--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.30

栗原市一迫で祈ること

2016-09-30-0001.jpg
〈「星と写真の部屋」様よりお借りして加工しました〉

 いよいよ栗原市での活動を始めます。

 栗原市伊豆沼へ飛来するマガンなどを保護し続ける「日本雁を保護する会」の呉地正行会長にはかつて、当山の寺子屋にてご講演をいただき、会長は、大自然を家とする生きものたちへの畏敬を教えてくださった。
 そして、マンダラのような多様性と互いの関連性が生きものたちを生かしており、それらを破壊し、種の絶滅さえもらたしつつある私たちの愚かさも語られた。
 40年以上の活動が実を結び、渡り鳥たちは順調に飛来するようになり、ラムサール条約湿地に登録された蕪栗沼・周辺水田では「ふゆみずたんぼ」が広がりつつある。

 福島原発の事故により放射性物質が降りそそぎ、農林業がダメージを受け、しかも放射性物質の最終処分場候補とされた栗原市
 事故現場から遠く離れた地域なのにキノコが出荷できず、牧草も使えない人々は天を仰いでおられた。
 岩手・宮城内陸地震で土砂に呑み込まれた旅館「駒の湯温泉」跡で、いったん打ち切られた行方不明者の捜索が再開され、災害から一年以上経って二人とも発見された栗原市
 お身内の方は「早く土から出してあげて空気を吸わせたいと思っていた」と語られたのだった。

 故菅原文太は、太平洋戦争の際、東京から疎開した築館中学校に通い、田舎での体験はやがて民間非営利団体「ふるさと回帰支援センター」の名誉顧問就任、国民運動グループ「いのちの党」結成へなどへつながった。
 衆議院議員武藤貴也氏が会食の席上、法律を変え自衛隊を出動させてでも中国船舶を追い払い日本の名誉を守れと主張した時、一喝した。
「君が行くのか。そこで一発でも銃弾が飛んだら戦争に発展し自衛官の命が失われる。それでもいいのか?名誉など後でいくらでも取り返せるが人命はそうは行かない。君は何も分かっていないんだ。帰れ」

 ご縁をいただいた栗原市一迫真坂は、典型的なシャッター街です。
 日中、歩いている人はあまり見かけません。
 人の出入りが多いのは地域のほぼ中央にある銀行と、「しんこもち」屋さんくらいなものです。
 たった一軒のお寿司屋さんも、つい最近、店じまいをされました。
 こうした地域に仏神のご加護をいただき、ご縁を求める方々のためになれるよう、地道に祈り始めます。
 スケジュールの関係上、第一日曜日の夕刻となってしまいますが、祈りに参加されたい方、関心がおありの方、ご相談ごとがおありの方はどうぞお気軽におでかけください。

・日時:10月2日(日)午後5時より
・場所:栗原市一迫真坂本町一番地
・問い合わせ:022(346)2106

 最後に、平成25年10月12日、呉地正行会長をお招きして行ったシンポジウムにおいて、「生きものの賑わいは、なぜ必要か」というテーマにおいて会長が引用された『酋長シアトルからのメッセージ』を再掲しておきます。

「亡き祖母の声は、こう語った
 おまえが教わってきたことを、おまえの子らに教えなさい。
 大地はわたしたちの母であることを。
 大地にふりかかることはみな、大地の息子とむすめにも、ふりかかるのだということを。」
 
「建てることや所有することへのきりのない欲求のために、
 私たちは、かえって、持っているもののすべてを失いかねない。」

 万葉集においてホトトギスの次に多く題材とされたガンを呼び戻すことが、失われつつある生態系の回復につながると考え、東北大学を去ってまで活動家になられた会長の志が伝わってくる引用ではありませんか。
 守るべきものを守りたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
09.24

一迫別院がスタートします

2016-09-24-00012.jpg
〈「しんこもち」様よりお借りして加工しました〉

 10月2日(日)17時より、栗原市一迫字真坂本町一番地において、第一回目の例祭を行います。
 当山は、かねてから大衡村、加美町、大崎市、栗原市など、仙北地域に住まわれる方々とのご縁も多く、少しでも皆様のお近くで修法できればありがたいことであると考えています。
 場所は、名物「しんこもち」で広く親しまれている『有限会社もちっ小屋でん』様の北隣です。

 ご縁があって広い土地建物をご寄進いただきましたが、とても使い切れません。
 そこで、一階の入り口を小さく仕切り、修法の場としました。
 古い建物なので立派な伽藍(ガラン)ではありませんが、古い平屋を道場とし、托鉢で修行を始めた頃を思えば、夢のようなお話です。

 毎月、一度、第一日曜日の夕刻に行う例祭から始め、地域の方々とのご縁と、当山のスタッフとのかね合いを考えつつ、新たな聖地として造り、守り、徐々に活動を広げて行きたいと願っております。
 もしも、この日に、ご供養や、ご祈祷などを希望される方は、本山となる大和町へ電話(022ー346ー2106)やファクス(022ー346ー2107)やメール(ryuuchi@hourakuji.net)などで3日前までに(急では対応し切れません)お申し込みください。
 ご縁を求める方の宗教や思想は一切問いませんので、おを抱えたままお困りの方なども、どうぞお気軽にご相談ください。

 一軒一軒とお訪ねする托鉢で皆さんのナマの声をお聴きし、皆さんの希望や期待や悩みや怒りに接して、行者と寺院の〈あるべきよう〉を模索してきた当山の姿勢はこれからも、代替わりをしようとも変わらず、揺るぎません。
 どんなことでもお申し出いただき、ご指導をたまわりますよう願う気持ちは尽きません。
 ただただ、ご縁を求める皆さんのため、できることをもって役立たせていただきたいと祈っております。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。