--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.09

他人様を簡単に「切る」のはいかがなものでしょうか? ─お釈迦様は「口に斧がある」と説かれた─

001 (3)2
〈『兎野仙哉君』新バージョン2〉

201403090042.jpg
寺子屋『法楽館』では、活発なご質問などがあり、『四苦八苦の克服』についてのお話の後半は来月に持ち越しました。〉

 他人様の欠点(と思われるもの)をより強く、より激しく、より情け容赦なく、あげつらい、罵倒(バトウ)する場面がテレビの画面に溢れています。
 それも、麗々しく着飾った妙齢の美女(に仕立てあげられている人)が、柳眉を逆立て、あるいは冷血そのものに、いぎたなく他人様の人格や人生を〈切り〉、周囲がはやし立てる。
 こうした番組もあるのは、ある意味で社会が健全である証拠でしょうが、安易で無礼なこうした番組があまりに流行りすぎるのには、少なからぬ問題がありそうに思えてなりません。
 笑いながら受け流し、あるいは視聴者が面白がりそうな範囲で怒りながら反論し、またやられてしまう〈切られ役〉は、ギャラをもらう立場なので、うまく場面に溶け込み、シャンシャンとなりますが、現実は決して画面で見たとおりにはなりません。
 そして、大きな問題は、私たちの心が、見聞きするものによってはたらきかたを変化させるという事実にあります。

 もしも、ああすれば面白いと感じた子供が、同じような場面を教室でつくり出したならば、相手は気持が痛めつけられ、目に見えない血が流れます。
 表面的にはどうあれ、怒り、怨みも抱きます。
 決して、テレビの画面のように笑って受け流すだけで終わりにはなりません。
 決して、テレビの画面のように怒りがその場で収まってしまいはしません。
 決して、罵倒した子供の人格は向上しません。
 必ず、罵倒した子供の性格に曲がりが生じ、誰かの罵倒に耐えにくい心ができてゆきます。
 必ず、罵倒された子供の心に悲しみや、悔しさや、怒りや怨みや復讐心が澱のように溜まります。

 だから、お釈迦様は、「人は生まれながらにして、口に斧を持っているようなものだ」と説かれました。
 それで自他の心を切ってしまう愚かさに早く気づき、無用の血を流さぬようにしよう、それがこの世の〈苦〉をなくす方法であると教えられたのです。
 この世の苦をまぎらすべく作られたテレビの娯楽番組が、苦を忘れさせるひとときをもたらすだけでなく、新たな苦に結びつく心を育てている危険性があります。
 いかにおいしいフグも食べ過ぎれば、知らぬ間に身体を痛めつけ、まれに、死にも至るのです。

 故葦津珍彦(アシズウズヒコ)師は、不朽の名著『武士道』において、幕末の三舟(サンシュウ)と並び称された傑物、高橋泥舟(デイシュウ)、山岡鉄舟(テッシュウ)、勝海舟(カイシュウ)に関する逸話を紹介しています。

「宮内省(クナイショウ)が、維新のさいの進退功績についての調査をした。
 関係者は、それぞれに自己宣伝の調査書を出した。
 三舟は、一同にがにがしく思っていた。

 それで泥舟はたびたび催促されても文書を提出せず、出頭を命ぜられても行かない。
 鉄舟は、明治天皇の側近にも仕えた立場だし、宮内省から命ぜられたので出頭したが、文書は出さず、いろいろただされたが『一切失念してしまった』とだけ答えた。
 帰りにただ一語『調査するなら、うそは書き残さぬがいい』と警告していった。
 海舟は『おれは詳細、明確に、ありていに書いて出した』という。
 明治の功臣連中が、いつわりの自己宣伝な調査報告をするのを、にがにがしく思っていた心は同じである。
 だがその心の表現方法はまったくちがう。

 形からいえば、泥舟が徹底拒否だから、形だけで評すれば第一と思うかもしれない。
 しかし三人は三様、それぞれに立場条件がちがう。
 鉄舟は、泥舟とは異なり、君側奉仕の立場にあったのだし、宮内省へ出頭したのが当然だ。
 海舟は、旧幕から維新へかけての政治軍事の機密に関与したことが多く機密の事情に通じている。
 明確に立言することが、かれの立場としては、真実を確かめ、虚偽を排するにもっとも有効だと信じたのだろう。

 虚偽の功名をさげすみ、真実を尚ぶということが大切なのであって、その心をどう表明するか、それは三人の立場、因縁、性格、能力などによって、その形は、異なるのが当然。
 その条件を見ないで、形だけで優劣等差を論ずるのは当たらない。
 本心本意のままに動いたとすれば、その形は異なっても、そこに優劣はない。」


 この文章は、「武士としての人間的価値は泥舟第一、鉄舟これにつぎ、海舟もっとも劣る」という世間の評判について訊かれ、答えられた一場面です。
 事程左様(コトホドサヨウ)に、他人様の人生についての判断や評価は難しいものです。

 古人は「人の振り見て我が振り直せ」と言いました。
 他人の行いを批判するのはたやすいが、そんなことに精を出すよりも、「これはよくないな」と思った問題点が自分にもありはしないかどうか、我が身をふり返ってみようというのです。
 私たちの周囲を眺めてみましょう。
 他人を責める人ことに比重をかけている人と、我が身を省みることに比重をかけている人と、どちらが〈人格者〉でしょうか?
 どちらの方と、より長く、おつきあいしたいでしょうか?
 そして、私たちの本心は、どちらのタイプになりたいのでしょうか?
 見聞きするものに毒されないよう、子供たちを毒から守るよう、気をつけたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。