--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.18

お不動様の剣について

201408150018.jpg

201408150022008.jpg
〈仙台市青葉区桜ヶ丘にある骨董店『春昼堂(シュンチュウドウ)』の店主です〉

 8月15日のお盆供養会において、例年どおり隠形流(オンギョウリュウ)居合の奉納剣を行ったところ、翌日、例祭へご参詣になられたAさんからご質問をいただきました。

「法楽寺さんは『不戦日本』を掲げながら、どうして戦う剣を揮(フル)うのですか?
 お不動様の剣と関係があるのですか?」

 お答えしました。

「そのとおりです。
 たとえば小さな子が大きなヒマワリにつられて崖の方へ走って行ったとします。
 あぶないよ、と教えても止まらなそうであれば、大声で、こらっと叫び、びっくりさせ、怖がらせてでも足を止めねばなりません。
 泣いてしまっても仕方がありません。

 み仏は、おはたらきによって三種類に分けられます。
 大日如来は悟りの境地そのものを示しておられる自性輪身(ジショウリンジン)、大日如来の悟りの内容を説く般若菩薩(ハンニャボサツ)が正法輪身(ショウボウリンジン)、叫ぶ人のように、救いとなる教えに耳を貸さず破滅へ向かう者を力づくでも救うお不動様は教令輪身(キョウリョウリンジン)です。
 いのちの世界から子供より先にこの世へやってきた母親が子供を優しく導き、一方、父親は厳しく導くようなものです。
 般若菩薩(ハンニャボサツ)と聞いても、あまりピンとこないでしょうが、皆さんになじみの深い『般若心経』は、観音様がこの菩薩様のお心を理解して悟った内容を説いているのです。

 当山が揮(フル)う剣はお不動様の剣です。
 行者自身から離れがたい心の魔ものを切り、同時に、守本尊様と私たちの間で邪魔する魔ものたちを断つ破邪の剣です。
不動明王讃歎経(サンタンキョウ)』には、こう説かれています。

『その形相(ギョウソウ)の恐(おそ)ろしや○されど内(ウチ)なるこの尊の○菩提(サトリ)の心さにあらず○正しき道を歩めども○苦労ばかりで報われぬ○哀れ悲しき人々を○必ず救う慈悲心と○実行力を秘めしこと○信じひたすら帰依(キエ)すべし』


 お不動様の恐ろしさは、強さの顕れです。
 不条理な世の中でいかに追いつめられようと、必ずお救いくださるのです。
 夫婦げんかして妻を殴ろうと思った時に、お不動様の真言が口から流れて拳を解いた方、高速道路でスピンし、車は全損になったのに少しのケガで助かったご信心の方など、ご縁の方々からいただいたありがたいご報告は挙げきれません。
 どうぞ、ご信心を続けてください。
 当山も〈戦わざる日本〉を目ざし、戦いをしかける者に戦わずして勝てるよう、お不動様を信じ、自分を鍛えながらがんばります」




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。