--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.21

認められ救われる世界『思い出のマーニー』

201408210001.jpg
〈『思い出のマーニー』オフィシャルサイトよりお借りして加工しました〉

 映画『思い出のマーニー』には感心させられました。
 複雑な家庭環境の影響で心を閉ざしがちな杏奈は、持病の喘息を治そうと、おじさん夫婦の住む海辺の町へ行きます。
 海の幸、山の幸に恵まれた場所で、夫婦は木彫りや畑仕事で気ままに暮らし、杏奈の行動も縛らないので、杏奈は好きな絵を描き、散歩をして過ごします。
 ある日、入り江の奧にある古い洋館で、金髪の少女マーニーに出会います。
 デジャ・ヴを伴った不思議な出会いは、二人を強い信頼感で結びつけます。
 自分で自分を嫌っていた杏奈は、「あなたのことが大好き」と認めてくれるマーニーに初めて心を開きます。

 この世ならぬ気配の洋館に現れたマーニーもこの世ならぬ存在でした。
 思いがけないできごとの連続で、二人に別れの時が来ます。
 自分を救ってくれたマーニーから、急な別れを許して欲しいと言われ、杏奈は心から許すことによって、今度はマーニーを救います。
 マーニーへ心を開いた杏奈は、継母にも周囲の人々にも心を開いている快活な女の子へと変身し、思い出の港町を去るのです。

 ここにある4つの救いを考えてみましょう。

1 大自然

 おじさんの家の周囲に広がる光景は、そこにいるだけで心身を解放してくれます。
 疲れ、ささくれ立った神経に何一つ障りとならない大自然は、本来、自然の一部である人間を、大海原に落ちた一滴の雨粒のように同化します。

2 不干渉のおじさん夫婦

 人のよい夫婦は、杏奈が田舎の子とぶつかろうが、夜に帰宅しようが一切構わず、詮索もせず、ありのままに認め、信頼できる家族として扱ってくれます。
 信頼しているがゆえの放置は、放置されている側にとって、自分が信頼されている証(アカシ)と感じられます。
 普段の私たちは、相手を思いやるがゆえに、口出しし、手出しし、詮索しますが、思いやられる側の気持次第で、それらがうるさいお節介であり、自分への不信の証(アカシ)と感じられたりします。
 そうかと言って、悪意や無関心による放置はもちろん、あってはならないことであり、このあたりは家族間の人間関係にあっても難しいところです。

3 自分を好いてくれるマーニー

 性格の歪んだ自分に自己嫌悪を懐いている杏奈にとって、「大好き」と無条件に認めてくれるマーニーは、杏奈からも「大好き」と無条件に認める心を引き出し、相手へ向かう温かな心は、閉ざされた世界を開くかけがえのないドアになりました。
 誰にも話せない辛い体験や気持を打ち明けるという重要なできごとも、ドアの先に待っていました。
 たくさんの善男善女がさまざまな願いを持って当山を訪れます。
 若い女性に断然多いのが、「好きな人とつき合えますように」「すてきな人と出会えますように」といった異性との出会いです。
 そうした願いの中には、きっと、自分を認めて欲しいという隠された切実な願いが含まれているのでしょう。

4 祖母の思いやり

 幼い杏奈を見守ってくれていたおばあちゃんが、秘密の役割を果たしていました。
 そもそも祖父母との関係は、同じ家族といっても、親子関係とはまったく異なっています。
 第一に、親にとって子供とは、自分の人生の大きな部分をかけていながら、必ず自分の世界を見つけ〈巣立って行く〉相手ですが、祖父母にとってとは、〈後を託す〉相手です。
 この場合の「託す」とは、具体的に自分の面倒を見てもらったり、何かをさせたりといった意味ではなく、自分が亡くなった後もこの世を存続させ、自分が持っている希望のなにがしかも、その心のどこかに残せるのではないかという漠然とした期待感を意味します。
第二に、おそらく多くの親は、自分の子供について、育て方が間違っていた、とか、もっとああしてやればよかった、とか、なぜこういう子に育ったのだろう、などといった〈失敗〉のイメージを多かれ少なかれ持っているはずです。
 子育ては万全だったなどという例はあまりないでしょうし、もしも親が本当にそう思っていると聞けば、「よかったですね」と言いつつも、薄ら寒いものを感じてしまいそうです。
 そうしたわけで、祖父母は、を〈無条件〉に受け容れる気持を持っています。
 だから、親は、「あまり、甘やかさないでください!」と怒らず、我が子がお祖父さんやお祖母さんから無条件に信じられ、認められ、教えられ、与えられ、守られる体験を許してください。
 祖父母がに与えるのはモノ金でなく、まさしく、自己中心という穢れの伴わない〈完全な優しさ〉を一身に受ける体験です。
 優しさ体験は、幼い心に眠っている優しさの種へ清浄な水や、きらめく光や、嬉しい暖かさや、成長する養分を与え、芽が出る力となるのです。
 もちろん、実際に子供を育て、守り、一人前の大人にする責任も喜びも親にあり、親は日々、現場に起こる幾多の困難や葛藤も乗りこえて役割を果たしますが、祖父母の目立たない補助的な役割へも目を向けてみる必要があるのではないでしょうか。

思い出のマーニー』は小さな救済の物語ですが、不思議なできごとによって開かれたドアの先には、万人を救う優しさの世界が広がっています。
 親も子も祖父母もも恋人も夫婦も友人も、皆さんへお勧めです。
 もちろん、一人で観て嬉しい出会いを夢想するのも大賛成です。
 優しさバンザイ!




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。