--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.17

ネコの十三回忌供養 ─あなたは家族、あなたは友─

2016-09-17-0001.jpg

 雨の晴れ間を待っていたかのように陽光が満ちた秋晴れの日、Aさんご夫婦がネコの十三回忌供養にご来山された。
 三回忌以来、ご遺骨と10年ぶりの再会となった。
 ねんごろに供養し、廻向之証をお渡しする。
 安心されたご様子に、こちらの気持も柔らかくなる。
 いつの日か、ネコと一緒のおを建てたいという。
 当山ではペットと一緒に眠る方がどんどん増えている。
 人間のおにお線香をあげ、ペットのおにもお線香をあげる。
 あるいは、ペットの命日に人間のおもお参りされる。
 生きとし生けるもの同士として、人間もペットも何ら変わりはない。

 思えば、私たち生きものは、天地自然が持つ造化のシステムと力の中で生まれ、死んで行く。
 これがモノとしての側面。
 同時に私たちは、どこからか来た者として存在し、死後もまたどこかへ行く。
 お大師様は説かれた。
「行行(ギョウギョウ)として円寂(エンジャク)に至り、去去(ココ)として原初に入る」
 人生上の重大事にぶつかり、どうにもならない呻きの中で真言仏界のイメージに導かれ、一心に行ずる時、心の行く先が感得される。
 すべてが因果の理において円満し、心が輪廻転生(リンネテンショウ)の中を貫いている真実にうたれる。
 私たちが〈在る〉ということの根源へと心が深まり、母なる仏界に抱かれる。
 これが心としての側面である。
 私たちは肉体としてのモノであり、同時に心としては、モノと違う原理で存在している。
 もちろん、二つは交わらない2本のレールではなく、互いに互いへ影響し合っている。
 二つが微妙に関わるところに運命も、意思も、修行も躍動する。

 当山ではペットに関する修法において呼びかける。
「あなたは家族、あなたは
 人間でない家族、人間でないは、人間とは何者か?生きものとは何か?と問わせ、答も教えてくれる。
 都市の文明はどんどん自然から離れ、自然を忘れさせもするが、ペットはその危うさに気づかせ、心の乾燥を緩和してもくれる。
 やはり、かけがえのない家族であり、である。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
06.27

ワンちゃんの見事な最期 ─涙と覚悟と─

2016-06-27-0004一心
ペット供養墓『一心』〉

 当山には、ペットのご葬儀やご供養に訪れる方が絶えない。
 ペットは文字どおり家族である。

 Aさんの飼い犬B君が逝った。

 Aさん宅には種類の違うC君もおり、C君は弱ったB君の介護をしていた。
 C君はいつもB君のそばで見守り、B君が変な声で鳴くと、たちまちAさんのもとへ飛んでいってけたたましく吠え、異変を知らせる。
 散歩から帰るとまっすぐにB君の様子を見に行く。

 こんなC君はB君が死んだ時、今まで見たこともないほどいっぱいの涙を両眼に湛えた。
〝──ああ、イヌも泣くんだ〟
 Aさんはびっくりし、打たれた。
 C君は、亡きB君が寝ていた場所から離れない。
 いつもAさんのベッドへ入っていたのに、亡くなった夜は,ついにその場から動かなかった。
 翌日、夜になり、ベッドへ連れてきてよくよく言い聞かせたところ、一声鳴いて〈あの場所〉へ走ったが、すぐにベッドへUターンし、その夜から普段通りの生活になった。

 B君は動けなくなっても、「頑張るんだよ」と声をかけ続けるAさんとC君の介護を受けて,しっかり食べていた。
 しかし、ある時、闘病生活を哀れんだAさんが、「もう頑張らなくてもいいんだよ」と静かに声をかけたら、まもなく飲まず食わずになり、3日後に亡くなった。
 Aさんは言う。
「見事な最期でした」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
04.18

ペット葬のこと

2016-04-18-0002.jpg
〈四国の霊場で出会った白猫〉

 このところ、ペット葬(ペットのご葬儀)が相次いでいる。
 仙台在住のAさんは、15年の生涯をまっとうした猫を送るため、化粧を施し、丸くなって寝ているかのような風情をまとったご遺体を連れてこられた。
 短い願文(ガンモン)を唱えると、列席者皆さんのすすり泣きが聞こえた。
「あなたは家族、あなたは友、~」
 心からそう思う。

 大崎市在住のBさんは、何年も手放せないでいたワンちゃんのお骨を抱えてご来山し、ご葬儀と共同墓へのお納骨を申し込まれた。
「C君は長い闘病生活を送り、病院で亡くなりました。
 家族は誰も見送ってやるることができませんでした。
 生きている間はずっと私たちを見守ってくれていたのに、最後に何もしてやれないことを悔やんでいました。
 これでようやく、罪滅ぼしというか、肩の荷が下りた感じがします。」

 昔は、一族郎党を意味する眷属(ケンゾク)という言葉で、馬や牛、そして犬や猫を呼んだが、今はペットと言うしかない。
 ペットとは愛玩動物のことである。
 イメージとしては、言葉どおり〈愛でられるべきいのちあるオモチャ〉という風情である。
 しかし、今やペットたちの存在感と存在意義はそうした範疇を遥かに超えている。
 願文のとおり、家族であり、友なのだ。

 そうした〈家族〉を失った時、ペットロス症候群に結びつく凄まじい空虚観を味わう場合がある。
 離れて暮らす家族や親族や友人などと比べようもないほど大きな衝撃を受ける場合すらある。
 そして、人間ならお戒名を授与されご葬儀を行い、火葬して埋葬するという手順を踏むうちに、だんだんと事態がおさまりを見せるものだが、ペットについてはそうした〈安心をもたらす手順〉が知られていない。
 だから途方に暮れ、人生相談を申し込まれる。

 そんな時はお応えする。
「人間は大日如来か、その顕れであるみ仏に導かれて成仏への道を歩みますが、眷属の場合は、お地蔵様がお導きくださいます。
 お地蔵様の修法を行えば、亡くなった方が安寧を得られるのはもちろん、送る皆さんも必ず何かしら安心のきっかけをつかめることでしょう。」
 そして、ご葬儀に参列された方々は修法後、異口同音に言われる。
「やっていただいて安心しました。」

 ぜひ、お地蔵様と感応する送りの場を体験していただきたい。
 確かな救いを感じていただきたいと切に願ってやまない。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
07.15

ペットのお盆供養に思う ―お互いに〈延長〉となり合う生きもの同士―

201507140003.jpg
ペットのお塔婆と人間のお塔婆

 今年はペットお盆供養を申し込む方が増えています。
 当山でご葬儀を行ったネコイヌはもちろん、今まで供養してこなかった方々も、「同じ家族だから」と、申込みやご相談にご来山されます。

 思えば、私たちがペットを目にしてホッとするのは、生きものとしてのエネルギーがはたらいている様子に、自分の〈延長〉を感じるからではないでしょうか。
 自分のいのちが減ったり、濁ったり、歪みかけたりしてきた不安や焦燥をいっとき忘れ、無意識の裡にペットからいのちを分けいただき、再び、励むことができるのです。

 普段〈自分の〉いのち、と思っているのに、ネコと視線が合って心が溜息をつく時は、そうした分別(フンベツ)が消えています。
 あるのはただ、生きている者同士が交わす無言の信頼感だけです。

 自分とネコとは違う個体なのに、この信頼感のやりとりだけで、あたかも給油機のノズルが車の給油口へ差し込まれたようにいのちの力が満ちてくるのは、不思議です。
 もちろん、いのちをくれたらしいネコが弱るはずもなく、〈彼女〉もますます生き生きしてフニャーンと鳴いたりします。

 生きものは食物連鎖によって他のいのちを奪いつつ自分のいのちを生き存(ナガラ)えますが、それは、何も、食べ物となってくれる生きものの存在があれば安心というだけではなさそうです。
 少なくとも私たち人間は、自分のいのちさえあれば安心なのではなく、〈延長〉の世界を感得してこそ本当の安心を得られるのではないでしょうか。

 小生は娑婆で商売をしていた当時、訳あって、世間から隠れて生活しているヤクザのマンションを訪ねたことがあります。
 完全に目張りしたワンルームは薄暗く、彼が寝起きするベッドと、こけしのようにヌッと立っている不気味な観音像らしきものがあるだけでした。
 彼が殺人者であるかどうかは知りませんが、死の世界に住む人ではないかと思えました。
 あの時の荒涼とした空虚観は、いかなる〈延長〉も気配すらないといういのちの不在を示していたのかも知れません。

 当山では、ペットのご葬儀やご供養において、亡きイヌネコの御霊へ「あなたは家族、あなたは友、~~」と呼びかけます。
 家族も友も、あるいはご縁となる人もネコも、私たちに欠かせない〈延長〉として輝いています。
 下重暁子著『家族という病』が何十万部売れようと、それはそれ、自分も誰かにとってのかけがえがない〈延長〉として、しっかり生き抜こうと思っています。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
05.06

あの世の家族、この世の家族 ―イヌを送り、ネコを送る人々―

201505050002.jpg

 よく晴れた朝、親子三代のご家族お揃いで花子ちゃん(仮称)のご葬儀共同墓へのお納骨に来られた。
 花子ちゃんは6才の三毛ネコである。
 ある日、突然、吐くようになり、医者へ連れていったが、特にこれという異常も発見されない。
 ところが様子を見ているうちに、みるみる痩せ始め、もう一度受診したところ、膵臓の機能が落ちていて手のほどこしようがないとのこと。
 ただちに入院したが、そのまま帰宅することなく旅立ってしまった。

 いつもどおり、「あなたは家族、あなたは友」と呼びかけ、ご葬儀の法を結ぶ。
 修法が終わり、花子ちゃんの思い出話になった。
 雨の日にやってきた小さな仔猫だったこと。
 目の色が青くて驚いたこと。
 不調になってもなお、食べ物への関心が旺盛だったこと。
 ビニールの袋や紙パックを見ると破いてみたくなること。
 去年、亡くなったイヌの太郎君(仮称)とよく遊んでいたこと。
 ひとしきり、皆さんそれぞそれ懐かしい場面を語り終え、お納骨へ向かった。
 
 読経をしている間、次々とお線香が捧げられる。
 お地蔵様とお大師様のお導きで花子ちゃんは安心の世界へ向かった。
 お父さんとお母さんが言う。
「お葬式をして、思い出話もしてもらった花子は幸せ者だね」
「本当にねえ」
 お孫さんが言った。
「もう、太郎と再会してるかなあ」
 ご家族は小さな遺影と缶詰などを袋へ入れられた。
 日焼けしたお祖父さんが、やや明るさを取り戻した顔でボソッと言う。
「あと二匹、いるんです」
 ペット供養はご一家の心を一つにしている。

 逝った太郎君も花子ちゃんも家族、いったいネコなのかイヌなのか家で待つ二匹も家族
 家族はこの世とあの世にまたがって存在している。
 ――家族。
 ――生かされ、育てられ、守られ、教えられ、与えられ、鍛えられるこの世の宝もの……。
 



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。