--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.06

村上春樹氏の「影と生きる」に想う ─影が反逆し始めた世界─

2016-12-06-0001.jpg

 アンデルセンの短編小説『』を読んだ。
 が主人になり、主人から独立したが幸福を得る一方で、の出生を知る主人は殺されてしまう。
 村上春樹氏は、アンデルセン文学賞の受賞スピーチ「と生きる」で、「暗く、希望のないファンタジー」と言っている。

 氏は、小説を書く過程について述べる。

「僕が小説を書くとき、筋を練ることはしません。
 いつも書くときの出発点は、思い浮かぶ、ひとつのシーンやアイデアです。
 そして書きながら、そのシーンやアイデアを、それ自身が持つ和音でもって展開させるのです。

 言い換えると、僕の頭を使うのではなく、書くプロセスにおいて手を動かすことによって、僕は考える。
 こうすることで、僕の意識にあることよりも、僕の無意識にあることを重んじます。

 だから僕が小説を書くとき、僕に話の次の展開はわかりません。
 どのように終わるのかもわかりません。
 書きながら、次の展開を目撃するのです。」


 氏の言う「シーンやアイデア」は、無意識として隠れている世界へ入る扉だろう。
 私たちも、何年経とうと鮮やかな光景や、繰り返し問いかける問題を溜め込む。
 多くはそのまま忘却されてしまうが、数十年後にようやく、ゆっくりと扉が開くものもある。
 氏は書くプロとして扉を開く。

「『』を読んだとき、アンデルセンも何かを『発見』するために書いたのではないかという第一印象を持ちました。
 また、彼が最初、この話がどのように終わるかアイデアを持っていたとは思いません。

 あなたの影があなたを離れていくというイメージを持っていて、この話を書く出発点として使い、そしてどう展開するかわからないまま書いたような気がします。」

僕自身は小説を書くとき、物語の暗いトンネルを通りながら、まったく思いもしない僕自身の幻と出会います。
 それは僕自身の影に違いない。


 そこで僕に必要とされるのは、この影をできるだけ正確に、正直に描くことです。
 影から逃げることなく。
 論理的に分析することなく。そうではなくて、僕自身の一部としてそれを受け入れる。

 でも、それは影の力に屈することではない。
 人としてのアイデンティティを失うことなく、影を受け入れ、自分の一部の何かのように、内部に取り込まなければならない。

 読み手とともに、この過程を経験する。
 そしてこの感覚を彼らと共有する。
 これが小説家にとって決定的に重要な役割です。


 無意識の世界に在る者が「影」である。
 私たちは、自分が意識し、考える内容だけで動き、生きているのではない。
 思考と行動の多くが無意識に衝き動かされて起こり、時として、それは、表面の意識とぶつかりもする。
 そうした全体が自分というものなので、自分を知り、世界を知り、人間として過たずに生きて行くには、そして他者の不幸の原因をつくらないためには全体像を観る力が必要である。
 この力を磨く読書において、小説が持つ役割は大きい。

アンデルセンが生きた19世紀、そして僕たちの自身の21世紀、必要なときに、僕たちは自身の影と対峙し、対決し、ときには協力すらしなければならない。

 それには正しい種類の知恵と勇気が必要です。
 もちろん、たやすいことではありません。
 ときには危険もある。
 しかし、避けていたのでは、人々は真に成長し、成熟することはできない。
 最悪の場合、小説『影』の学者のように自身の影に破壊されて終わるでしょう。

 自らの影に対峙しなくてはならないのは、個々人だけではありません。
 社会や国にも必要な行為です。
 ちょうど、すべての人に影があるように、どんな社会や国にも影があります。

 明るく輝く面があれば、例外なく、拮抗する暗い面があるでしょう。
 ポジティブなことがあれば、反対側にネガティブなことが必ずあるでしょう。

 ときには、影、こうしたネガティブな部分から目をそむけがちです。
 あるいは、こうした面を無理やり取り除こうとしがちです。
 というのも、人は自らの暗い側面、ネガティブな性質を見つめることをできるだけ避けたいからです。」


 世界は「影と対峙し、対決」する時代に突入しているのではなかろうか?
 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、麻薬撲滅の旗を掲げ、人権無視の殺戮を容認した。
 確かに犯罪者は減るだろうが、その一方で、どさくさ紛れに、自分にとって都合の悪い人間を殺す非道な殺人事件がどれだけ起こっているかわからない。
 これまで軍事行動を共にしてきたアメリカの大統領を「地獄に堕ちろ!」などと罵ることは常軌を逸している。
 アメリカの時期大統領トランプ氏の言動も異様だ。
 イスラム教徒やメキシコ人を嫌い、犯罪者として閉め出そうとしている。
 アメリカにいる白人そのものが移民であり、原住民を圧殺した人々なのに、後から来た移民を差別・軽蔑し、忌避するのはおかしい。

 両者共、「もう嫌だ!」と感じている人々の情念を煽り、地道な努力無しには実現され得ない共生や融和といった価値を無視するかのようだ。
 共生や融和の根拠となっている人権や自由や平等などの理念は吹き飛ばされそうになっている。

「影を排除してしまえば、薄っぺらな幻想しか残りません。
 影をつくらない光は本物の光ではありません。」


 グローバリズム一辺倒の資本主義は、「これさえやっていれば大丈夫」と原理主義的に世界を席巻してきた。
 一部の人々が太陽のように富と力を得る一方、抑圧される人々の影もまた深く濃くなってきたにもかかわらず、無視されてきた。
 ドゥテルテ大統領やトランプ氏の登場は、「影」からの逆襲を意味しているのかも知れない。
 

自らの影とともに生きることを辛抱強く学ばねばなりません。
 そして内に宿る暗闇を注意深く観察しなければなりません。
 ときには、暗いトンネルで、自らの暗い面と対決しなければならない。

 そうしなければ、やがて、影はとても強大になり、ある夜、戻ってきて、あなたの家の扉をノックするでしょう。
『帰ってきたよ』とささやくでしょう。

 傑出した小説は多くのことを教えてくれます。
 時代や文化を超える教訓です。」

 
 私たちに必要なのは、「自らの影とともに生きることを辛抱強く学」ぶことではなかろうか?
 さもないと、強大になり、コントロールから離れた影は、小説で主人公を殺したように、世界を破滅させるかも知れない。
 ほどほどの光と穏やかな影との共生を求めるならば、指導者も私たちも叡智包容力を持たねばならないと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト
2016
12.05

自衛隊員の本音 ─出征する覚悟、辞める無念─

2016-12-05-0001.jpg
〈善男善女の願いを込め、続けられる例祭の護摩法〉

 福島で出会った自衛隊員から話を聴いた。

 南スーダンへの派兵は、自衛隊からの離脱者を続々と生み出している。
 たまりかねた政府は、戦死した場合の弔慰金を6千万円から9千万円へ引き上げ、指示通り「駆けつけ警護」に当たれば1日2万3千円を支給するという。
 しかし、現場の本音は、金銭などではごまかしきれない問題の核心を衝いている。

 Aさんは日本を守ろうとして入隊した。
 もちろん、見知らぬ外国で戦死するつもりなどまったくなかったので、現在の自衛隊の動きは想定外だ。
 それに、現場ではたらく日本人から求められていないのに、戦闘要員として出兵させられることにも納得できない。
 災害時に請われ、丸腰ででかける時のような使命感を持ちようがない。
 国会では、南スーダンは戦闘行為が行われていない安全な場所だから、武装した自衛隊が出かけても安全だという議論が繰り広げられている。
 そもそも安全であれば軍隊は不要なはずだし、スーダン出兵がどうして国是である専守防衛になるのか。
 納得できないので、いくらお金を積まれようが自分のいのちはかけられないし、仲間がいのちをかけることにも耐えられない。

 もっともだと思わされた。
 次の話には胸を衝かれた。

 隊員は口を閉ざしたまま、共通のイメージを持っている。
 それは、最初に出る犠牲者はきっと、撃つ前に撃たれるということだ。
 厳しく訓練された隊員は、必ず命令で動くし、命令されないことは勝手にやらない。
 一方、戦闘が起こる時、撃てという命令は必ず、危機的状況から遅れて出されるだろう。 
 一発の発射が日本という〈国を背負った行為〉になることをよく知っている優秀な隊員たちは、自分のいのちに危機が迫ったからといって、指揮官でない者がバラバラに判断をくだすことはないと、互いに信じ合っている。
 だから、きっと、射撃命令が出る前に撃たれてしまうだろうというのが、若いまじめな隊員たちの共通認識だという。

 涙が流れた。
 現場の隊員たちにとって、これほどまでに切羽詰まった出兵であることを、どれだけの国民が認識しているだろう?
 安全な場所に征くのだから大丈夫だと主張している人々へ、〈真実を知って出かける〉彼らの本音を聞かせてやりたい。
 あるいは、崇高な理想を諦め、安定した収入を捨ててまで〈辞めないではいられない〉彼らの本音を聞かせてやりたい。
 しかも彼らは、やがて生じるであろう犠牲者が軍神として祭り上げられかねない日本の空気に恐ろしさを感じ、固唾を呑んで仲間の無事を祈っている。

 砲弾の飛び交うアフガニスタンでさまざまな活動を行ってきた医師の中村哲氏は「ペルシャワール会報」の10月5日号で述べた。

テロとの戦い』を声高に叫ぶほどに、犠牲者が増えました。
 そして、その犠牲は、拳をあげて戦を語る者たちではなく、もの言わぬ無名の人々にのしかかりました。

 干ばつに戮れ、空爆にさらされ、戦場に傭兵として命を落とす──アフガン農民たちの膨大な犠牲は、今後も語られることはないでしょう。
 私たちは、このような人々にこそ恩恵が与えられるべきだとの方針を崩さず、現在に至っています。
 多くの良心的な人々の支持を得て、事業は着実に進められてきました。
 PM5は、誰とも敵対せず、仕事を進めてまいります。


 彼らの地道な活動こそが、世界における日本の信用と価値を守っている。
 彼らは、自衛隊に来てもらいたいとは決して言わない。
 武器を持った敵対行為こそが最も危険であると、骨身に沁みて知っているからだ。

 南スーダンの気温は35度前後だが、作業現場の体感気温は50度にもなるらしい。
 日本の若者たちはそこへ征く。
 武器を携えて……。
 これからの日本を背負う若者が、戦争に加担するか、それとも無職になるかと悩んでいる姿はあまりに痛々しく、こうした日本をつくった世代の一員として、詫びる言葉も見つからなかった。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


2016
12.04

12月の守本尊は千手観音菩薩様です ─救われる時─

2016-12-04-0001.jpg
〈改装中の守本尊道場に、ようやく仏像が建ち始めました〉

 12月は、大雪(ダイセツ)と冬至(トウジ)の師走(シワス…12月7日より1月4日まで)です。
 12月は子(ネ)の月なので、守本尊千手観音(センジュカンノン)様です。

 千手観音〈センジュカンノン)様は天眼無礙智力(テンゲンムゲチリキ)をもって、人々の過去までも見通し、どのような因縁で、何に苦しみ何を求めているかを、無限の(仏教における「千」は無限を意味します)智慧の眼をもってご覧になり、無限の慈悲の手を差しのべ、お救いくださいます。
 ご供養し、ご守護いただき、1年の締めくくりとなる月を心豊かに、無事安全に過ごしましょう。

 千手観音〈センジュカンノン)様は、子年(ネドシ)生まれの善男善女を一生お守りくださる守本尊でもあります。
 身体においては、特に腹腰をお守りくださるので、お腹が不調の時などは真言を唱え、ご加護をいただきましょう。

「尊く聖(キヨ)き観世音(カンゼオン)○菩薩(ボサツ)の行を果たさんと○人間界に降り立って○衆生(シュジョウ)の苦しみ同じくし○衆生と共に喜びを○分かち合わんと哀愍(アイミン)し○衆生済度(サイド)に勤(ツト)め往(ユ)く。」


(尊く清らかで聖なる観音様は、菩薩としての務めを果たそうとして人間界に降り立ち、生きとし生けるものの苦しみを自分の苦しみと感じ、生きとし生けるものと喜びも分かち合いたいものだと切に願い、その救済に励む)

 観音様のお救いは、「そうしてはなりません、こうしなさい」と教えるのではありません。
 もしも病気で苦しむ人がいたなら、自分も病人に姿を変えて一緒に苦しみ、それにじっと耐えたり、花に憩いを感じてホッとする姿を見せるなどして、救われる様子を教えてくださるのです。

「善(ヨ)き人々よたとえ百○千万億の衆生(シュジョウ)あり○この世の中の諸々の○苦しみ受けて悩めども○観音菩薩の在(ア)るを聞き○その名至心に称(トナ)うれば○観音菩薩はその音声(コエ)を○即時に観じ応現(オウゲン)し○皆の解脱(ゲダツ)を得せしめん。」


(善男善女よ、無数の生きとし生けるものの世界にあっていかなる苦しみに悩もうと、観音様がおられると知り、その御宝号を一心に唱えておすがりするならば、観音様はその声をただちに聞いて願いを知り、そばに現れて皆をこの上ない安心の世界へお導きくださる)

 私たちは、何かを渇望する時、それを持っており分かち与えてくれるような相手にすがらないではいられなくなります。
 病気になれば、治す術を知っている医師のもとへ走り、お金が必要になれば、銀行へ走ります。
 そのようにして、お互いさま、おかげさま、と生きますが、いよいよどうにもならなくなった時には、「これが欲しい」ということではなく、〈救い〉そのものを求める気持になります。
 これが、おすがりするという状態です。

 だから、具体的な手段を失い尽くし、困り果てた人でなければ、すがらずにはいられないという状態はなかなか理解できません。
 そうしておすがりする者に対して、観音様はすぐさま追いつめられた状態から解放してくださるというのですから、まことにありがたいというしかありません。 
 それが信じられるかどうかは、そこに立ち至り、「南無観世音菩薩」あるいは「おん あろりきゃそわか」、あるいは千手観音様へ「おん ばざらたらま きりく」とおすがりした体験者にとってのみ、意味のある問いとなることでしょう。
 ちなみに小生は、幾度も〝もはやこれまで〟を乗り越えて今、生きており、信じている人の部類に入ります。

21080819 007

 写真は、永代供養を行ってご加護を受けるため、当山の講堂へ納められた千手観音様です。
 総丈は約35㎝あり、日本で唯一、護摩を焚いてできた灰が体内へ納められたご本尊様です。(奉納受付中)

 12月守本尊様をご供養しお守りいただきたい時、願いを成就させたいと念じる時、つらい時、悲しい時、淋しい時は、合掌して真言(真実世界の言葉)をお唱えしましょう。
 たとえ一日一回でも、信じて行なえば、必ずご本尊様へ思いが届きます。
 回数は任意ですが、基本は1・3・7・21・108・1080回となっています。

「おん ばざら たらま きりく」

今月の真言をお聞きになるにはこちらをクリックしてください。音声が流れます

※お聞き頂くには 音楽再生ソフト が必要です。お持ちでない方は、

 こちらから無料でWindows Media Player がダウンロードできます。





 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
12.03

Q&A(その32)自業自得なら廻向で救われない? ─因果応報と空の話─

2016-11-11-0191.jpg
〈四国の路傍に〉

 人生相談に来られたAさんから、ご質問をいただいた。

三回忌などの廻向(エコウ)って何ですか?
 仏教は自業自得ではないのでしょうか?
 どうして、あの世へ行った人が、この世の人の祈りで救われるのでしょう?
 それでは、死後に拝んでくれる人さえいれば、この世でさんざん悪事をやっても大丈夫、ということになりませんか?」

 もっともな疑問だ。
 お答えした。

「確かに因果応報なので、善きことを行えば善き報い、悪しきことを行えば悪しき報いがあり、それは皆、その人自身の問題です。
 ではなぜ、祈りの功徳を廻し向けられるのか?
 それは、ありとあらゆるものが本当は、いっさいの枠を離れた(クウ)だからです。
 また、私たちは、の内容をすべて把握できないことも考えておく必要があります。

 例えば、一輪のタンポポを踏んだとしましょう。
 それは一見、自分とタンポポの間で起こった小さなできごとにしか思えませんが、タンポポを当てにしていたハチやチョウチョにとっては、蜜を得る先がなくなったことを意味します。
 あるいは、タンポポの根元にいた小さなミミズまで一緒に踏み潰したかも知れません。
 また、花を踏んでしまったという小さな悔悟の念が、懺悔させ、慈悲心を育てるかも知れません。
 それまでは、いつも花を見つけたら踏まないように心がけていたはずなのに、つい踏んでしまった自分の注意力が散漫になっていると気づくかも知れないし、アッと思っても足が止まらなかったことに、〝自分は年をとってしまった〟と嘆くかも知れません。
 このように、ありとあらゆるモノもできごとも、無限の連なりの中で生じ、滅しているので、神ならぬ身には全体像など知り得ないのです。

 また、例えてみましょう。
 まず、自分のために勉強をすれば成績が上がり、精神も豊かになります。
 希望する進学も可能になるでしょう。
 これは自分に対して結果が出ている状態ですね。
 一方、病気で苦しむ人たちを見捨てられず、救いたいと一念発起して勉強し、首尾良く医師になって活躍するならば医療の力はどこまで及ぶか、はかり知れません。
 実は、御霊のために供養という善行(ゼンギョウ)の功徳(クドク)を回し向ける廻向は、後者の世界と同じです。

 我(ガ)にとらわれない清浄な心で、正しい方法を用い、そして相手を選り好みせず普く供養するならば、〈枠を離れた影響力〉は当然、あの世の相手へ届き、たくさんの御霊へ届き、供養する施主(セシュ)その人自身もまた、善き影響力によって苦や悪因縁から離れる機会になることでしょう。
 自分のために行う善行は小さな因果応報としての〈世俗的善行〉であり、相手を選ばずに行う善行は無限の力を無限に及ぼす〈菩薩(ボサツ)の善行〉であり、両方共に大切です。
 だから誰かへ供養のまことを捧げたいならば、特定の相手に向かって祈るだけでなく、無限の相手に対しても廻向の心で再度、手を合わせましょう。
 その際、イメージを明確にするための伝統的文章があります。

『願わくは、この功徳をもって普く一切へ及ぼし、我らと衆生(シュジョウ)と皆共に、仏道を成(ジョウ)ぜん』。

 こうして、の心で行う善行は、あの世にいる特定の御霊のためになるだけでなく、結果的に、生きとし生けるもの全体のためにすら、なるのです。

 お盆の故事を思い出してみましょう。
 神通力第一とされた目連尊者(モクレンソンジャ)が、あの世に行った母親の様子を観たところ、餓鬼界(ガキカイ)で苦しんでおり、自分一人では救いきれないからとお釈迦様へ相談に行ったのがきっかけでしたね。
 お釈迦様は、雨季の修行が終わったら皆で祈り、その功徳で救いましょうと指導され、その通りに母親が救われたからこそ、いまだに、廻向の祈りが続いているのです。
 きっと、お釈迦様も、行者たちも、の祈りを捧げたのでしょうね。
 私たちもまた、縁に応じて、心を広く持ち、尊い廻向となる供養を実践しましょう」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
12.02

一年と一周忌供養 ─あの世でもこの世でも救われる話─

2016-11-11-0067.jpg
〈四国の霊場にて〉

 一年は、人生の一区切りをはっきりと感じさせる長さである。
 来し方を振り返り、行く先を想う。
 亡き人に対してもそうだ。
 一周忌では「もう、一年が経った」と感じる人も、「まだ、一年か」と感じる人もおられようが、いずれにしても、はっきりと〈時間的区切〉を迎える。
 そこで勢至菩薩(セイシボサツ)が守本尊として故人を導いてくださることの意義は大きい。

 勢至菩薩は、その名のとおり、この上ない勢いでお救いくださるが、勢いの内容は智慧の光明である。
 百か日の観音様が無類のお慈悲で阿弥陀様のもとへ向かわせてくださる一方、その道行きが確かなものとなるよう智慧の勢いを与えてくださる。
 だから、大勢至菩薩、あるいは大精進菩薩(ダイショウジンボサツ)とも呼ばれる。

 御霊はその力で迷いを解きつつ、み仏の世界へ溶け込んで行く。
 一方、勢至菩薩へ祈るこの世の人々もまた、思慕・想い出・未練・感謝などが入り交じり、揺れ動く心にまとまりがついてくる。
 この世の人々も勢いのご加護をいただくのある。

 妻を亡くされたAさんは一周忌を迎え、言われた。
「何もかも妻に任せっぱなしでしたから、オロオロするばかりで、いまだに落ちつきません。
 それでも、妻が大事にしていた花に水をやりながら、枯らさずにここまで来ました。
 夢中で一年経ってみると、植物が何を求めているのか、ようやくわかるようになりました」

 夫を亡くされたBさんは一周忌を迎え、経典を唱えた後で言われた。
「この区切の日に、ご住職が何を言ってくださるか、とても楽しみにして来ました。
 日常生活の何もかもを私に頼るばかりだったあの世の夫に、勢至様が勢いをつけてくださると聞いて、とても安心しました。
 一緒に経典を唱えた私自身も、ご住職がいつも言われる生き直しが、ようやくできるような気になりました」

 勢至菩薩のお姿は、蓮華の蕾を左手に持ち、右手で開く勢いを与えている。
 蓮華菩提心(ボダイシン…悟りを求める心)の象徴であり、蓮華が徐々に開く過程は、阿弥陀如来の浄土へ向かう旅路でもある。
 それは何もあの世のことだけではない。
 御霊の冥福を勢至菩薩へ祈る清浄な心になった私たちも又、自心の蓮華を花開かせつつあるのだ。

 あの世では安心が増し、この世ではまっとうに、幸せに生きる力が増す一周忌供養を行うことの意義はまことに深いと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



2016
12.01

消えた因縁 ─心の檻(オリ)から脱した話─

2016-11-11-218.jpg
〈四国霊場にて〉

 積もりつつある落ち葉の上に小雨が降り、今にも雪に変わりそうなある日、人生相談で訪れた中年のAさんは、訥々と語り始めた。
 若い頃、父親に殺されかけた話から。

 熟した柿の木のそばで、ちょっとしたいざこざが起こり、逆上した父親が、「このやろう!」と鎌を振り上げた。
 無論、妻子のあるAさんは逃げた。
 父親は普段、決して暴力的ではなく、常識や良識も持ち合わせ、業界や町内で役員に推されるような人間だが、ある種のマグマを抱えているのは、学歴コンプレックスのせいかもしれない。

 百姓の家に生まれ、土方など、何でもやって生き延びてきた父親は、「裸一貫」が口癖で、IT企業ではたらくAさんとは人生観がまったく異なっている。
 とにかく、細くて長い節(フシ)がスルッとした指を持つ者は「汗を流さない」「本気ではたらかない」と決めつけ、信用しなかった。
 だから、病気がちな弱い身体と、よくはたらく頭脳を持ったAさんは、親子でありながら、信用できない者の範疇(ハンチュウ)に入れられていた。
 
 Aさんは〈生い立ちという檻(オリ)から出られない〉父親への軽蔑を育てつつ、そのことに苦しんでもいた。
 とにかく母親と協力して自分を育て、学校を出し、一人前にならせてくれたのだから、大恩人であることは重々、承知している。
 しかし、いくら恩を自覚しようと軽蔑は消えず、惚れ合い妻となった女もまたAさんと似た心理に陥り、家族間の葛藤は募る一方だった。

 多くの人に観音様のようだと称された母親は若くして他界しており、高齢になった父親も又、2年前、頑健な身体にガンを発症した。
 入院させ、金銭面ですべての面倒をみているが、夜半までの仕事が珍しくないAさんは、なかなか見舞いに行かない。
 たまに病室を訪れても、「何でお前のような子供に育ったんだろう」などと言われたシーンが繰り返し、思い出され、言葉も出ないままに息苦しい時が経つだけだ。

 通勤の途中、ビルの向こうに薄いを見た日、Aさんは初めて、お得意様Bさんの接待をした。
 BさんはAさんを高く評価し、受ける信頼はAさんの貴重なエネルギー源となっている。
 宴の終盤、酔ったBさんはやおら、「私は福島の出です」と前置きして民謡を唄い出した。

「ハアー 遥か彼方は 相馬の空かよ~」
 Aさんは鳥肌が立った。
 それは、Aさんがテストで全校のトップになった中学時代、夕食で一杯やった父親がちゃぶ台の前で立ち上がり、上機嫌で唄った時の姿そのものだった。

 福島県で百姓の五男坊に生まれた父親は、この「新相馬節」を十八番(オハコ)にしていた。
「なんだこらようと アー チョーイ チョイ」と唄う時は、すべてから解放されたとしか思えない無邪気な顔をしていた。
 Aさんは勝手に、〝きっと、自分が父親からこの民謡を聴かされた頃の少年時代に戻っているのだろう〟と考えていた。

 大恩人Bさんが唄い終える前に、涙をこらえつつ、Aさんは気づいた。
〝もう、消えた……〟
 ──自分でつくった〈そこから出られない〉心の檻(オリ)がなくなっている。

 上機嫌で更なる協力を約束してくれたBさんと堅い握手を交わし、乗り込んだタクシーを見送ってからAさんは決心した。
〝明日、父親の見舞いに行こう、(初めて)手を握ってやろう。
 俺の節がスルッとした指でもきっと、喜んでくれるだろう〟

※この文章は実話を元にていますが、プライバシー保護のため内容に手を加えたフィクションです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。