--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.12

ダライ・ラマ法王の「『転生』廃止宣言」

201409110008.jpg
〈「ダライ・ラマ死の謎』を説く」よりお借りして加工しました〉

 9月11日、新聞各紙は、ダライ・ラマ法王の「『転生廃止宣言」を報道した。
 これは、現在のダライ・ラマ法王が〈最後のダライ・ラマ〉となることを意味する。
 以下は産経新聞による。

「チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世(79)が、ドイツ紙ウェルトとの会見で、自身の後継問題をふまえて『チベット仏教の転生制度を廃止すべきだ』と述べたことが、波紋を非広げている。
 中国外務省の華春瑩報道官は10日の記者会見で『発言はチベット仏教の正常な秩序を大きく損なうもので、中央政府と信者は絶対に認めない』と反発し、転生制度の維持を求めた。」
「中国政府は、無神論を信奉する共産党の一党独裁ながら、チベットでの転生制度を容認。
 高位の活仏だったパンチェン・ラマ10世が1989年に死去した後は、ダライ・ラマ側と競う形で光景の霊童探しが展開され、中国政府『公認』の候補が『パンチェン・ラマ11世』となる一方、ダライ・ラマ側が選んだ別の少年は行方不明となった。」


 チベット仏教の精華を権力維持とチベット弾圧のために利用しようとするなど、あってはならない蛮行である。
 聖なるものを破壊し、俗化させ、消滅させようとする政策に耐えられないチベットの人たちは、焼身自殺をもって抗議し続けている。
 そもそも、ダライ・ラマ法王は、平成6年に出版された「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」の最終章で、こう述べている。

「最後のダライ・ラマになる覚悟はある

 私自身、ダライ・ラマ個人として、私自身の未来には何ら関心はない。
 ダライ・ラマという制度にも関心はない。
 ダライ・ラマという制度は人が創り出したものでしかない。
 長い年月、人々はダライ・ラマという制度になんらかの有効性を認めてきたというだけのことである。
 だからこそ、この制度は生き残ってきた。
 もし、人々がダライ・ラマの制度が過去の遺物となり、時代にそぐわないと判断すれば、それはそれでいい。
 自動的にこの制度は消滅するだろう。
 私はその存続にいかなる努力もする意志を持たない。
 もし、私のこの生命があと数十年ばかり続き、もし、人々がダライ・ラマの制度を不必要と感じるようになったなら、それはそれまでのことである。
 私は最後のダライ・ラマとなることに、いかほどの痛痒も覚えないだろう。
 私は一個の仏教徒であるのみだ。
 人間は本来すばらしい知性と情感を有している。
 このふたつが相携えて働くなら、正しい方向に向かって進むなら、人類愛や慈悲心がそこには湧き出てくるはずである。
 本当に大切なことはそれだけだ。」


 この件に関しては、以下のブログへ書いた。

 本当に大切なものは何か? ─「ダライ・ラマ『死の謎』を説く」を読む(45)─
 http://hourakuji.blog115.fc2.com/blog-entry-4267.html

 ダライ・ラマ制度がいかなるものであったか、ダライ・ラマ14世はいかなる活仏(カツブツ…生き仏)であったか、中国政府はいかに非人道的な政治を行ったか。
 こうしたことごとはいずれ、後世において明確になることだろう。
 法王が説かれた知性とは、道理をもって考える力であり、情感とは、天地万物と感応する力である。
 二つがきちんとはたらく環境世界であって欲しいし、そうした環境世界をつくりたい。
 私たち一人一人がそう願って精進する以外、仏教と人道における現代最高の叡智が世界中へ与えた宝ものに対する報恩の道はない。
 その先に、チベットの解放がもたらされますよう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。