--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
10.05

ゆとりある心のつくり方 ─第七十九回寺子屋『法楽館』について─

2016-10-04-0005.jpg
〈おかげさまにて、栗原市一迫別院は無事、スタートしました〉

2016-10-04-0008.jpg
〈地域の方々がおおぜい、徒歩や自転車や車で例祭にご参加くださり、感激しました〉

2016-10-04-00092.jpg
〈地域の無事と発展を皆さんと共に祈りました〉

 第七十九回寺子屋法楽館』では、「ゆとりあるのつくり方」と題して、法話と対話を行います。

1 親しい間柄での構え

 私たちは、に優しさ、厳しさ、正しさ、優雅さ、尊さを持って生きれば、円満な人格となり、自分が無事安に暮らせるだけでなく、他者を傷つけずに生きられます。
 優しさと言っても、自分に優しいのではなく、他者へこそ優しくせねばなりません。
 自分に対しては厳しくする姿勢を持ってこそ、人格は陶冶(トウヤ)されます。
 9月にはこうした優しさについてお話をしたので、今月は優雅さに関するお話をしましょう。

 優雅さは、家族や友人など、親しい人間関係においてこそ保ちたい徳です。
 もしも家庭内で正しさを重視し過ぎれば、身に弛緩する余裕がなく、疲れ、苛立ち、反発が芽生え、人間関係を損なう頑(カタク)なさや、あるいは投げやりな態度が生じるかも知れません。

 優雅さゆとり和やかさといったをつくるには、5つのポイントがあります。

○他者の徳をすなおに認め、尊敬すること。

 常に自分を高いところへ置き、他者にその人なりの価値を見出せず、欠点ばかりを論(アゲツラ)ってはなりません。
 それでは他者を遠ざけ、心を閉じさせます。

○他者の善行をすなおに讃えること。

 自分の善行は見せびらかし、賞めてもらいたいのに、他者の善行を見ると、嫉妬して貶(ケナ)したり、無視したりする気持になりませんか。
 これではせっかくの善行が、形だけの欺瞞になり、認めてもらえないばかりか、心の浅さが見透かされます。

○他者の善行に何らかの形で参加すること。

 他者の尊い生きざまに心が揺すぶられても、傍観者でいるだけでは、自分の生き方が向上しません。
 たとえば、自分が同様の行動をとることは無理であっても、その素晴らしさを心から誰かに語るだけでも、自分なりの参加になり、自分も知らぬ間に一歩、前へ進んでいます。

向上心を保つこと。

 いのちは常に意欲と共にあり、意欲が我欲(ガヨク)の色合いを強めれば、煩悩(ボンノウ)という自他を苦しめる魔ものになります。
 しかし、探求心などの形で活き活きする意欲は、大隅良典栄・東京工業大誉教授(71才)のノーベル生理学・医学賞にも結びつきます。

○まっとうに生きるという意識を捨てないこと。

 今の時代は、誰でもが〈自分らしく〉生きようと頑張っていますが、その固定観念にとらわれれば、一歩まちがっただけで、〈気ままが一番〉というお釈迦様が最も誡(イマシ)めた方向へ行きかねません。
 ケダモノでなく人間として生きる以上、まっとうであればこそ、それぞれの人となりがそれぞれに生かし合えるこの世になるのではないでしょうか。

2 生じたへの対処法

 私たちの人生は、原因と結果の連続で成り立っています。
 まず、仮のがやってきます。
 たとえば、素敵な異姓との出会いです。
 結婚したいと望むならば、実際に結婚できた時こそ、が実体化したことになります。
 また、どうしてもウマの合わない同僚ができたとします。
 それは何かに通じる仮のかも知れません。
 もしも殴り合いになり、職場にいられなくなったならば、が実体化したことになります。

 このように良きも、悪しき縁も、仮のものとして生じ、やがては実のものとなります。
 望む縁ならば順調に育て、望まぬ縁ならば、早めに対処しておきたいものです。
 そうしたケースバイケースの対処法にもまた、正しさ、優雅さ、優しさ、厳しさなどのポイントがあります。
 こうしたものをつかんでおけば、いかなる状況でも〈ゆとりある心〉を失わずに生きられることでしょう。

3 イメージと向上

 私たちはまぎれもなく、1人残らず〈み仏の子〉ですが、自分自身を省み、よりよく生きるイメージを持ってこそ、その本姿で生きられます。
 よきイメージがなければ、お釈迦様が指摘したとおり、そうは意図しなくても誰かを傷つけ、自分も傷つけられながら過ごすしかなくなります。
 原因のない結果はありません。
 だから、家族や友人といった親しい人間関係が和やかに保たれるためには、上記のような意識が求められます。
 いじめ、虐待、殺人、自殺といったできごとが、親しいはずだった人間関係の中で日々、生じていることは、親しい間柄であっても〈気ままが一番〉ではないことを証明しています。
 個人主義の時代になった以上、放っておいても、家庭や地域や学校や会社がいつの間にか肝腎なことを教え、身につけさせてくれるわけではありません。

 鎌倉時代の明恵上人(ミョウエショウニン)は「あるべきよう」を生涯、求め続けました。
 江戸時代の慈雲尊者(ジウンソンジャ)も「人となる道」を生涯、説き続けました。
 私たちは、〈あるべき〉イメージをつくり、自他への問題意識を持ち続けることによってこそ、〈人となり〉つつ生涯をまっとうできるのではないでしょうか?
 親しい間柄なればこそ、私たちは試行錯誤しつつ存分にその訓練ができます。
 
 共に、優雅さゆとり和やかさ、そして縁というものを考えようではありませんか。
 寺子屋は10月8日、午後2時から当山で行います。
 イズミテイ21前から送迎車も出ますので、前日午後5時までにご遠慮なくお申し込みください。(022-346-2106)




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
09.05

第78回寺子屋「法楽館」 ─優しさを考え、唱歌を唄う会─

2016-09-05-00012.jpg

2016-09-05-000223.jpg

 第78回寺子屋「法楽館」では、優しさについて考え、「もみじ」「小さな木の実」「ふるさと」などの唱歌や童謡を唄って心の潤いを取り戻しましょう。
 東日本大震災で被災された方々も、どうぞ、ホッとするひとときを持ってください。
 お誘い合わせの上、お出かけになられますよう、言い出しっぺの小山先生共々、お待ちしております。
・日時:9月10日(土)午後2時~4時
・指導:鎌倉女子大准教授小山裕之先生(先生は、仙台、東京、鎌倉などで、唱歌の指導と合唱団の指揮に励んでおられます)
・法話:住職遠藤龍地
・場所:「イズミテイ21」小ホール(403席 車椅子可)
・会費:1000円 中学生以下、東日本大震災被災者の方は無料
・申込:不要 直接会場へお出かけください




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
08.25

『日本の伝統行事』『日本の童謡と唱歌集』そして「歌う会」について

2016-08-25-0001.jpg

1 「日本の伝統行事」のこと

 村上龍氏著『日本の伝統行事』は、英訳付き、かつ、新たに描かれた画像が豊富で、これまでに類を見ない力作です。
 氏は序文で思いを語りました。

「日本の伝統的な行事は、酒や食事や部屋の飾り付けを通して、また歌や踊りや祈りなど儀式的な行為を共有することで、共同体の一員であるという自覚と、他の人々との一体感を、結果的に得るようにデザインされている。
 しかも祝祭的な催しを通じて、日本固有の価値の方向性ともいうべきものが、自然に刷り込まれる。
 つまり、家族や友人の大切さ、幸福への素朴な願い、女として生きていく作法と喜び、子どもは健やかに育つべきという教え、親や先祖は敬うべきものだという基本、弱者に憐れみを他人に思いやりを持つことの重要性などが、伝統的な行事を通して自動的に刷り込まれる。」


 私たちは、自分たちの手に〈共有〉しているものを忘れつつあるように思われます。
 それは、歴史に磨かれ、伝えられてきた〈価値の方向性〉が見えなくなりつつあるということでもあります。
 私たちの精神は、言葉遣いはもちろん、箸の持ち方や挨拶の作法など、呼吸するように身につけたことごとによって支えられています。
 いつの世も、そうした伝統に新たな体験や工夫が加えられ、その時代なりの文化が形成されてきました。
 

「この絵本は、わたしたちが美しい伝統的な行事を持っていることを確認するために作られた。
 この本で紹介した伝統的な行事は、わたしたちすべての日本人が、すでに広く平等に持っている無形の財産だ。
 経済成長による『世間』の消失、グローバリズムによる国家の枠の弱体化と地域社会の疲弊、共同体意識の消滅、そういった精神文化の危機に際して、すでに持っている財は滞留させず、運用したり活用したりしたほうが合理的ではないだろうか。」


 8月9日、日本代表が4位となった女子体操団体戦の決勝で、フランスのトマ・ブエル氏はこう伝え、問題となりました。
「まるで漫画のキャラクターみたいです。
 みんな大喜びしています。
 アニメみたいな満面の笑みで、小さなピカチュウがいっぱいです。」
 小柄な日本人に対する差別ではないかという私的が広がりました。
 しかし、小生は胸が冷たくなる思いをしました。
 アイドルグループやアニメのヒーローなどと一体化することによって自分の価値を確認するかのような、日本の若者たちの生き方に深い疑問を抱いてきたからです。
 私たちは、「広く平等に持っている無形の財産」を忘れ、次々と目新しいものを提供して消費者へお金を使わせる商業主義に取り込まれてしまっているのではないでしょうか。
 何かのバランスが大きく崩れかけているのではないでしょうか。
 フランス人が何を言いたかったのか、私たちはその深意を考え、自らをよく省みる必要があると思えてなりません。
 

「わたしたちは、その国の文化を、芸術や文学や音楽や映画から学ぶ。
 だが、伝統的な行事について知ることも、異文化を理解する助けとなる。
 今後、わたしたちの社会では、宗教も文化も国籍も違う人びととコミュニケーションしながら、ともに生きていくことが、何よりも重要になっていくだろう。
 日本の伝統的な行事とその価値を自ら確認し、内外にそれらを伝えることは、さまざまなコミュニケーションの手助けとなる。
 わたしはそう考えている。」


 東日本大震災で津波に遭った地域の復興は、泥の中から見つけた小さなお地蔵様を路傍に立てて合掌し、お祭を復活させるところから始まりました。
 長老に導かれ、老若男女がそれぞれの役割を果たす避難先での炊き出しは、まるで、お祭の準備をするように整然と、和やかに行われていました。
 地域がそっくり消滅するほどの危機に際し、伝統行事によって伝えられた感覚が私たちの心にまだ、確かに息づいていることを強く認識させられました。。
 私たち自身がそこに立つ時、「宗教も文化も国籍も違う人びと」との「コミュニケーション」がますます必要になってゆくであろう未来は、より友好的で創造性に満ちたものになるのではないでしょうか。

2 「日本の童謡唱歌集」と「歌う会」

 坂本龍一氏が総合プロデュースした『日本の童謡唱歌集』において、編曲者トベタ・バジュンは述べています。
 

「今回の仕事では、子どものころから馴染みのある『童謡唱歌』と、久しぶりに、また本格的に向かい合うことになり、まず最初に『なんて美しい歌曲なんだ!』と、思い知らされることになりました。
 考えてみれば当然ですが、当時の日本のトップクラスの作詞家と作曲家によって生み出された傑作ばかりで、それを再認識させられたということです。
 どの楽曲も、日本の美しい四季を、精密、かつ簡潔に描いた歌詞と、時代を超えた普遍性を持つメロディーが見事に融合していました。
 その独特の『和の音楽世界』へと、ぐいぐいと引き込まれていったわけです。」


 坂本龍一氏も指摘しているとおり、北原白秋、山田耕筰といった第一級の詩人や音楽家が子供たちのためにたくさんの楽曲を作ったことは、世界に類を見ません。
 高いレベルで洗練された音楽だからこそ、時代を超え、時には国境を超えてまで、尊ばれ、親しまれ、唄われ続けてきました。
 今般、以下の要領にて、友に唄う会を催します。
 どうぞ清浄で温かなひとときをお過ごしください。

2016-08-22-00022.jpg

 私たちは今、社会に無慈悲さや卑劣さが広がっていると感じ、心にいささかの苛立ちを抱えつつ生きているのではないでしょうか?
 いじめ、パワハラやセクハラ、格差の拡大、無差別テロ、あげくの果ては戦争。私たちの心から、優しさという大切な宝ものが失われつつある、あるいはその輝きが何ものかによって覆われつつあると思われてなりません。
 宝ものとは慈悲であり、愛であり、優しさであり、許す心です。
 真の優しさには5つの要素があります。
〈信じる〉〈認める〉〈教える〉〈与える〉〈守る〉、これらが円満に実践されてこそ、「優しい人」と言えるのです。
 共に考えてみませんか?

 さて、今回の寺子屋では、「優しさ」を見つめなおし、唱歌を歌うことによって、私たちが持っている美しい情緒に息を吹き返させましょう。
 一人一人の心にある泉から清水を流れ出させ、お互いの心を癒し、社会の乾きに潤いをもたらそうではありませんか。
 合唱を指導してくださるのは、鎌倉女子大准教授で合唱指揮者、ウィーン国立音大にも留学した声楽家小山裕之先生です。
 仙台市出身の先生は、仙台市や鎌倉市や東京都などで、さまざまな合唱団を指揮するかたわら、広く一般の老若男女に歌う楽しさを味わっていただこうと、気さくな指導も行っておられます。
 当日は、広い会場で、「もみじ」「小さな木の実」「ふるさと」など楽しい歌や懐かしい歌を聴くだけでなく、共に先生の指導を受け、自慢の喉に磨きをかけられてはいかがでしょうか。
 お子さん連れも大歓迎です。
 どうぞ、お誘い合わせてご参加ください。

・日時:9月10日(土)14時~16時
・場所:仙台市泉文化創造センター(旧イズミテイ21) 小ホール(403席・車椅子可)
    仙台市泉区泉中央2−18−1 ℡022-375-3101
・会費:1000円(中学生以下無料) ※東日本大震災で被災された方は無料です。お申し出ください。
・参加:自由(事前申込みは不要です)
・主催:大師山法楽寺 黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1 
※お問い合わせはこちらへ:℡:022(346)2106  mail:ryuuchi@hourakuji.net




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
07.20

コンピューター・共生・少子高齢化 講演会「これからの生き方をたずねて」(第一回)

2016-07-20-0001.jpg

1 白鳥則郎氏の「合理性プラスα」

 7月9日に行われた記念講演会の冒頭、東北大学名誉教授白鳥則郎氏は、「科学技術の視点から」と題する基調講演を行った。
 以下、要約である。

「コンピューターが誕生してから70年、この間に私たちの暮らしは劇的に変わった。
 この先、半世紀を想像すると、発展の方向性を誤れば、地球環境の破壊と人類滅亡のきっかけとなるかも知れない。
 そうではなく、人類とIT環境との共生が進むかも知れない。

 地球の寿命約100億年に対して、この70年はどのくらいの比率になるか?
 もし100億年を1年に置き換えた場合、70年は、わずか0・3秒でしかない。
 しかし、それほどの短期間ではあっても、コンピューターはこれまでにないほど大きな変化をもたらした。
 コンピューターが出現した当時は、産業社会に役立った。
 その結果、情報化社会となり、豊かにはなったが、一方で、環境汚染・地球温暖化・自然災害・少子高齢化が進んだ。
 これからは、知識、知恵を生かした共生社会を目ざしたい。

 そもそも、産業、情報社会である近代は合理性(経済性・効率性・機能性)を重視してきた。
 それは大量生産・大量消費の社会であり、環境汚染・温暖化・経済危機・大災害などの発生により、脱合理主義が目ざされるようになった。

 脱合理性を目ざす脱近代社会では、合理性だけでなくプラスαが求められる。
 αとは、調和に価値を置く共生の思想である。

 この先、産業は、多品性・少量生産・リサイクルといった方向へ進む。
 20世紀は人が自然を征服したが、21世紀はITを用いた人と自然の共生が求められる。
 こうした未来に向け、鈴虫の音色を聞き分け、侘び、寂びといった繊細な感覚のある日本人は、調和・共生によって地球を救う役割を果たせるのではないか。

 社会の現状を眺めれば、少子高齢化、地球環境破壊、国や地域の紛争が続き、社会主義も市場原理主義も破綻し、これまでの社会モデルは消失している。
 人間にとって快適なだけでなく、省エネ、自立、見守り、健康管理などを支援するシステム、あるいはグリーン志向の生活環境をつくらねばならない。
 また、調和に価値を置いた情報通信のシステムをつくらねばならない。
 それが成功すれば、人と人、国と国、地域と地域の関係において、効率や利害を超えた公(みんな)と私(自分)の調和に価値を置く社会となることだろう。」


2 品格のある衰退

 ところで、作家内舘牧子氏は最新作『終わった人』の「あとがき」において、国際政治学者坂本義和がイギリスに関して遺した言葉を紹介している。

「重要なのは品格のある衰退だと私は思います。」

「衰え、弱くなることを受けとめる品格を持つことで、その後もインドと良好な関係を結んでいます。
(中略)
 品格のある衰退の先にどのような社会を描くか。」


 少子高齢化が避けられぬ日本にとって必要なのは、〈もっともっと〉と、〈よりたくさん〉得ようとする思想ではなく、富を公正に分配し、確かなコミュニティにおいて助け合う思想ではなかろうか?
 人間は、集団で狩猟や採集を行うようになった時期、農耕を覚え定住するようになった時期、そして工業が勃興した時期、それぞれに人口の増加と減少を体験してきた。
 上り坂と下り坂では膝の使い方が異なるように、パイが膨らむ時とパイが縮む時では、ふるまい方が違うのは当然だ。
 日本が直面している減少時期に必要なものこそ、「品格」ではなかろうか? 

3 少子化と拡大・成長の限界

 日本は限られた国土で膨大な人口を抱えてきたが、平成17年から人口減少に転じ、半世紀後は9000万人以下になるだろうと予想されている。
 明治維新の頃は3000万人、それがピークをつけた平成16年には約4倍の1億2800万人にまで膨れ上がった。
 千葉大学の広井良典助教授は、明治以来「相当な〝無理〟をしてきた」と指摘している。
 そして、やりようによっては「現在よりもはるかに大きな『豊かさ』や幸福が実現されていく社会の姿」になると説いた。

 「〝少子化が進むと経済がダメになるからもっと出生率を上げるべきだ〟とか〝人口が減ると国力が下がるから出生率は上昇させなければならない〟といった発想では、おそらく事態は悪化していくばかりだろう。」

「『拡大、成長、上昇』期の発想でしか物事を見ていないことに等しい。
 そうした考え方や方向自体が限界に達し、あるいはその矛盾がきわまった結果として、現在の低出生率があるのである。
 そうでなく全く逆に、そうした『拡大・成長』志向そのものを根本から見直し、もっと人々がゆとりをもって生活を送れるようにする、その結果として出生率の改善は現れてくるものだろう。

「〝豊かな成熟社会〟のビジョンやイメージを持てるかどうかが、日本社会の今後にとっての大きな分岐点になるだろう。」


 助教授は、ヨーロッパ(特にドイツ、フランス以北)に近い社会のモデルを想定している。
 そうした国々の取り組みに学ぶところ大である。

4 私たちが目ざす社会とは?

 最近、明治安田生活福祉研究所が発表したとおり、20代の独身男女のうち、結婚したい人の割合が3年前と比べて男性で約28ポイント、女性で約23ポイントと大幅に減少している。
 信じられないことに、わずか3年で、結婚したい20代男性は67・1パーセントから38・7パーセントに、女性は82・2パーセントから59・0パーセントへと激減している。
 こんな時代が今まで、あったろうか?
 この3年で若い人たちは、急激に結婚の意思を喪失した。
 それはある意味で、未来への絶望、諦めが広がっていることを意味している。
 戦争への不安、年金や保険への不信が若者たちの心に深く影を落としているのではないか。
 かつて日本がそれ行けどんどん、だった時代、与謝野晶子は『君死にたまふことなかれ』と詠んだ。

「親は刃をにぎらせて
 人を殺せとをしえしや
 人を殺して死ねよとて
 二十四までをそだてしや」


 若者たちの絶望に見るとおり、もはや、国家が示している〈未来像〉に根本的欠陥があるのではないかと疑うべきだろう。
 そこに、「調和に価値を置く共生の思想」はあるか?
 そこに、「品格のある衰退」という視点はあるか?
 そこに、「拡大、成長、上昇期の発想」でしか物事を見ていない」頑なさはないか?
 無定見なグローバリズムと、巨大資本が意のままに跋扈(バッコ)する市場原理主義が、ところかまわず世界規模で富の寡占を押し進め、大多数の人間がどんどん弱者化し、日本のみならず地球的規模で不公正が放置されていることは明らかである。
 エネルギーも、資源も、食糧も、もし寡占されなければ、大多数の人々の生活レベルは一気に向上するだろう。
 地域単位で日々の経済が成り立ち、地域の文化に立った生活が確保できれば、私たちの安心感は増し、若者たちは希望を持ち、人口も安定するだろう。

 白鳥則郎氏が提唱する「合理性プラスα」の「α」について、よく考えてみたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
06.26

第七十七回寺子屋『法楽館』のご案内 ─これからの生き方をたずねて─

 第七十七回寺子屋法楽館』は、当山開基20周年を記念した講演会「これからの生き方をたずねて」となります。
 以下のとおりです。
 どうぞお気軽にお出かけください。
 なお、6月26日付の河北新報「適少社会」の欄に、講師をお願いしている山内明美先生(南三陸町出身)のご意見が掲載されています。
 それ行けどんどん、の効かなくなった現実、時代、世界にしっかり向き合い、地に足の着いた生き方を考えようではありませんか。

2016-06-26-0005.jpg

2016-06-26-0004.jpg




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。