--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
11.07

『大日経』が説く心のありさま六十景 その16「阿修羅心(アシュラシン)」

 私たちの心にある仏性が輝こうとする時、邪魔をする曇りがあります。
 せっかく霊性が機関車としてはたらこうとしているのに、ブレーキがかかります。
 曇りをもたらす貪りや怒りや迷いを脱し、感謝や平安や智慧を獲得するためには、心の揺れ動いているありさまを正確に知る必要があり、『大日経』は、悟る前の曇った心模様を60の面から解き明かしています。
 その指摘を一つづつたどり、しっかり省みることにしましょう。
 第16回目です。

16 阿修羅心(アシュラシン)
 これは、自分がいと感じることに突き進む性向です。

「生死(ショウジ)に処せんと楽(ネガ)う」

 たった今、迷いのさ中にある状態そのものを根本から解決しようとせず、あくまでも自分が感じる不快を基準とする〈〉を求めてやまない心です。
「天心」は小さな我(ガ)が、自分の判断を正義として猪突猛進するのに対して、阿修羅心は、正邪善悪よりも不快を優先します。
 
 そもそも阿修羅はいかなる存在であるか、修羅界が生じた物語をたどってみます。

 正義の神阿修羅は同じ天界の住人として力の神帝釈天(タイシャクテン)と仲良くやっていました。
 そして、溺愛していた一人娘の舎脂(シャシ)をやがては帝釈天のもとへ嫁入りさせ、大連合軍を率いるのが夢でした。
 ところがある日、泉にいた舎脂を見そめた帝釈天はその場から強引に拉致し、妻にしてしまいました。
 修羅は烈火のごとく怒り、舎脂を取りもどすべく幾度も戦いをしかけましたが、いつも敗戦となり、怨みは深まるばかりでした。
 そこで一計を案じた阿修羅は、貢ぎ物として殺した大きなヒツジの身体にもぐりこんで帝釈天へ肉薄しましたが、あと一歩のところで舎脂を奪い返せません。
 悪の烙印を押された阿修羅は神の地位を奪われたあげく、天界から海底へと追放されました。
 阿修羅はやがて海底の王となり、修羅界をつくります。

 一方、帝釈天と睦まじく暮らしていても父親を思う心を捨てない舎脂は、阿修羅へ初孫となる我が子を見せたい一心で、城を抜け出します。
 ところが砂嵐に遭い、子どもは無事、阿修羅のもとへ届けられますが、気を失った舎脂は乗ってきた象に連れ帰らされます。
 阿修羅は、王子の身柄と引き替えに帝釈天の居城である善見城を明け渡せと迫りますが、帝釈天は阿修羅からの使者を斬り殺します。
 そこで阿修羅も泣く泣く我が孫を殺そうとします。
 しかし、砂嵐から幼子を救った者たちが秘かに連れ出し、ついに阿修羅軍と帝釈天軍の興亡をかけた最後の戦いが始まりました。
 結果はまたしても帝釈天の勝利となり、破れた阿修羅は深く沈み込みます。
 帝釈天は「怨みは解くべきものであり、結ぶものではない」と諭しますが、聞く耳を持ちません。
 そこで舎脂は、「私はもう、親元を飛び立ったのです」と阿修羅へ別れを告げます。
 このままではもう二度と娘とも孫とも会えないと悟った帝釈天は、やっと積年の恨みを離れ、怒りが解け去りました。

 しかし、殺生と怒りの罪は重く、まだ、修羅界にいます。

 この物語は、娘が自分の願っていた相手と一緒になり幸せに暮らすという結果を喜ばず、自分の思い通りにことが運ばなかったからといって起こした怒りと怨みを抱き続けた者の愚かさを教えています。
 また、娘に対する父親の複雑で抜きがたい思いも、一旦こじれた関係の修復を難しくさせています。
 いずれにせよ、阿修羅を突き動かしていたのは、拉致を許せないという正義感のようであっても、結局は「成り行きがおもしろくない」という〈不快〉の念であり、怨みを晴らして快哉を叫びたいという〈快〉を求めてやまない煩悩です。

 国宝の阿修羅像(興福寺)には、幾度も帝釈天へ挑み破れ続けた者の荒(スサ)みはあまり感じられません。
 むしろ、解けない悲しみ、あるいは、心を乱れさせてやまないやるせなさがにじみ出ています。
不快〉に苦しみ、結して手に入らない〈快〉を求めずにはいられない者の悲哀が強く胸に迫ります。

 自らを省みて、自分の身口意と本当の正邪善悪の関係を客観的によく観ましょう。
 この生ある間中、快不快を基準として思い通りに処してゆこうとする阿修羅心をぜひ、離れたいものです。

〈阿修羅像です(http://blog.loscut.net/images/dsad.jpgをお借りして加工しました)〉
dsad.jpg




「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。



[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。