--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
08.05

樹木葬『法楽陵』の周囲へベニカナメ百本を植えました

2016-08-04-0011.jpg
〈プロの仕事は気をつけるポイントが違います〉

2016-08-04-00123.jpg
〈お天気が少々よすぎました〉

2016-08-05-0001.jpg
〈生け垣のスタートです〉

2016-08-05-0002.jpg
〈周囲の鉄パイプがほとんど目立たなくなりました。笹倉山は一段とありがたみを増したような気がします〉

 8月4日、30度を軽く超える炎天下、中学生から70才超まで延べ10名の男女がベニカナメを植樹しました。
 熊本の農園さんが配達費なしで送ってくださったものです。
 ゆかりびとの会で副会長を務める太田さんにご指導を願い、午後までかかって樹木葬法楽陵』のフェンスは生け垣に衣替えしました。

 かねて願っていた問題でしたが費用を捻出できずにいたところ、被災地の熊本から被災地の宮城へと思わぬ救いの手が差し伸べられました。
 熊本では、「がんばります」を「がまだします」と言うそうです。
 被災した山から、がまだして掘り出された100本です。
 一本たりとも枯らすわけにはゆきません。
 朝の修行が一つ、増えました。

 熊本のお心、参加してくださった方々のお心が樹木葬法楽陵』を美しく飾りました。
 成長が楽しみです。
 御神木である招霊木(オガタマノキ)も順調に生育し、ご縁も増えています。

 ご心配されながらも参加できなかった方々を含め、皆さん、本当にありがとうございました。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト
2016
05.02

本当の安心を目ざして ─樹木葬・一代墓─

2016-05-02-0001.jpg
〈笹倉山を望む『法楽陵』〉

2016-05-02-0003.jpg
〈七ツ森の山々〉

2016-05-02-0002.jpg
〈福祉墓『へいあん』〉

2016-05-02-0004.jpg
ペット墓『一心』〉

 お問い合わせが多い個別型永代供養樹木葬法楽陵』の聖地は着々と整備が進んでいます。
 ようやく全面的な芝貼りが済み、一雨ごとに緑が濃くなるのを待つのみです。
 皆さん、それぞれの思いで見学し、検討し、契約しておられます。

 自分がこの世に存在したことを何らかの形で〈残したい〉面と、自然へ〈溶け込んで行きたい〉面とを、皆さんなりによく考え、話されます。
 自分の人生の軌跡が、この世で接した人々にとって、自分の死後もしばらくは何ごとかであり続けて欲しい。
 死と共にいきなり忘れ去られ、空無になってしまうのはあまりに寂しい。
 かと言って、自分がこの世にいたぞと永遠に残したいほど強い意志も欲も持ってはいない。
 むしろ、後に続く者にあまり負担をかけたくもない。
 供養という人間として向上する大切な機会を若い人から奪ってしまうほど、反宗教でもなければ、依怙地でもない。
 当分供養され、後は忘れ去られるままに大自然へ溶け込んで行きたい。

 ご来山される方々と会話を交わすと、こういった安心への考え方が多くなっているように思われます。
 とは言え、復興の進む地域などでは、親が存命中にできなかった親孝行の証として、あるいは、不慮の死を遂げた親にせめて自分一代だけでも供養のまことを捧げるために、お墓を建てようと懸命な方々もおられます。
 そうした方々は、当山の『一代墓』という考え方に共鳴されたりします。
 また、我が子同様に、ある意味では我が子以上に老後の支えとなってくれたペットと一緒に眠ることを最後の願いとして、同じ墓所内にペットのお墓を造りたいと『一代墓』を申し込まれる方もおられます。

 安心の形は文化の根底にかかわるものであり、時代と共に変遷します。
 これまでの習俗を全否定するのは心の基底を崩し、無用の対立を生むので、感心しません。
 その一方で、流行歌が変わり、ファッションが変わるように、死後へのイメージもまた変わって当然です。
 仏教は、2500年もの間、国により地域により民族により古人によりさまざまに異なる人間の生きざまと融通無碍(ユウズウムゲ…こだわりやぶつかり合いのないさま)に関わり合いながら変化し、深化してきました。
 救い漏れのない仏教には8万4千もの法門があるとされています。
 角張ること、尖ること、他の宗教を邪教・邪宗と決めつけること、この経典・この教え・この教祖だけでいいと夜郎自大(ヤロウジダイ…高慢にいばるさま)になること、これらは非仏教的な姿勢であると言えます。
 

謙虚に歴史を眺め、いのちと共に受け継がれてきたものに感謝し、同時に今を生きる者としての感性を大切にしつつ、弔われる皆さんと弔う寺院とが心を通わせ合い、本当の安心を目ざしたいものです。






 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2015
09.22

お釈迦様は樹神だった? ―樹木葬の聖樹について―

201509220001.jpg
〈ネット上からお借りしたブッダガヤの仏塔。仏舎利を高く高く祀ることが目的で、屋根や土台のように見える部分はすべて装飾的なものです〉

201509220002.jpg
〈ネット上からお借りした五輪の塔の図面。心柱と相輪の頂上にある如意宝珠の形を見れば、全体が聖樹であるとイメージされます〉

2015092100072.jpg
〈『法楽陵』の聖樹招霊木(オガタマノキ)です〉

 菩提樹の下で悟りを開かれたお釈迦様はその当時「聖樹神(ヤクシャ)」と呼ばれていました。
 身体を痛めつける苦行から離れ、「悟りを開くまではここを立たない」と思い定め、ゆったりと瞑想に入ったお釈迦様はきっと、周囲の人々の眼には菩提樹と一体になった神様のように見えたのでしょう。
 そして、お釈迦様のお骨が祀られた仏塔(ストゥーパ)は、聖者である仏陀そのものにも、聖樹にも見立てられ、深い信仰の対象になりました。

 インドの仏塔は頂上に傘蓋(サンガイ)と傘竿(サンカン)があります。
 いわば傘なのですが、それはまさに樹木のイメージです。
 やがて、五重の塔などとして洗練された仏塔は頂上に相輪(ソウリン)と呼ばれる突起を備えます。
 それは仏舎利を納める宝珠がてっぺんにあり、これもまた樹木を想起させる形になっています。

 このように、樹木と仏教のかかわりは深く、聖なる樹木の根元に眠ることは、お釈迦様と一体になることにつながっています。
 高さ25メートルから30メートルにもなる招霊木(オガタマノキ)によって守られる当山の樹木葬法楽陵』は、お釈迦様の悟りの世界に憩う永代供養のお墓です。
 今はまだ、4メートルにも満たない招霊木ですが、やがて大木になったら見事でしょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
08.24

安心な送られ方は? ―樹木葬・共同墓・生前戒名・お焚きあげ―

20150815047.jpg

201508240001.jpg

 80才を過ぎたAさんがご来山されました。

「私はあまり目立たない人生を生きてきました。
 ただ、他人様に後ろ指を指されないように気をつけてはきたつもりです。
 もうすぐ、この世のお役ご免になりますが、残すモノは特になく、親族とのつき合いもあまりないので、年金で生き、死んで行くだけで何の心配もしていません。
 延命治療をしないよう息子に頼んだし、葬式も家族と、お世話になったご近所さんへのご挨拶程度で簡素にやる準備を終えました。
 あとはおだけですが、息子は将来、仕事で行ったことのある外国で暮らしてみたいと希望しているので、頻繁にお参りには来れないでしょう。
 妻と二人、どうにか生きてきた証(アカシ)が当分、残ればそれ以上、何も望みません。
 証は名前です。
 親からもらった名前と、あの世の戒名と、それが死後、当分の間、お参りしてくれる人のために残っていれば、自分のやるべきことは皆、終わります。
 そこまで準備をすればもう、本当に安心できると思っています」

 Aさんは近々に、奥さんの分と二基、樹木葬法楽陵』を契約し、生前戒名を求めに来られるそうです。
 そして、さらに思い切ったご提案をされました。

「父の作った家系図があります。
 コピーして息子へ渡しました。
 掛け軸なので私は床の間に懸けておきましたが、息子の生活とマッチしそうにありません。
 持参しますので、私の死後、お焚きあげをお願いします」

 こうした〈死後の願い〉には、さまざまあります。
 最近、多いご相談は、一定期間を過ぎてからのおの撤去です。
 新しく〈一代〉としておを建てるというお話よりも、各地にある既存のおについて、自分の代までにしたいがどうすればよいかというご相談です。
 また、死後と限らず、地の整理をして共同墓へ永代供養を求める方は五月雨のように続いています。

 お焚きあげのご相談もさまざまです。
 どうしても捨てられないでいた別れた奥さんの写真、若くして亡くなった娘さんの雛人形、将来を固く契りながらどこかへ行ってしまったままの彼氏からもらった指輪、父親が戦時中も隠し持っていた刀、弱かった自分が健康になるよう母親がお寺からもらった御札、施設へ入るので管理できなくなった仏壇一式、などなど。
 皆さんの清浄でかけがえのないな思いと共に、それぞれのお品が当山へ託されます。
 皆さんの多様な悩みや、心の引っかかりなどをお聴きしていると、『入菩薩行論(ニュウボサツギョウロン)』の一節を思い出します。

「もしも改めることができるなら、憂うべきことなどいったい何があるのだろうか。
 もしも改めることができないのならば、憂うことでいったい何の役に立つというのだろうか」


 変えられるものなら、変えればよいだけのことで、ウジウジと憂いている必要はありません。
 変えられないものなら、いくらウジウジと憂いても、まったく何の役にも立ちません。
 経典として説かれてはいますが、十分に科学的な教えでもあります。
 小生などはこう、割り切っています。
〝何とかなるものは、早く手を打っておこう。
 何ともならないものは、あの世まで持って行こう。
 何とかし続けねばならないものは、できるうちはやり抜こう〟
 分類をし、実行してしまえば、憂いはどこにもなくなります。

 現代は生き死にの選択肢が増え、自分なりの生活感覚や生活パターンで生き、死後の準備もできるようになりました。
 そうした中で、「この世の幸せとあの世の安心のために」と願っている寺院と仏教が何らかの役に立てればありがたいことですが、一つだけ、記しておかねばならないことがあります。
 私たちは、「自分の死後の〈準備〉はできても、自分で死後の〈始末〉はできない」のです。
 準備したとおりに死後のことごとが進み、本当にあの世で安心できるためには、準備する自分の心を理解してくれる人の存在が欠かせません
 また、モノやお金の準備と同様に、あるいはそれ以上にしっかりと、周囲の人々へ感謝し、報恩の行いで生き、死んで行く覚悟を固めたいものです。
 人は、生きたように死んで行くのです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2015
05.25

樹木葬『法楽陵』は個別型で永代供養宮城県初です

201505250001.jpg

〈上記はイメージ図であり、実際は、豊富な天然石と樹木に囲まれた大きな墓域になります〉

201507020002.jpg

 好評の自然墓に、一人用の個人墓『法楽陵』を設けます。
 永代供養です。
 正面に笹倉山を望むなだらかな丘に芝を貼り、周囲は大きな自然石と、四季おりおりの変化に富んだ招霊木 (オガタマノキ)や桜や紅葉など多様な樹木で囲われます。
 実際にお納骨をしてから13回忌を迎えるまでの年間管理料込みで30万円。
 お納骨をするまでの年間管理料はかかりません。
 また、法楽寺のご本尊様である大日如来にお導きいただく時期となる13回忌に住職が墓地で修法し、その後、一番奥にある専用共同墓へお移しし、永代にご供養申し上げる費用も含まれます。
 この他に必要なのは、カロートを覆う御影石にご希望の文字を彫りたい場合の彫刻料と、墓地の横に設ける大きな掲示板へご希望の文字を表示する場合のプレート代のみです。
 芝生の生育を第一にし、お申し込みをお受けしてから芝生へカロートを造りますので、まず第一期として10区画を募集します。
 どうぞ、資料をご請求ください。
・電話:022(346)2106 ※午前9時より午後5時まで
・ファクス:022(346)2107
:メール:ryuuchi@hourakuji.net




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。