FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
12.07

『四十二章経』第十章 五つの難事(その3)

2012120716.jpg
第十章 五つの難事 

仏(ほとけ)の言(のたま)わく、『天(てん)下(げ)に五(ご)難(なん)有(あ)り、貧(びん)窮(ぐ)にして布(ふ)施(せ)するの難(なん)、豪(ごう)貴(き)にして道(どう)を学(まな)ぶの難(なん)、命(みょう)を制(う)けて死(し)さぜるの難(なん)、仏(ぶっ)教(きょう)を覩(み)るを得(う)るの難(なん)、仏(ぶっ)世(せ)に生(うま)れ値(あ)うの難(なん)なり。』


4 仏教との縁が生ずることは困難です。

 第二番目に「権力や財力を持つと、謙虚さを忘れ尊大になって学ぶ姿勢を失いやすくなる」という指摘があります。
 そこまで行かずとも、普段の生活が何とかなっていれば、み仏へおすがりするという気持になかなかなれるものではありません。
 多くの方々にとって、宗教は関心や興味の対象や、せいぜい人生の指針にはなっても、生き方の柱になるというところまでは行かないものです。
 私自身をふり返ってみると、人生で第一番目の挫折を味わい行き先が見えなくなったおりに、あれこれと宗教の門を叩きましたが、とうとう納得は得られませんでした。
 結局、事業の失敗で何もかも失った時に唯一の道としてたち顕れ、その後の生き方を決定する真の縁となりました。
 たくさんの門を叩いたのは事実ですが、最終的に〈自分が仏教真言宗を選んだ〉という意識はまったく無く、み仏に縁の糸を結んでいただき、導かれたというしかありません
 お釈迦様は、こうしたありようを「仏教を覩(ミ)るを得(ウ)るの難」と説かれました。
 だから、こう誓ったりします。

「人身(ジンシン)受け難し、今、己(スデ)に受く。
 仏法聞き難し、今己に受く。
 この身、今生(コンジョウ)に度(ド)せずんば、 
 更に何(イズ)れの生(ショウ)に於いてか、この身を度(ド)せん」


(人間に生まれるのはなかなか困難だが、今すでに人間として生まれた。
 仏法を聞くのもまた、なかなか困難だが、今すでに学んだ。
 この身このままで現世に悟りを開かねば、
 いったい、いつ、悟りを開く機会を得られようか)
 そして、励むのです。

5 み仏がこの世におられ、直接お導きいただくのは困難です。
 
 悟りを開き解脱(ゲダツ)した釈迦様はみ仏となって人々を導かれ、56億7千万年後には、弥勒菩薩(ミロクボサツ)がお大師様と共にこの世へ現れ、最後の一人までをもお救いくださいます。
 その中間の期間は、この世にみ仏がおられないので、悩み苦しみ救いを求める人々の心の声に応じてお地蔵様を初めとして、さまざまなみ仏がお守りくださいます。
 だから、こう唱えたりします。

「二仏(ニブツ)出世(シュッセ)の中間(チュウゲン)に
 果報つたなく生まるれど
 いかなる宿世(スクセ)の種因(シュイン)にて
 解脱(ゲダツ)の時を得たりけん」


(お釈迦様が去り、弥勒菩薩様が降りてこられるまでの無仏時代に生まれ合わせたのは悲しい因果だが、
 いかなる因縁によってか、悟りを得るためのありがたい機会を得た)
 そして励むのです。

 み仏の教えに接し、よく考え、納得できるとは何とありがたいことでしょうか。
 ましてや、祈り、お救いを感得できるなどは最上の幸せです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。