果を教えていただいたできごとでした。

〈大渋滞の夜〉
20120129001.jpg



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん あり きゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン




2011
04.12

十三仏様のご加護13 ―不動明王と枕経―

 枕経の後で、いつも、なぜ今、修法を行ったかをお話しします。
「亡くなられたばかりの方は、まだ、何が何だかわからないかも知れません。
 この世から離れると、この世ならぬ世界の方々がやってくることでしょう。
 その中には、懐かしい肉親や友人も、あるいは二度と会いたくない人や未成仏の苦を背負った亡者もいるでしょう。
 チベット人すべての導きとなっている『死者の書』にも、さまざまな霊との邂逅(思いがけない出会い)が説かれています。
 だから、迷わぬよう、悪しきものとの縁がつかぬよう、十三仏様のうち一番手となっている不動明王結界を張ってお守りします。
 アニメの結界師は「結(ケツッ)!」と叫びますが、私たち行者は主として九字などを用います。
 まあ、修法に似ていないこともありません。
 早く枕元へ駆けつけて、割合早いスピードで経文を唱えるのは、早くお守りするためです。」

 不動明王は衣をまとってはいますが、他のみ仏方とは、雰囲気がまったく異なります。
 それは、奴隷の姿だからです。
 また、他の方々は多くの場合、蓮華に坐しておられますが、不動明王だけは岩に坐し、何と、頭上に小さな蓮華を載せておられます。
 不動明王は、私たち凡夫をご主人様として自分の頭上へ置き、一番下の世界からヨイショと持ち上げ、救ってくださるためです。
 左手には、救い漏れがないように縛って引き寄せる縄を持ち、右手には、迷いを断ちきる剣を持っておられます。
 憤怒の形相は、親が、言葉だけではなかなか言うことをきかないわからずやの子供を叱る時の表情です。
 教えに耳を貸そうとせず、我欲まみれで強情な人をも、不動明王は見捨てません。
 悪の強さを圧倒する力の怒りで気づかせてくださいます。
 親が子供を慈しむ気持から強く叱るのと同じです。

 不動明王の「不動」には四つの意味があります。
 一つは、不動明王の「一人も残さず救い尽くそう」とする決して揺るがぬ決意を表しています。
 もう一つは、必ず安心の世界へ向かい、未成仏霊となって苦しまぬよう、み仏のおわす故郷へ還る御霊の決心を表しています。
 もう一つは、「帰依します」というすなおな気持に変わりがないことを不動明王の姿に託す私たちの決心です。
 そしてもう一つは、日常生活において平常心を保つ願いです。
 すべての思いを受ける不動明王は、大日如来の使者として、常に強大な力を発揮しておられます。

 さて、私たちの「不動の心」は「肝っ玉」などとも言われます。
 小説家高任和夫氏が『青雲の梯(カケハシ)』で書いた大田南畝(オオタナンポ)は天明期に活躍した狂歌師で、蜀山人(ショクサンジン)と名乗っていました。
「恐れ入谷の鬼子母神」は今だに残っている名言です。
 ある日、目黒の不動尊をお詣りした帰りに田楽屋で一杯やっていたところ、やはり独酌をやっていた武士へ店のお婆さんが生焼けの田楽を出してしまいました。
 怒鳴られて出し直しをしたら、今度は黒こげになっていたので、酔っていた武士は「そこへなおれ、たたっ切る!」と柄に手をかける騒ぎになりました。
 黙って見ていた蜀山人は腰の矢立から筆を取りだし、狂歌をしたためて示しました。
「こんがらと、焼けば良いのに急(セ)いたから、中に不動もありそうなもの」
「こんがら」は、こんがりと焼けたという意味に、不動明王の脇に立つ「コンガラ童子」をかけました。
「せいたから」は、慌てたという意味に、やはり不動明王の脇に立つもう一人の「セイタカ童子」をかけました。
 そして、真ん中に不動明王です。
 決まりました。
 こんな一首は、一同を驚きと称賛と笑いの渦に巻き込み、一件落着となりました。
 目の前で人の生死が分かれようとした時に、自分の得意分野でサラリと解決してしまう力量は桁外れです。
 ちなみに、蜀山人はこう詠んで74年の生涯を閉じました。
「今までは 人のことだと思ふたに 俺が死ぬとは こいつはたまらん」
 時代を動かした老中田沼意次に一目置かれていたのも納得できます。
 やはり不動心があったのでしょう。

 不動明王を前にして護摩修法を行うと、高さ1メートルにも満たない不動明王は大魔神のように巨大な姿になって火中へ入り、無限のパワーで堂内を満たします。
 その結界力は絶対であると信じています。

〈朧な春〉
230403 00222



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。



[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2007
09.12

十三仏様のご加護12 ―虚空蔵菩薩―

13 虚空蔵菩薩様のご加護

 寛喜2年の夏、洛陽でのできごとである。

 父母が早く世を去ったために、辛酸を舐めながら日々を送る一人の貧しい女性がいた。
 経典に「今の生きざまを観て過去の因縁を知れ」とあり、きっと過去世の慳貪によって今世の貧困と無福がもたらされたのだろうと考え、虚空蔵菩薩におすがりしながら罪障消滅を祈っている。

 母の年忌供養に当たる年になったが、み仏へ供養する何ものも用意できない。
〝父母からもらったこの身は重宝せねばならない。しかし、親のためには惜しむべきほどのこともない〟と考え、身を売って菩提寺へ弔料を納めた。
 同じ町内に豊前前司(ブゼンゼンシ)という財福に恵まれた男がいた。
 ある夜の夢に、かねて信仰している虚空蔵菩薩が現れ、告げた。
「親のために身を売って供養した貧女の孝行心はまことに見上げたものである。汝は彼女の受けた対価を払い、自由の身にせよ」
 虚空蔵菩薩のご指示であればと、豊前前司は彼女を救った。

 その昔、唐の薫水(キンスイ)は老父に孝養を尽くしていたが、亡くなった時に葬式ができず、身を売って送ろうと買い手の家へ向かっていた。
 途中、一人の美女に出会った。
 彼女は、妻になりたいと申し出、同行を求める。
 しかたなく二人で出向いたところ、主人は、三百疋の織物を仕上げれば自由にしてやろうと言う。
 彼女はたちまちの裡に織り上げ、二人は幸せになったという。
 
 薫水の孝行心は神を動かし、貧女の孝行心は虚空蔵菩薩を動かした。
 仏神を崇敬し、人の道をまっとうしようとする者は、必ず救われるのである。


 これで、十三仏様のご加護の話を終わります。
 十三話に共通なのは、「信仰感応をもたらす」ということです。
 感応とは、見えないはずのものが見えたり、聞こえるはずのないものが聞こえるといった、いわゆる霊感レベルのできごとではありません。
 真摯な祈りや清らかな行いは、当人がそれとは気づかぬ間に、心の奥底にある仏心を覆う穢れを取り除き、いつか肝心な時にその霊光が人を動かし、天地を動かし、運命を転化させるのです。
 真摯な祈りや清らかな行いを可能にするもの、その導き手こそがみ仏です。
 信じる時はすでに救いの中にあり、奇瑞と思われるできごとはその結晶、あるいは証(アカシ)です。
 証が人知を遙かに超えている真実は、こう説かれています。
如来の精妙なお身体は世間のいかなるものとも比較できない。如来のお身体が無限のものであるということ、それを〈真実世界は常に在る〉という」
 
Comment:0  Trackback:0
2007
09.03

十三仏様のご加護11 ―大日如来―

12 大日如来様のご加護

 昔、ある所に愚かな女性がいた。
 因果の道理を知らず、仏神を信じず、50歳を過ぎてから7つの病気に罹り、亡くなった。
 ところが、6日後に甦り、ハラハラと涙を流しながら己の愚かさを懺悔する。
 周囲の者たちは驚き怪しみ、どうしたことかと訊ねた。
 女性の話である。

 私は、実に不可思議な体験をしました。
 死んで逆銃火獄へ行きましたが、閻魔王(エンマオウ)が一巻の書物を調べて言うには、
「汝は、昔、巧言和尚のところへ参詣したおり、金剛界のマンダラをかけた伝法道場を礼拝した。
 そうした大きな功徳のある者は、まだ死すべきではない。
 速やかに人間界へ還そう」
 こうした成り行きでこの世へ戻ったのです。

 女性は因果を知り、仏道を志したという。


 
 伝法とは、法のいのちが伝わることです。
 密教においては作法を教える、知るというレベルに止まらず、法を使える師が、法を使う者としての器である弟子へ「水を瓶から瓶へ移すように」身・口・意のすべてを用いて法の全体を引き継ぐのです。
 もちろん、渡したからといって、師の法力はいささかも減るものではありません。
 法力は、計量できるものではないからです。

 女性を救うきっかけとなった金剛界マンダラはこうした伝法にも用いられますが、根本仏大日如来の徳の表れであり仏法における世界を表現する最高レベルのものです。
 善無畏三蔵(ゼンムイサンゾウ)は、大日如来の徳を以下の3つにまとめて説きました。

1 除闇遍明(ジョアンヘンミョウ)
 智慧の光は、遍くすべてのものを照らし、闇を消します。
 太陽の光は必ず影をつくりますが、大日如来の光は隅々まで照らし、影をつくりません。

2 能成衆務(ノウジョウシュム)
 慈悲の光は、存在するものたちなりに生じ、滅する過程をお支えくださいます。
 たとえ糸トンボ一匹でも、人間が無から生じさせ、生かすことはできません。

3 光無消滅(コウムショウメツ)
 大日如来の智慧と慈悲の光は世界と共にあり、永遠です。 太陽には寿命がありますが、根本仏は永遠です。

 十三回忌を司る大日如来様は、七回忌で転生へと向かい始めた御霊へ、光に照らされた真実世界をお示しになられます。
 
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。