--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.15

子供の名前はどうやって決めればよいのでしょうか?

20140614048.jpg
〈仙台市青葉区の『春廣堂』さんにあった薬入れ「朝のむ一錠夜の幸福、昼のむ一錠疲労回復、晩のむ一錠不老の道連れ」と読めそうです〉

20140614046.jpg
〈仁丹様のものを入れたのでしょうね〉

 昔から、我が子の命名に迷い、お寺を訪ねる方は少なくありません。
 当山の基本的な考え方は以下のとおりです。

 昔から「名は体を表す」と言われているとおり、名前はとても大切なものです。
 だからといって、名前に運命を決定する力があるわけではありません。
 最も考えるべきは、当然ながら、我が子の人生がどうあって欲しいかという親の希望であり、願いです。
 なぜなら、私たちは、見聞きする言葉や自分の発する言葉によって、無意識のうちに、心が重大な影響を受けるからです。

 当山では、亡くなられた方のお戒名を決める前に、必ず故人の人柄などをお聞かせいただいてから、ご本尊様へ祈ります。
 すると、親からもらった名前の影響を少なからず受けておられると感じます。
 友人や知人が述べるお別れの言葉などにも、しばしば、そうした感慨を抱かされます。
 たとえば、「真」という文字が入った人は真理や真実といった方面への関心を強く持ち、「善」なら、ものごとの善悪に関する意識、あるいは「美」なら、美しいものへの意識といった具合です。
 文字と言葉が持つ私たちの心への影響力は、思った以上にあるのかも知れません。
 たとえば、「ありがとう」という一言をよく口にする人と、口にしたことのほとんどない人の運勢や運命にいかなる違いが出てくるか、何となく想像できます。

 また、名前は〈個人のもの〉である一方、〈社会のもの〉であることにも留意しておく必要があります。
 名前は、親が決めたから名前になるのではなく、戸籍に登録されて生じると決められているのはそのためです。
 私たちは、社会人として認められ、責任を持っていきるために、いつも名札をぶら下げているようなものです。
 名前が社会へ与える影響も少なくありません。
 たとえば「善夫(ヨシオ)」さんが必ずしも善き夫であるとは限りませんが、私たちは「善夫さん!」と呼びかける時、意識しなくても「善」と「夫」のイメージは心のどこかで動いているはずです。
 たとえば「悪太郎(アクタロウ)」さんという人がいたとしたなら、どうでしょうか。
 せっかく善行にいそしんでいても、周囲から悪太郎と呼ばれれば当人の心に不要の波が立つだけでなく、周囲の人々にもまた、不要な違和感を覚えさせてしまうことでしょう。
 平成5年、我が子へ「悪魔」と名づけようとして裁判騒動まで起こし、やがて人生を破綻させた人がいました。
 今も、不適切とされている文字をどうしても使いたいからと裁判を起こす人が絶えないそうですが、人は人の間にあってこそ〈人間〉であり、いかに名乗るかは社会に生かされている存在としての責務であるということをよく考えてみたいものです。

 こうしたことごとを考え、ご本尊様へ祈れば、おのづから最も我が子へふさわしい名前が決まることでしょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。