--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.26

世界はカルマによってつくられているのか? ─「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」を読む(38)─

2014061800123.jpg
〈西馬音内盆踊り〉

 平成6年、ジャーナリスト大谷幸三氏は、インドのダラムサラにおいて、ダライ・ラマ法王への質問を数日間かけて行い、回答をまとめた。
 それがテキスト「ダライ・ラマ死の謎』を説く」である。

第6章 宇宙の法則 ―大宇宙の真実が語りかけるもの―

2 宇宙の創造

宇宙も輪のように継続していく

「仏教的な視点からビッグ・バンを見れば、ビッグ・バンもまたカルマの力によって起こったと考えざるを得ない。
 なぜなら、そのときすでに生きとし生けるもの、意識を宿した存在があったからである。
 この存在自体には、すでに述べてきたように、始まりもなければ終わりもない。
 したがって、それらはすでに存在していたことになる。」


 意識がいつから在ったのかは、誰にもわからない。
 考えれば考えるほど、元から在ったとしか思えない。
 人生相談では、自分の犯した罪に苦しむ方から、こうした質問をいただく。

「私が犯した罪は、一生背負って行かねばなりません。
 ああ、あの人に申しわけないことをした――と考え始めると、夜も眠れなくなります。
 私が人を深く傷つけてしまったのは、私の前世が極悪人だったからでしょう。
 事実、占い師から、あなたは前世で人を殺していますと指摘されました。
 このこともまた、変えようがありません。
 事件が公になり、世間の人々は皆、私が前世も今も悪人だと知っています。
 人の目が怖くて一歩も外へ出られなくなり、毎日、自分を責めています。
 死のうと思いましたが、こうした自分は来世もきっと、同じなのでしょう?
 死んでもどうにもならい……。
 もう、どうしたらよいかわかりません」

 いのちと心における因果応報を感じとっておられればこその苦しみである。
 そして、苦しみは、ご本人の意識にある。
 こんなふうにお応えしたりする。

前世で人を殺していない人などきっと、いませんよ。
 私たちは誰一人、残らず、乱世でもいのちの糸がつながっていたから、こうして今を生きているんです。
 自分が生き残るために、誰かを生き残らせるために、人を殺さねばならない時代は当たり前のようにありました。
 村田喜代子氏著『蕨野行(ワラビノコウ)』のように、姥捨て山もありました。
 柳田國男著『山の人生』のように、口減らしをしようと子供が殺されたりもしました。
 しかし、殺す一方で、助けたり、助けられたりもしたからこそ、いのちはつながってきたのです。
 だから前世を怖がったり前世にとらわれたりするのは、ほとんど意味がありません。
 考えるべきは唯一つ、悪(アクゴウ)の因果により悪行(アクギョウ)を行い、善(ゼンゴウ)の因果により善行(ゼンゴウ)を行いつつ生きている私たちは、未来に悪行を行わないために、今、悪をつくる悪行を行わず、善ををつくる善行を行わねばならないということのみです。
 自分の悪行や悪をふり返り、あれはダメだったと思うならば、これから先、もうやらねばよいだけのことです。
 やってはいけないことを骨の髄まで知ったあなたは、確かに、悪行から離れ救われる道を歩み始めておられます。
 お釈迦様の言葉が『法句経(ホックキョウ)』に残されています。

『過失(アヤマ)って悪を為すも、追い覆(カエ)すに善を以てせば、是(コ)れ世間を照らす、定(サダ)んで其(ソノ)宣(ヨロ)しきを念ぜよ』

(もしも、うっかり悪しき行為をしてしまったとしても、善き行為によって過ちをうち払ってしまうような生き方をすれば、やがては世間の人々を導く灯火にもなれよう。このことを忘れず、善行の実践をすべし)
 いのちも、心も、これまでずっと続き、これからもきっと続いてゆくことでしょう。
 因果応報は真理であり、この世での行いが原因となり、結果としてのあの世は必ず、やってくるに決まっていますから」

「その結果、宇宙に浮遊した粒子が集まり、古い宇宙を破壊して新しい宇宙を創造したのだろう。
 この宇宙もある一定の長さだけ存在し、結局、溶融して消え、ふたたび、みたび新しい世界、新しい宇宙を形作るであろう。
 となれば、やはりすべてには始まりもなければ終わりもない。
 あるのは輪のような継続のみである。」


 仏教は、因果応報による四相(シソウ)を説く。
 万物は生じ、留まり、変化し、滅し、やがてまた生ずるという循環を繰り返す生・住・異・滅 (ショウジュウイメツ)の思想である。
 個々のが個々の輪廻転生をもたらし、個々による業の総体としての社会的業が、社会や国家や世界の輪廻転生をもたらす。
 始まりもなく、終わりもない輪である。

「では、カルマこそが力であり、エネルギーであるのか。
 カルマが何かを創造する根源的な力だと考えられるのか。」


 因果応報の主役はカルマ、すなわち、影響力としての業(ゴウ)である。
 それならば、世界はカルマによってつくられているのか?




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。