--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.05

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─

2016-12-05-0001.jpg
〈善男善女の願いを込め、続けられる例祭の護摩法〉

 福島で出会った自衛隊員から話を聴いた。

 南スーダンへの派兵は、自衛隊からの離脱者を続々と生み出している。
 たまりかねた政府は、戦死した場合の弔慰金を6千万円から9千万円へ引き上げ、指示通り「駆けつけ警護」に当たれば1日2万3千円を支給するという。
 しかし、現場の本音は、金銭などではごまかしきれない問題の核心を衝いている。

 Aさんは日本を守ろうとして入隊した。
 もちろん、見知らぬ外国で戦死するつもりなどまったくなかったので、現在の自衛隊の動きは想定外だ。
 それに、現場ではたらく日本人から求められていないのに、戦闘要員として出兵させられることにも納得できない。
 災害時に請われ、丸腰ででかける時のような使命感を持ちようがない。
 国会では、南スーダンは戦闘行為が行われていない安全な場所だから、武装した自衛隊が出かけても安全だという議論が繰り広げられている。
 そもそも安全であれば軍隊は不要なはずだし、スーダン出兵がどうして国是である専守防衛になるのか。
 納得できないので、いくらお金を積まれようが自分のいのちはかけられないし、仲間がいのちをかけることにも耐えられない。

 もっともだと思わされた。
 次の話には胸を衝かれた。

 隊員は口を閉ざしたまま、共通のイメージを持っている。
 それは、最初に出る犠牲者はきっと、撃つ前に撃たれるということだ。
 厳しく訓練された隊員は、必ず命令で動くし、命令されないことは勝手にやらない。
 一方、戦闘が起こる時、撃てという命令は必ず、危機的状況から遅れて出されるだろう。 
 一発の発射が日本という〈国を背負った行為〉になることをよく知っている優秀な隊員たちは、自分のいのちに危機が迫ったからといって、指揮官でない者がバラバラに判断をくだすことはないと、互いに信じ合っている。
 だから、きっと、射撃命令が出る前に撃たれてしまうだろうというのが、若いまじめな隊員たちの共通認識だという。

 涙が流れた。
 現場の隊員たちにとって、これほどまでに切羽詰まった出兵であることを、どれだけの国民が認識しているだろう?
 安全な場所に征くのだから大丈夫だと主張している人々へ、〈真実を知って出かける〉彼らの本音を聞かせてやりたい。
 あるいは、崇高な理想を諦め、安定した収入を捨ててまで〈辞めないではいられない〉彼らの本音を聞かせてやりたい。
 しかも彼らは、やがて生じるであろう犠牲者が軍神として祭り上げられかねない日本の空気に恐ろしさを感じ、固唾を呑んで仲間の無事を祈っている。

 砲弾の飛び交うアフガニスタンでさまざまな活動を行ってきた医師の中村哲氏は「ペルシャワール会報」の10月5日号で述べた。

テロとの戦い』を声高に叫ぶほどに、犠牲者が増えました。
 そして、その犠牲は、拳をあげて戦を語る者たちではなく、もの言わぬ無名の人々にのしかかりました。

 干ばつに戮れ、空爆にさらされ、戦場に傭兵として命を落とす──アフガン農民たちの膨大な犠牲は、今後も語られることはないでしょう。
 私たちは、このような人々にこそ恩恵が与えられるべきだとの方針を崩さず、現在に至っています。
 多くの良心的な人々の支持を得て、事業は着実に進められてきました。
 PM5は、誰とも敵対せず、仕事を進めてまいります。


 彼らの地道な活動こそが、世界における日本の信用と価値を守っている。
 彼らは、自衛隊に来てもらいたいとは決して言わない。
 武器を持った敵対行為こそが最も危険であると、骨身に沁みて知っているからだ。

 南スーダンの気温は35度前後だが、作業現場の体感気温は50度にもなるらしい。
 日本の若者たちはそこへ征く。
 武器を携えて……。
 これからの日本を背負う若者が、戦争に加担するか、それとも無職になるかと悩んでいる姿はあまりに痛々しく、こうした日本をつくった世代の一員として、詫びる言葉も見つからなかった。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
10.11

ヒラリー氏とトランプ氏に思う ─溜飲を下げるか、寛容になるか─

2016-10-11-0001.jpg
〈かつて、米英仏ソを始め、主要国のほとんどが「戦争抛棄ニ関スル条約」を結びました〉

2016-10-11-0002.jpg
〈ウィキペディア様よりお借りして加工しました。グレー以外は批准国です〉

 アメリカ大統領選挙の候補者が2回目の討論会に臨んだ。
 スネの傷を抱えた2人は、自分の傷を庇いつつ、相手の傷を攻撃するという姿勢をとった。
 両陣営共に、自分の支持率を上げるよりもむしろ、相手の支持率を落とす作戦に出ている印象だ。

 貶し合う2人に対して、聴衆から質問が出された。
「お互いの尊敬できるところを挙げてください」
 ヒラリー氏はトランプ氏の子供たちがすばらしいのは父親の人となりを示していると言い、トランプ氏はそのことに感謝しつつ、ヒラリー氏は判断力に問題はあっても、諦めないファイターだと讃えたが、これは答になっているのだろうか?

 それにしても、いかに個人の人気が勝負の帰趨(キスウ)を決めるとはいえ、候補者は政党の代表である。
 政党は単なる権力団体ではない。
 だから、候補者は、政党が知的政策集団としていかに国家を動かして行こうとしているか、その道筋を示す責任者である。

 また、よく知られたように、アメリカの大統領は、いつでもどこでも核攻撃に許可を出せる「核のフットボール」を持ち歩く。
 人類が持つ最高度の兵器で敵国を叩くだけでなく、用い方によっては地球全体を破滅させることすら簡単にできるであろうたった1人の権力者である。
 だから、その人格・識見も最高度であることが求められる。

 2人はアメリカ国民からどう判断されるだろう?

 さて、暴言を吐き続けるフィリピンのドゥテルテ大統領や、北朝鮮の国営テレビはさておき、世界中の指導者たちがこうも刺々しく、不寛容さをむき出しにしている現状は何を意味しているのだろう?
 思えば、第一次世界大戦で史上類を見ない惨禍を味わった国々は昭和3年(1928年)「パリ不戦条約」を締結した。
 日本も翌年、批准している。
 日本国憲法第9条のモデルとなったとされる第一条と第二条は以下のとおりである。

「第1条 締約国は、国際紛争解決のために戦争に訴えることを非難し、かつ、その相互の関係において国家政策の手段として戦争を放棄することを、その各々の人民の名において厳粛に宣言する。
 第2条 締約国は、相互間に発生する紛争又は衝突の処理又は解決を、その性質または原因の如何を問わず、平和的手段以外で求めないことを約束する。」


 それから半世紀も経たぬうちに世界中で拳が振り上げられ、さらに大規模な世界戦争が勃発した。
 
 戦争は、究極の不寛容が引き起こすのではなかろうか?
 戦争の最後の歯止めは、胆力の伴う寛容ではなかろうか?
 無論、許せば、耐えれば、必ず相手が刃を引くわけではないとしても、不戦の可能性を最後まで絞りきることはできる。

 しかし、往々にして、私たちは混乱にぶつかると自分にわかりやすいモノサシを持ち出し、早く決着をつけたくなる。
 溜飲を下げて気持良くなりたい。
 しかし、ここに落とし穴がある。
 それは、目先の結果しか見なくなる怖れがあるからだ。

 嫌な奴は殴り倒せば決着がついたと思うかも知れないが、返り血を浴びたり反撃されたりするだけでなく、深い禍根を残す可能性が高い。
 一方、嫌な相手に対してガマンし、時を経て平穏な人間関係に至れば、外見上は何もしなかったかのようであるが、殴る行為に走ることと比較して何倍もの智慧と忍耐と寛容とが総動員されているのだ。
 真の指導者とはそれができる人物でなければならないし、政治の世界にそれを求めるならば、私たち自身がそのような価値判断をする人間にならねばならないと思う。
 もしも、私たちが〈殴りたい人〉になるならば、そうした感性によって選ばれた人物が国家社会を動かし、最後には国家的殴り合いをしないとも限らない。
 その時、私たちは目先の溜飲を下げる一時的快感の何万倍もにあたる苦しみを味わうことになるだろう。

 アメリカ大統領選挙に学ぶところ大なるものがある。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
09.23

オバマ大統領の心を想う ─国連の演説について─

2016-09-23-0001.jpg

 目を閉じると「カッチン、カッチン、カッチン」という柱時計の音しか聞こえない。
 ここは日本だ。
 しかし、戦乱の続く中東では空から爆弾が降り、病院も、食糧や水を運ぶ車も爆破され、子供や妊婦や松葉杖をついた人々が逃げまどっているはずだ。
 膨大な国民が難民となり、逃げる途中でいのちを失い、逃げた先では生きる場もなく、邪魔もの扱いの中で続々と死んでいるのに、祖国では果てしなく殺し合い、廃墟となった国土を奪い合っている。

 9月20日、かねて「核なき世界」を提唱してきたアメリカのバラク・オバマ大統領は、国連総会で最後となる演説を行った。

我々が核兵器の拡散を止め、核兵器のない世界を追求しない限り、核戦争の危険性から逃れることはできない。
 北朝鮮の核実験はすべての国を危険にさらす。
 合意を破る国は必ず重大な結果に直面する。」

アメリカを含む核保有国は核兵器の削減を追求し、核実験を二度と行わないよう再確認する責任がある。


 世界各国で、〈外敵〉を執拗に攻撃して人気を博す指導者が激増した。
 彼らは一様に拳を振り上げて「攻撃的なナショナリズム」を煽り、世論には「粗野なポピュリズム」が広がっている。
 強権的にことを運ぼうとする指導者が好まれ、果実を早くもぎ取ろうとするあまり、少数意見や専門家の知見は無視される。

「歴史を振り返れば、力に訴える者らには2つの道筋しか残らないことが分かる。
 一方は永久弾圧で、これは自国内で衝突をもたらす。
 もう一方は国外の敵への責任転嫁で、戦争を引き起こしかねない。


 世界の方向性が「弾圧」と「戦争」であるという指摘は恐ろしいが、現実である。
 日本でもそうした徴候は顕著だ。
 9月22日付の読売新聞である。

「大分県警の隠しカメラ問題、捜査員らを略式起訴

 大分県警別府署の捜査員が参院選候補者を支援する団体が入る建物敷地内に無断でビデオカメラを設置した事件で、別府区検は21日、同署の阿南和幸刑事官と守口真一刑事2課長(肩書はいずれも当時)、同課の捜査員2人の計4人を建造物侵入罪で別府簡裁に略式起訴した。
 起訴状などによると、4人は共謀し、参院選公示前の6月18~21日、民進党や社民党の支援団体が入る別府地区労働福祉会館(大分県別府市)への出入りを録画するカメラの設置などのため、敷地内に計5回、無断で侵入した、としている。4人は容疑を認めているという。
 一方、地検は21日、建造物侵入容疑で告発されていた同署の横山弘光署長と衛藤靖彦副署長については不起訴とした。
 地検は『関与を認めるに足る証拠はなかった』としている。」


 確かに、彼らの行動そのものについて刑事責任が問われるのは、他人の敷地へ無断で侵入したこと、撮影された人物のプライバシー権を犯す可能性があったこと、などでしかなかろう。
 しかし、行動の目的を推測してみれば明らかなとおり、この事件における真の問題は、そうした微罪などにありはしない。
 公権力が行っている、国民1人1人の、あるいは個々の政治団体や組織の思想・信条に関するチェックが、ついに、こうした粗雑な行動によってあからさまになるほどの域に達したことこそが重大だ。
 反権力の存在、反権力と権力との緊張感、反権力と正対する権力の自省があればこそ、権力は健全性を保つことができる。
 民主主義も思想・信条・報道の自由も成立する。
 しかし、反権力を潰そうとするなら、それは腐敗と独善と暴走への道に相違ない。

 最近、剣聖上泉信綱が話題になっているらしい。
 有名な話が残っている。
 賊が子供を人質にして立てこもった現場に遭遇した信綱は、僧侶になりすまし、握り飯を手にして賊へ近づき、放り投げられた握り飯に気を取られた賊をたやすく取り押さえたという。
 彼がその〈強さ〉をもって賊を斬り捨てようとすれば、やすやすと実行できたことだろう。
 公衆の面前での鮮やかな剣さばきは、彼をますます高名にしたかも知れない。
 しかし、人質である子供のいのちは、なくなっていた可能性が高い。
 彼は、相手を斃す力を持っていながらそれを直接用いず、周到に作戦を立て、僧侶や住民に理解させ、協力を仰ぎ、最後は自分のいのちをかけて実行した。
 無論、充分な勝算があればこそだろうが、修羅の現場では何が起こるかわからないのに、彼は子供のいのちを守ろうとして剣を持たずに踏み込んだ。
 彼は、いのちの価値も、失う哀しみも、奪う恐ろしさも、胆の髄までわかっていたのだろう。

 ところで、アフガニスタンにおいて不屈の活動を続けている医師中村哲氏は2年前の暮れ、現地から警告を発した。

日本はこれまで、アフガニスタン国内では民生支援に専念してきた。
 そのことが日本への信頼であり、我々の安全保障であった。

 それが覆されようとしている。
 戦争の実態を知らぬ指導者たちが勇ましく吠え、心ない者が排外的な憎悪を煽る。
 『経済成長』が信仰にまで高められ、そのためなら何でもする。

 武器を売り、原発を復活し、いつでも戦ができるよう準備するのだという。
 それが愛国的で積極的な平和だとすれば、これを羊頭狗肉という。
 アフガンへの軍事介入そのものが、欧米諸国による集団的自衛権の行使そのものであり、その惨憺たる結末を我々は見てきた。
 危機が身近に、祖国が遠くになってきた。
 実のない世界である。」


 世界一の武力を抱えたアメリカの大統領が、職を去るに際してアメリカと国際社会へ言い遺そうとした言葉は重い。
 持てる者がまず、持てる者自身へそのありようを問うという姿勢こそ、「攻撃的なナショナリズム」や「粗野なポピュリズム」といった反知性的暴流への防波堤である。
 日本も学ぶところ大なるものがあるのではなかろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
08.22

むのたけじ氏の死に想う ─傷つける私たちを超えて─

2016-08-21-0006.jpg
〈お盆供養会にて〉

 ヒグラシ、ツクツクボウシ、ミンミンゼミ、彼らが薄暗い早朝から順次に鳴く8月21日、ジャーナリストむのたけじ氏(本名・武野武治)が亡くなった。
 101才だった。
 昭和20年8月15日、敗戦を機に、氏は朝日新聞を退社した。
 理由は明白にしている。

「負け戦を勝ち戦のように報じて国民を裏切ったけじめをつける」


 そして、故郷の秋田県横手市で、週刊新聞『たいまつ』を33年間発行し、休刊後は、講演や著作活動によって平和を訴え続けた。
 今年の5月3日、東京臨海広域防災公園でこう語ったのが最後の公的発言となった。

「日本国憲法があったおかげで戦後71年間、日本人は1人も戦死せず、相手も戦死させなかった」


 私たちは〈害されたくない〉生きものである。
 もの言わぬネコや金魚やカラスとて同じだろう。
 しかし、人間は、ずっと、誰も望まぬはずの行為を集団でやってきた。
 戦争である。

 敗戦の2年後、詩人鮎川信夫は『死んだ男』を発表した。
 一緒にスマトラへ出征し、病気になって帰国した後に死んだ詩友森川義信へ送ったものだ。
 その詩は、こう締め括られる。

「Mよ、地下に眠るMよ、
 きみの胸の傷口は今でもまだ痛むか。


 内なる痛みを生きる詩人が、外からも痛みの原因を押しつけられ、ついには無理やり、生きているところから引きはがされる。
 それが戦争であり戦死だ。
 痛みから救われる可能性が奪われる。
 宙ぶらりんの痛みは、友を悼む鮎川信夫を傷めてやまない。

 作家浅田次郎氏は『無言歌』において、故障した特殊潜航艇の中で死んで行く二人の軍人を描いた。
 その最後にこう会話させる。

「俺は、ひとつだけ誇りに思う」
「しゃらくさいことは言いなさんなよ」
「いや、この死にざまだよ。
 戦死だろうが殉職だろうがかまうものか。
 俺は人を傷つけず、人に傷つけられずに人生をおえることを、心から誇りに思う
「同感だ、沢渡。
 こんな人生は、そうそうあるものじゃない」


 私たちは、自分が生きることを最優先にしないではいられない。
 それが自己中心的心性をもたらす。
 無意識の裡に永遠の人生を願い、それを阻害すると思える邪魔ものは許せない。
 この〈永遠の人生〉なるものが、空(クウ)と無常の真理に気づかぬところに生ずる幻であることを知らぬ無明(ムミョウ)から、傷つけ合う世間が現れる。
 だから、お釈迦様は、二面から救われる道を説かれた。
 一つは、真理に気づくための智慧を獲得する修行である。
 そしてもう一つは、無明で生き、自他を傷つけてしまう人間そのものを哀れみ許す慈悲の涵養(カンヨウ)である。

 自分がずっとこのままで存在し、やりたいことをやり続けたい、これは智慧なき状態である。
 自分を傷つけると思えるものは許せず、気に入らないものを害したい、これは慈悲なき状態である。

 私たちは、自分だけが好きなことをやり続けたいと思ってはいないだろうか?
 私たちは、嫌なものを排斥し尽くしたいと願ってはいないだろうか?
 この傾向が強まれば、個人的にはバラバラになる。
 社会的には刺々しくなる。
 国際的には緊張感が高まり、そして戦争になる。
 お釈迦様が説かれた救われる道と正反対に進めば、戦争がやってくる──。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 

2016
08.15

蔑視と怨念で滅んだ釈迦族 ─争い、戦争を起こさぬために─

2016-08-15-0002.jpg

 お釈迦様は晩年、釈迦族の滅亡を体験された。
 お釈迦様は三度、隣国の軍隊を待ち受け、引き返させたが、四度目はかなわなかった。

 ことの起こりは、釈迦族が隣国の瑠璃太子(ルリタイシ)を侮辱した事件にあった。
 太子は8才の時から深い怨みを抱き、王になったら釈迦族を滅ぼすとの誓いを立てた。
 両親がお釈迦様の教えを聞きにいった留守中、クーデターを起こした太子は瑠璃王となり、釈迦族を討つために出発した。
 それを知ったお釈迦様は、道端の枯樹の下で瞑想し、待ち受けた。
 さしもの瑠璃王も三度はがまんした。
 以下、武者小路実篤著『釈迦』よりの抜粋である。
 (漢字や仮名遣いは現代風に変えています)

「昔から兵を用いて出征する時、沙門(シャモン)に遇わば軍をかえして還れと云われている。
 まして仏陀(ブッダ)に遇ったのだ、進むわけにはゆかない。」


 精舎(ショウジャ)に戻ったお釈迦様は沈んでおられ、弟子のアーナンダは心配する。

「私は世尊のおそばにいて数十年になりますが、こんなに御元気のないのを始(※ママ)めて見ます。」

「あと七日で釈迦族のものは皆、傷つき倒れるだろう。
 如来の顔の変をあらわすのは、家中の為に喪に服するのだ。」

「釈迦族には宿世の罪の報いを受けなければならない因縁があるのだ。
 代わってこれをうけることは誰もできない」


 アーナンダは、救済法を訊ねる。
 お釈迦様は簡潔に答えられた。

「もし釈種の人が心を一つにし、外敵にくみするものがなければ国は亡びない。」


 やがて来襲した瑠璃王の軍に取り囲まれたカピラ城内ではなかなか方針がまとまらず、ついに開城となったが、おおぜいが殺され、三万人もが捕虜となった。
 瑠璃王が捕虜たちの足を土に埋めて象に踏み殺させようとした時、王の祖父に当たる釈迦族のマカナンは言う。

「私が今、この庭の池の水底に潜っている間、皆を逃がして下さい。
 私が水を出るのを合図に皆をお殺しになって下さい。」


 王は承知し、マカナンは池へ入ったが、いつまでたっても出て来ない。
 とうとう全員が逃げてしまったので、水中を調べたところ、マカナンは髪の毛を樹木の根に縛りつけ、息絶えていた。
 王は暗澹(アンタン)とする。

「私の祖父が死んだのは、他の人々の生命を助けるためだった。
 惜しいことをした。
 殺すのではなかった。」


 こうして釈迦族は滅んだ。
 発端は、他国への蔑視であり、侮蔑を許せない怨みだった。
 因縁は長い時を待って熟し、結果が出た。
 その流れを変える新しく強力な縁がはたらけば、結果は変えられたかも知れない。
 お釈迦様は、不可能は承知の上で、一致団結と自立とを説かれた。
 この二つに必要なものは智慧と方便(ホウベン…適切な手段)である。

 最後は、因縁の発端に関与したマカナンが身を捨てて多くの人々を救った。
 私たち凡夫にできることは、第一に、高慢心を離れ、他者を敬うことである。
 そして、軽蔑されたならば相手の心性を哀れみ、怒らないこと、そして怨まないことである。
 たとえいかなる富や地位を誇ろうとも、慢心し、他者を軽蔑する人の心は貧しく、哀れである。
 慢心している人の顔には品性がなく、隠しようもなく卑しい。
 怨んでいる人の顔には陰の気がまといつき、臭気を放つ。
 個人も国家も同じである。
 争いを避けるために、戦争を避けるために、まず蔑視をやめ、怨念を捨てたい。
 何としても「不戦日本」であり続けたい。 

 今日の10時から恒例のお盆供養会を行います。
 自由参加です。
 護摩の火に身を近づけ、しっかり祈ろうではありませんか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。