--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.18

他人を変える祈りが自分を変えた話

20140517007.jpg

 以前、職場の人間関係に悩み、同僚たちのためにも相手の人間性が変わって欲しいと切実な願いをかけたAさんは東京に住んでいる。
 Aさんは『法楽の会』と『ゆかりびとの会』へ入会し、遠くにいながら勉強し、祈り続けてきた。
 久方ぶりのメールにはこうあった。

「上司は朝一番の電車に乗り、工事現場については門を開けます。
 そして仕事が終われば、一番最後に門を閉めて帰ることになります。

 上司は、一番多くの種類の仕事をする現場の人間です。
 上司は、メンバーがミスをすればお客様に叱責を受けなければならないのです。

 上司は私達の体調を心配して、飲み物をくれたりしました。
 現場では、笑顔のことが多いかたです。

 上司は疲れていたと存じます。

 仕事を辞めたいと思っても辞められない立場のはずでございます。

 怒鳴り散らしたかったに違いありません。

 私達は上司の人格に問題があると考えて毛嫌いしました。
 相手の立場に立っておらず、感謝さえしませんでした。」


 そして、Aさんの短い文章は「上司の役に立ちたい」と結ばれていた。
 転迷開悟(テンメイカイゴ)とはこのことである。
 自分の心一つで、この世はじりじりと我が身を焼く地獄から、向上の機会に満ちた極楽へと姿を変える。

 もちろん、この世には、戦争や差別など、個人的な力だけでは抗しきれないほど巨大な社会的業(ゴウ)の集積が生む地獄はある。
 しかし、それもまた、解消しようとするならば、我が身がつくる業(ゴウ)を省みるところにしか真の端緒はない。
 戦争に対する想像力の欠如や争いへと傾斜する修羅の心や、あるいは自分よりも弱い立場の者へ対する高慢心や品のない自己顕示欲などを恥じ、懺悔した上で社会的業へ立ち向かえば、その刃には清浄な光が宿る。

 Aさんは確かに菩薩(ボサツ)の道を歩み始めている。
 Aさんの慈光は必ずや上司を変え、同僚を変えることだろう。
 お釈迦様やお大師様に会われた方がきっと、開ききっていない心の眼が見開かされたであろうように。

 北原白秋の『(サザナミ)は』を思い出した。

は誰が起すの。
 葦の根の青い鴨だよ。

 鴨の首月をあびるよ、
 みづかきがちららうごくよ。

 くろい影なんでうごくの。
 でこぼこの水の揺れだよ。

 おや、鴨はどこへいつたろ、
 波ばかりちららひかるよ。

 ほいさうか、鴨が見えぬか、
 あまり照る月のせゐだよ。」


 鴨は誰であろう、月は誰であろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。