--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.13

死なないで!叫びの主は……

2014101300012.jpg

 ある朝、「一心祈願不戦日本」を祈っているうちに「死なないで!」という若い女性の声が飛び込んで来た。
 耳に聴こえたわけではない。
 意識の中へ突然、生じたと言った方が正確だ。
 誰の声かは、わからない。
 3240回を唱え終え、浮かぶイメージがあった。
 轟音のとどろく戦場で負傷兵を治療する看護婦さんたち。
 沖縄の激戦に参加し、散華した沖縄県立第一高等女学校の生徒「ひめゆり」である。
 もともとは「姫百合」であり、他校の学徒隊もあったことから、戦地では「学生さん」「学徒さん」と呼ばれており、戦後になってから、ひらがなで「ひめゆり学徒隊」と書かれるようになった。

 しばらく、「不戦堂」から出られなかった。
 思い違いを思い知らされたからである。
 自分の祈りが広がり、皆さんにも共に不戦を祈っていただけるようになればと願って始めたが、まず、〈共に〉祈るのは生者よりも死者でなければならなかった。
 お盆の時期に、不戦を祈り、不戦堂という場を造ろうと決心したのは自分だと思っていたが、実際は、死者たちの願いが集まり、そうした想念に結晶したのだった。
 である以上、御霊へこそ想いを向け、偲びつつ、この祈りは続けられねばならない。

 10月9日、最高裁第1小法廷は、アスベスト訴訟において、国の賠償責任を認める初の判決をくだした。
 平成21年、ブログ「想いの記」へ、たった一人でアスベストによる公害から区民を守った千代田区役所職員加藤哲夫(61歳)氏のことを書いた。
 東京都の職員だった氏は、職務中に「石綿がむきだしの古い立体駐車場では、車が中を移動するたびに飛散するのでは」と気づいたが、誰も一緒に立ち上がる者はなく、たった一人で行動し、ついに、アスベストの撤去費用を国土交通省から引き出すに至った。
 氏を動かしたのは損得勘定でも、名誉欲でもない。
 責任感であり、志である。
「命の問題。今動かないで、30年後に肺がん患者を出したら区民に申し訳がたたない」

 生涯かけて水俣病と闘い続けている作家石牟礼道子氏は『苦海浄土 わが水俣病』で第1回大宅壮一ノンフィクション賞に選ばれたが、受賞を辞退し、一身をかけて行動している。
 平成25年10月、天皇、皇后両陛下が初めて熊本県水俣市訪れ水俣病患者と懇談することに先立ち、氏は7月に初めて皇后陛下と会った。
 故鶴見和子を偲ぶ会で皇后陛下と並んで座った氏は、「水俣にはまだまだ問題が残っています。患者の苦しみに思いを致していただく機会になればと思います」と懇請し、皇后陛下は、パーキンソン病を患う氏の皿へ料理を取り分けながら、水俣を訪れる約束をされたという。
 
 平成19年、柴田昌平監督は、13年かけて学徒隊の生存者から聴き取りしたドキュメンタリー映画「ひめゆり」を完成させた。
 イデオロギーからも、興業性からも離れ、事実と真実を伝える映画である。
 関係者からのご理解をいただき、11月8日の寺子屋法楽館で自主上映したいと願っている。
 一人で祈りつつ、広く戦争の真実に触れていただく機会も作り続けたい。
 何としても不戦日本を続けたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。