--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.22

蕨野行・生類の都 ─寺院へ求められているもの─

201511210004.jpg
〈ジャズスポット・エルヴィン(宮城県登米市迫町佐沼)様のサブスピーカー周辺〉

201511210005.jpg
〈サブスピーカーは自作の管球アンプで輝きある音楽を奏でます〉

 11月21日、「ゆかりびとの会」の役員会を行いました。
 来月は煤払いなので、実質的に今年最後の会議です。

1 役員会と蕨野行

 「住職の話」のコーナーで、皆さんが一番、心配しておられると覚(オボ)しき後継者への引き継ぎなどについて、状況報告を行ったところ、数名の方々から、口々にたしなめられました。
 皆さんが求めているのは、早く引き継いでもらうのではなく、この山里で、一日でも長く住職と一緒にご本尊様のご加護で過ごす時間を持ちたいことなのだから、無理を重ねないで、皆さんと一緒に年をとって行けるよう自重・自愛して欲しいとのご要望です。
 眼の覚める思いでした。
 そして、皆さんと共に寺子屋で観た映画『蕨野行(ワラビノコウ)』がよみがえり、お話を続けました。

「映画『蕨野行』を思い出します。
 土台は村田喜代子さんの小説ですが、還暦になると自主的に村外れの丘から山へ入り、定期的に里へ下りてきて、手伝いができるうちはその対価で生き、動けなくなったなら、そのまま蕨野で死ぬというものでしたね。
 生産活動を行わない掟ではあるものの、里と同じような男女それぞれの生活があり、人間が他の生きものたちと同じように節理に身を任せる成り行きは、ある意味、理想的にも思えました。
 現実的には、人生観は人さまざまだし、皆さんそれぞれの生活で役割も異なっているでしょうから、今の時代に適用はできませんが……」

 シーンとして、いきなり湿っぽくなりましたが、人間として心から信頼できる同士で、お迎えが来るまで〈共に過ごしたい〉という皆さんのお気持は、深く深く心へ沁み入りました。
 後継ぎへ任せたなら、また、どこかで、托鉢の生活に入るなどのイメージを持っていたことが自分勝手であり、無責任でもあると気づき、恥ずかしく思えました。
 結局、会議は思いがけない方向へ動き、住職と役員以外の方々も含めた皆さんとがフリーで談話できる時間を設けよう、そのために、一ヶ月のスケジュールを見直そう、という結論に達しました。
 新しい年を迎えようとする時期に、こうした気づきを与えていただき、まことにありがたいと言うしかありません。

2 石牟礼道子氏の「生類の都

 さて、どうすればよいか?
 皆さんの顔を思い出しながら眠りに就こうとした時、石牟礼道子氏の「生類(ショウルイ)の都」という言葉がよみがえりました。
 88才になる氏は、水俣病が発症した地に、人間だけでなく、キツネやタヌキ、ススキや萩や彼岸花なども共に生きる「生類の都」を創ろうとしておられます。

「今の日本は、東京に都がありますが、そこは、生類の都ではありませんから、生類の都を復帰させることが、私の願いです。
 他者のことを思いやる心が結ばれていて。」

「私は、人間という言葉は使いたくありません。
 人間も含めて全て生類で、私は、生類たちには魂があると思っています。」

「魂があるから、ご先祖を感じることができるでしょ。
 みんなご先祖を持っているわけですね。
 それは人間だけでなくて、草や木にも魂があって、いつでも先祖帰りをすることができる。
 それは、美に憧れるのと同じだと思います。
 美しいもの、よりよいものに憧れる……、そう私は思っていまして。」(『風の旅人 第48号』より)


 映画『蕨野行』は人間の物語ですが、里から離れ、野にある人間が蕨と同じ生類として自然の中で生き、自然へ還る物語でもあります。
 あの蕨野は「生類の都」ではなかったか……。
 役員会の皆さんの思いにもまた、こうしたイメージがあったのではないか?
 それは、雑木林を切り拓き、ユンボを操縦して境内地を整備し始めた時の小生の願い「ここに元々棲んでいた生きものたちがなるべく戻って来れるような場にして、追い出した生きものたちへの罪滅ぼしをしたい」に通じています。

3 来年へ

 役員の皆さんから、来年へ向けての貴重なご示唆をいただきました。
 この境内地、『法楽農園』、『みやぎ四国八十八か所巡り道場』を小さな「生類の都」として整備して行きたいと、あらためて思います。
 そして、ここで、足を運び、あるいは心を向ける方々の心といのちが解放され、よみがえり、瑞々しさを取り戻していただければ、それは、心の平安と社会の平和に小さな貢献となるのではないか。
 足元を照らしつつ、皆さんの願いと共に進みたいと願っています。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2014
06.23

おかげさまにて『ゆかりびとの会』総会が、無事、終わりました

029懇親
〈笑顔、また笑顔、この世の極楽〉

 おかげさまにて、第4回目の「ゆかりびとの会」総会が行われました。
 退任される役員の方も、新規に役員となられた方も紹介され、ご挨拶をいただきました。
 講堂は、亡くなられた役員の方々や会員の方々の御霊もお見守りくださっているような、厳粛で暖かな気配に包まれていました。
 確認されたのは、会の目的です。
「本会は、仏法をよりどころとして法楽寺とご縁を結んだすべての方々によって構成され、法楽寺の指導のもとに、一致団結して法楽寺の護持発展のための活動を行うことを目的とする。
 会員はその目的のために仏心を学び結束と親睦をはかる。」(会則第二条より抜粋)

 まもなく懇親会に移り、約30名の方々が会話と食事と飲みものを楽しみ、ゆったりした時間を過ごされました。
 今回の昼食は秋保町『佐市』さんへ特別に頼み込んでお作りいただいたお弁当に、家具職人であり蕎麦打ち免許皆伝者増野繁治師の手打ち蕎麦と、超豪華版でした。
 懇親会の終盤には「習いたて」という鶴さんの手品が行われ、あまりの面白さに、「芸能部をつくろう」という声が上がりました。
 増野繁治氏の作品『法楽杖』が初めて披露され、住職が守本尊様の型を行いました。
 多くの方々が、守本尊様にご加護いただく『法楽杖』を振って身体は健康に、心は豊かになられますよう祈っています。(『指南書』付きでご志納金は1万円です)

201406223026鶴さん
〈手品に、やんやの喝采。鶴さん言わく「お子さん方も来られる法楽寺になった時、広く楽しんでもらいたいと願って稽古しました。皆さん、どうぞ、寺子屋へおでかけください」〉

20140622024状
法楽杖での守本尊法〉

 また、こうした懇親の陰で、陰徳積善(イントクセキゼン)のご助力は黙々と続いています。
 早朝から藁科さんが『法楽農園』の田んぼで草刈りを行い、高井さんが『法楽農園』周辺通路の草刈りをしてくださいました。
 総会後は、早朝から境内地の草刈りをしてくださっていた片桐さんが、午後からユンボを動かし、夕刻まで境内地整備に汗を流してくださいました。
 ありがたくてなりません。

20140622004能動
〈高井さんが草や竹を刈ってくださり、通路が広々しました〉

20140622005田んぼ
〈藁科さんが草刈りをしてくださり、今年の無農薬米は昨年以上に期待できそうです〉

20140622001.jpg
〈樹木をいただき、石をいただき、日々、重機が動いて『七ツ森の湯』周辺の景色がどんどん変わっています〉
 
 皆様のまごころにお支えいただき、会も当山も前進します。
 ご出席いただけなかった180近い会員の皆様も、本当にありがとうございました。
 『ゆかりびとの会』会員ご家族皆々様へのご加護を祈っています。合掌

20140622003 (2)大日
法楽杖の大日如来〉

20140622004 (2)地蔵
法楽杖の地蔵菩薩〉

20140622005 (2)カブ
法楽杖に刻された増野繁治師のカブ大根〉




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
10.16

理想の護持会をめざして ─寄進の案内と理解と批判と感謝とお詫び─

20131016法楽寺図解のコピー

 ご寄進のご案内をめぐるできごとの顛末です。

 当山は今年の初夏、自主的護持会である「ゆかりびとの会」会員の方々などへ、「みやぎ四国八十八か所巡り道場」の趣意書をお送りしました。
 内容は以下のとおりです。

一 なぜ『みやぎ四国八十八か所巡り道場』を造ろうとしているのか

 当山は、托鉢行によって開基した寺院です。住職が托鉢の途中でご縁の皆様からお聴かせいただいたお話はすべて、開基の方向性にかかわり、将来にわたっての全体計画をも強く左右しています。
 住職の耳に残るお話の中で忘れられないものの一つに「四国八十八か所のお詣りに行きたいけど、行かれない」があります。
 お祈り後のよもやま話で、ご高齢の方やお身体が弱い方などへ四国霊場の様子をお伝えすると、皆さんは目を輝かせられました。
 だから、住職は、「いつか必ず、地域の方々が近くでお詣りできる八十八か所巡りの霊場を造ろう」と決心していました。
 住職の霊場への思いは、櫻井恵武著『四国名刹』へ掲載された文章に尽くされています。

「憧れの四国八十八霊場では、動けなくなった方を再び歩ませる加持力の確かさや、心に貼りついたものを切り放つ因縁解のお慈悲に涙する得がたい体験をした。
 霊場は行者にとって永遠の別世界である。
お遍路さんの誰にでも、み仏の異次元世界がありありと存在することを感得させ、迷いや苦界から救いの菩提心へ還る道を開く四国八十八の霊場は人類の宝ものです。
 その世界を目の当たりに観られる『四国名刹』が、戦乱止まない地球上の人々へ、争いの究極的解決法として〈曼荼羅の心〉を起こさせるよう、四国八十八霊場のご本尊様方とお大師様のご加護を心より願ってやみません。合掌」
「88Shikoku's Hallow Temples bring each pilgrim to realize that there certainly exists the world of Buddha in a different dimension,and they also open each one the way which leads to the saving family mind out of the bitter world of disillusion and pain.
 They are a real treasure of human beings.
 One can see this world in "Shikokumeisatu'famous tenmples"with your own eyes.I cannot stop praying for the aid of Odaishi-sama(our leader)that this reminds the people on the earth with continuous wars of "mandara mind"as the ultimate solution of conflict.
  Hands in pray」

二 『みやぎ四国八十八か所巡り道場』のこれまでの歩みは?

 平成二十二年、青森県在住の方のご助力により、仙台市泉区に八千坪の土地を用意し、平成二十三年夏に造成を始めました。
 しかし、新しく開基した寺院の自力だけではなかなか進みません。
 そもそも、托鉢行のおりに、住職がもっともたくさん耳にし、当山の根本方針を決定づけたのは、皆さんがお布施に関連して悩み、怒ってもおられるという実態でした。
 だから当山は、ご葬儀や戒名についてもお布施の数字を一切示さず、「何を造るにも、寺院としての理想の旗を掲げるのみで、形となるかどうかは皆さんのご誠心へお任せする」姿勢一貫で、今日まできています。
 平成二十二年には、皆さんと共に真の布施のあり方を考えるべく「檀家』宣言」を行い、サポーターの方々は自主的に入会が自由な『ゆかりびとの会』を結成され、当山をお護りくださっていますが、無理なお布施依頼はまったく行っていません。
 しかし、「行きたいけれど行けない」方々が、いつでもお詣りできる聖地を造ろうという志がみ仏のお心に叶うものならば、必ずいつか完成するものと信じています。

三 『みやぎ四国八十八か所巡り道場』の現況は?

 おかげさまにて順路が完成し、守本尊の地蔵菩薩様と六か寺分のお堂が建ち、参道を護る石柱も建ち始めました。
 東日本大震災で犠牲になられた方々の御霊をご供養する角塔婆も建立し、祈りました。
 もうすぐ、あと一か寺分のお堂が姿を現します。
 しかし、まだ、全体の十分の一にも達していません。
 善男善女の皆さん、ぜひ、ご助力ください。
 ぜひ、後代へ残る積善を実践されますよう。

三 『みやぎ四国八十八か所巡り道場』の内容は?

1 場所   宮城県仙台市泉区福岡字菅の崎三 約八千坪の南東に向いたなだらかな丘です。
2 礼拝所数 四国八十八か所分と高野山で八十九宇(ウ)
3 礼拝施設 高さ約一・八メートルの石堂内へご本尊様をお祀りし、足元には、住職が四国八十八か所を巡拝したおりの砂を納めます。
4 ご志納金 まごころのままに
5 ご芳名簿 『一か寺分五十万円』なので、その分がまとまり次第建立し、お堂の横へ皆様のご芳名のみを列記します。
  もしも五十万円をお納めになられる場合は一宇の石堂へ刻むご芳名はお一人となり、もしも三十万円の方と二十万円の方がおられればお二人となり、もしも十万円の方が五名おられれば五名となり、一万円の方が五十名おられれば五十名となります。
  また、参道外側に立てられる石柱は『一本五万円』で、ご芳名と願い事と建立年月日が刻まれます。
  土中に埋めた石材からピンを通した頑丈な造りで、参拝する方々をお守りします。
6 ご寄進法 ご賛同いただける場合は、左記の口座へのご送金をお願い申しあげます。
       ○七十七銀行吉岡支店 普通預金  5446007
       ○ゆうちょ銀行    店名 八一八(ハチイチハチ) 店番 818普通預金 3028612
       ○古川信用組合吉岡支店 普通預金 3383332


 おかげさまにて、たくさんの方々のご理解、ご助力をたまわり、その後、堂宇も石柱も順次、造られています。
 しかし、一部の方々から、直接的、間接的に「こうした寄進集めは法楽寺らしくない」といったご批判を受けました。
 理想の旗を掲げ、あとは皆さんのご判断へお任せしている以上、いかなる強制もありませんが、それでもなお、受け止め方は、その方その方によってさまざまです。
 そこで、秋には、以下の説明分をお送りしました。

謹啓

 さしもの猛暑も遠のき、ススキが揺れ、すっかり秋らしくなってきました。
 ご縁の皆様におかれましては、お変わりなくお過ごしでしょうか。
 常々の当山へのご誠心に、あらためて、心より感謝申しあげます。

 さて、過日、当山よりお送りした『みやぎ四国八十八か所巡り道場』の趣意書につき、今般、貴重なご意見をいただきましたので、ここに、当山の本意を明確にしたいと考え、本状をお送りいたしました。

 まず、趣意にご賛同され、ご助力をいただいた方々へ、心よりお礼申しあげます。おかげさまにて、道場の整備は一段と進み、ご来山の方々から道路や内容に関するご質問もいただくようになりました。
 また、もしも、趣意書を読んで不快感や、当山の姿勢への疑念や不信を抱かれた方がおられましたならば、住職である私の責任であり、心よりお詫び申しあげます。本状の主意はこちらにあります。

 当山がご縁の方々へ趣意書をお送りしたのは、何よりも本計画の内容と価値を具体的に知り、賛意を持たれたならば、無理のない範囲でのご助力をいただきたかったからに他なりません。
 決してご縁の方々へ頭割りのお布施依頼をしたつもりはなく、文章にもそのことは明確であろうと存じます。
 むしろ、広く、詳細にお知らせしないことこそ怠慢であり失礼であると考え、『ゆかりびと』や『法楽』をお送りすることに準じた責務の感覚を持ちながら発送したのが真実です。
 事実、『ゆかりびとの会』の役員会において、完成予定の時期を訊かれ、「ガウディの未完の教会ではありませんが、何百年かかろうと、理想が真実のものならばきっと完成するはずです」とお答えしています。
 しかし、今回、「トップである住職から直々にこうした書面が届けば、『住職が直接、自分へはたらきかけてきている』と感じ、『一体、どうすればよいか』と大変なプレッシャーになっている場合も想定されます」とのご意見をお聴きし、気づかないでいた問題に、はっとさせられました。
 掲げた理想の旗についてご説明申しあげたあとは、皆様の自由意志へ完全にお任せしたつもりなのですが、入り口で心理的問題が生じてしまえば、もう、内容や自由意志どころではなくなります。
 長期的になることを厭わないと趣意書で表現しなかったことも、混乱を招いた一因と思われます。
 当然ですが、お一方お一方へ無理をさせても資金を調達しようなどという意図はまったくありません。
 こうした姿勢はこれまでも、今後も、まったく変わりないことをはっきりと申しあげ、今後、同様な行き違いが生じないよう万全を尽くす所存ですので、今回の件については、どうかご容赦をたまわりたく存じます。

 また、数名の方々との対話を通じて、皆様の感覚と私の感覚にあるズレにも気づかされました。
 皆様は何よりも安定した法務の遂行を願っておられるようですが、私は祈りの中へ訪れる理想に導かれ、皆様より半歩前へ出ている関係上、必ずしも皆様全員にその理想へのご理解やご納得をいただかないうちに、ことを起こしてしまいます。
 今後、この面でのバランスもよく考え、何としても皆様からのご信頼にお応えしてゆきたいと願っています。

 最後に、今回、もしも、お心にひっかかりができた方々におかれましては、真意をご理解たまわり、一日も早くお心が安らかになられますよう、お祈り申しあげます。
 皆々様へのみ仏のご加護を祈りつつ擱筆させていただきます。



 この手紙に対しても、直接的、間接的に、さまざまなご意見をお寄せいただきました。
 多くは「真意がよくわかり、安心しました」といったものであり、「批判はあまり気にせず頑張れ」とのお励ましもありました。
 中でも、最も心惹かれ、勇気づけられたのはAさんから面と向かって言われた言葉です。

「過日、住職からいただいたお手紙の内容は、大変よく理解できます。
 法楽寺が、全体主義的でない、とても健全な運営をされていることはすばらしいと思います。
 応援しています」


 千金にも値するお励ましでした。
 胸に刻み込み、役員会でもご披露申しあげました(もちろん、匿名です)。
 おかげさまにて、「ゆかりびとの会」も、「檀家宣言」を行った当山も、また、一歩、前進できました。
 会員の方々、どうぞ今後も、当山へ忌憚のないご意見をお寄せいただきますよう、心よりお願い申しあげます。
 夏から秋へかけてのできごとにつき、立冬と芋煮会を前に、整理させていただきました。
 会員皆々様へのご加護を重ねて祈っております。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2013
07.23

おかげさまで草刈りが終わりました

 20130722013.jpg

20130721010.jpg

 7月21日、雨も降らず、気温23度ほどの中で無事、草刈りを終えました。
 今回は、講堂や墓地などがある兎野の境内地だけでなく、『みやぎ四国八十八か所巡り道場』及び『法楽農園』もあり、三班に分かれての作業となりました。
ゆかりびとの会』の方々をはじめ、皆さん、笑顔で集結し、2時間以上に及ぶ作業を淡々とこなされました。
 毎年のことながら、本当に頭が下がります。
 蒸し暑い時期の労働奉仕、それも、ご年配の方々が多く、それぞれに身体のあちこちに不調を抱えながら和気藹々としておられるお姿にはただただ、合掌するしかありません。
 
 しかし、角皆美代子氏のこんな句も思い出されます。
「夏草の匂ひ残して刈られけり」
 何と端的で、余韻の残る句でしょう。
 倒れる草は無常なる存在そのものです。
 刈る人間はその時、無情であり非情でもありますが、罪悪感や悔悟の念や詫びたい思いを禁じ得ず、それは草の匂いに重なりつつ尾を曳いて、なかなか消え去りません。
 そして、濃い緑色に光り、植物として生きていることを示す香りを残して刈られる草も、刈るしかない人間も皆、いのちの饗宴となっている夏のど真ん中にいます。

 一仕事終えた皆さんは三々五々、講堂前に集まられ、ご本尊様へ供えられたお菓子や飲みものや、ゆかりびとの会で用意した飲みもの、あるいは参加された方が手作りされた珍しい「がんづき」などをいただきました。
 共に汗を流し(私は他の法務であまり汗を流さず申しわけありません)、晴れた心で飲食を共に出来るのはまことにありがたいことです。
 涼しい風が吹き、くすんだ心のない方々の間に流れる心の風も、実に爽やかでした。
 仏法と寺院を信じ、守る人々すべてが僧法(ソウボウ…僧侶という宝もの)であり、僧とは「和合衆(ワゴウシュウ…和合する人々)」であるという真姿が輝いた尊い時間でした。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2012
10.30

「ゆかりびとの会」主催の芋煮会を終えました ─自然墓の申し込み・女子会の結成─ 

20121028DSC_0155.jpg
即身仏の石碑を前にして〉

20121028DSC_0158.jpg
〈先人も歩かれたこの道〉

20121028DSC_0161.jpg
〈聖地を守るお地蔵様と大震災で犠牲になった方々をご供養するお塔婆〉

20121028DSC_0173.jpg
〈さあ、また一歩、前へ進みましょう〉

 10月28日、荒天となるのを覚悟の芋煮会でしたが、幸いにして午前中は晴れ、大和町宮床の信楽寺(シンギョウジ)跡地と仙台市泉区の「みやぎ四国八十八か所巡り道場」見学は傘を使わずに行えました。
 信楽寺では、「興廃は人による」というお大師様の言葉を思い出しました。
 天皇の命によって造営された東北随一の伽藍(ガラン)も、創建当時は60人に及ぶとされた行者たちも今は物語の中で語られるだけであり、現地は草が伸び、樹木を支える大地でしかありません。
 今も私たちへ訴えかけてくるのは、やはり、即身仏(ソクシンブツ…生きたままで瞑想に入り亡くなった御霊)となられた住職が眠る石碑でした。
 地域の区長さんがわざわざ帰り道でご説明をくださり、ご自宅に伝わる信楽寺ゆかりのお宝を『宮床宝蔵』で保管してもらっているというお話には、あらためて歴史的な場であるという実感を深くしました。
 八十八か所巡り道場ではほとんどの方がぐるっと廻られ、聖地の気配を実感していただきました。
 気温が低くなったせいか、参道を遮る蜘蛛の巣がほとんどなく、カにも悩まされませんでした。
 芋煮会の会場へ着くころから雨になりましたが、広い会場は秋を楽しむ善男善女でいっぱい、日本に住むありがたさをあらためて実感しました。

 さて、会場やバスの中では楽しい会話も真剣な会話も交わされ、寺としては大きなできごとが二つありました。
 一つは、住職から考え方を詳しく聴いて納得したというAさんが、自然墓(シゼンボ)の契約第一号となってくださったことです。
 契約を検討中の方々も少なからずおられます。
 まず理想の旗を掲げ、それに賛同、協力してくださる方が現れて目に見える形となり、やがて参加される方が重なって発展するという理想的な流れとなっているのはまことにありがたいというしかありません。
 もう一つは、帰り道に、バスの中で「女子会」を結成しようというご提案があり、拍手、承認という雰囲気になったことです。
 自主的に支えようとしてくださる方々は三宝の一つ僧宝(ソウボウ)です。
 仏宝(ブッポウ)と法宝(ホウボウ)とで三本柱となる僧宝は、プロの僧侶だけを指すのではありません。
 み仏を信じ、法を尊び、寺院を守ろうとする人々すべてが等しく僧宝です。
 見学し、楽しみ、その結果「皆でこの寺院を守ろう」という声が上がったことは、次代への引き継ぎを考えつつある当山にとってはまことに力強い限りです。

 実り多い一日は、新たな出発の日でもありました。
 感謝に耐えません、合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。