--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.30

友好についての考え方 ―日本と中国―

201403300011123.jpg

 3月28日、中国の習近平国家主席は、ベルリンでの講演において、日本を非難した。
 いわゆる南京事件で日本軍は「30万人以上を虐殺し」、太平洋戦争においては「3500万人以上の死傷者が出た」という。
 日本人としては承服しがたい主張である。
 そして、「中国人は自分にされたくないことを他人にしてはならないとの信念を持っている」そうだが、この半世紀、チベットにおいて中国共産党政府がやってきたことをふり返ってもらいたい。
 そうしたことごとをふまえてなお、隣国同士が友好的でありたいと願い続けることは欠かせない。
 PM2・5PM0・5、核による放射能、あるいは人工細胞など、科学文明が生み出すものの影響は、良かれ悪しかれ、地球規模で発生するからである。
 隣国の安全は自国の安全につながり、自国の安全は隣国の安全抜きには成り立ちにくい。
 友好という問題に対する現代なりの新しい感覚や考え方があってもよいのではないか。

 3月30日付の河北新報へ掲載された記事には、わけへだてせず万人の救済を願う仏教者としてだけでなく、こんな思いも込められている。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。