--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.01

無常を知るのに早すぎるということはない    ―寺子屋の教え『実語教・童子教』を考える(その76)─

20140630030.jpg
〈それぞれに〉

 江戸時代まで寺子屋などの教材となっていた『実語教童子教』を読んでいます。

「いかに豪華な衣装であっても、必ずやってくるあの世へ旅立つ時の準備にはなりません。
 金銀も宝石も、ただ、自分がこの世にいる間の財宝でしかありません。
 ぜいたくな暮らしも、万事が意のままになる勢いも、ましてや、仏道の役には立ちません。
 高い役職を誇ろうとも、たかだか、この世での名声、譽れでしかありません。」

 以下、原文です。

「綾羅(リョウラ)錦繍(キンシュウ)は
 全く冥途(メイド)の貯えに非(あら)ず  
 黄金(オウゴン)珠玉(シュギョク)は
 只(タダ)一世(イッセ)の財宝 
 栄花(エイガ)栄耀(エイヨウ)は
 更(サラ)に仏道の資(タス)けに非(アラ)ず  
 官位寵職(チョウショク)は
 唯(タダ)現世(ゲンセ)の名聞(ミョウモン)」


「寿命の長い亀や鶴のようにと末永い契りを誓っても、露が朝陽に消えゆくように、儚いものです。
 仲の良いオシドリのように寄り添っても、身体が元気なうちのことでしかありません。」

 以下、原文です。

「亀鶴(キカク)の契(チギ)りを致すも
 露命(ロメイ)の消えざるが程は  
 鴛鴦(エンオウ)の衾(フスマ)を重ぬるも
 身体(シンタイ)の壊(ヤブ)れざる間(アイダ)」


「いかに恵まれた天界へ昇ろうとも、生死の輪廻を脱しない限りは、楽しみ続けられません。
 天界の王である梵天であっても、いつかは火や血や刀で苦しむ地獄への転生を免れません。   
 十もの徳を兼ね備えた長者スダッタですら、無常の鬼に連れ去られ、あの世へ行かねばなりません。
 七宝を用いてつくったたくさんの仏塔へ仏舎利を納めるほど福徳のあるアショーカ王すら、寿命をお金で買うことなどはできませんでした。」

 以下、原文です。

「忉利(トウリ)摩尼殿(マニデン)も
 遷化(センゲ)無常を歎(ナゲ)く  
 大梵(ダイボン)高台(コウダイ)の閣(カク)も
 火血刀(カケツトウ)の苦しみを悲しむ  
 須達(シュダツ)の十徳(ジットク)も
 無常を留(トド)むること無し  
 阿育(アイク)の七宝(シッポウ)も
 寿命を買うこと無し」


 無常の理は、「さあ、これから」と未来へ向かう姿勢の強い子供たちへ、きっちりと教えられていました。
 さまざまな勉強は、「官位寵職(チョウショク)は、唯(タダ)現世(ゲンセ)の名聞(ミョウモン)」と知った上で、蛍の光や窓の雪を便りに行っていたのです。
 おのづから、自分中心の小我(ショウガ)は抑制され、同じ無常を生きている周囲の人々への思いやりが醸成されていたのではないでしょうか。

 明治33年に生まれた世界的物理学者中谷宇吉郎は、パリからベルリンへ旅立つ時、同じくパリで勉強している数学者岡潔から、大きなカレイをごちそうされました。
 中谷は、好意に感謝するのではなく「岡さん、アメリカン・マーチャント(アメリカ商人)のようなことをしなさんな」と10回以上、叱りました。
 また、臨終を迎えた中谷は、奥さんへ子供たちに対する注意を述べ、自分が非常によくしてもらった礼を言い、「静子、他人(ヒト)には親切にするものだよ」と言い遺しました。
 岡潔は、このできごとが「小さな親切運動」の発端であると書いています。

 最近、NHKテレビでこんなシーンを見かけました。
 東日本大震災のおり、フィリピン人女性が大勢の日本人に混じって津波から避難していました。
 ようやく救助隊が到着しましたが、彼女は「私はフィリピン人だから、すぐに助けてはもらえない」と思いました。
 ところが、見知らぬ日本人から「一緒に行こう」と声をかけられたのです。
「ああなると、フィリピン人も日本人もなくなるんですね。
 助けてって言えば、助けてもらえるんだなあと思いました。
 そして、ここなら、この先、何とかなるって感じました。
 だから、気仙沼でやってゆこうと決心したのです」
 彼女は今、介護士をめざして特訓中です。

 こうした日本人の心の麗しさはどこから来ているのでしょうか。
 無常を知ること、そして、誰しもが無常を生きる存在として平等であると気づくこと、そして、そこから温かな思いやりを生じること。
 『実語教童子教』が、そうした心の流れをつくる〈深山に潜む泉〉の一つであると思われてなりません。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。