--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.21

子供たちの3人に1人が味覚障害者 ―秋風や夕餉(ユウゲ)の箸(ハシ)の手くらがり―

201410210009.jpg

NHK様からお借りしてコピーしました〉

 NHKのニュースには驚いた。
 スポットライトを浴びて登場したはずの大臣が辞職しても、もはや眉一つ動かさなくなりつあるが、子供たちの3人に1人が味覚障害を持っているとは、本当に驚いた。
 マクドナルドなどファストフードによって、画一的で甘味と脂肪の旨みに慣らされてゆくことの栄養学的危険性と文化的危険性は重々承知していたが、味の濃さによって味覚がダメージを受けていたとは、本当に驚いた。

 味覚が発達するのは子供の頃で、特に10才前後の味覚は最も鋭いという。
 そこで、東京医科歯科大学の植野正之准教授の研究グループが、埼玉県内の小学1年生から中学3年生までの349人を対象に「甘み」や「苦み」など、基本となる4つの味覚を認識できるかどうか調査した。
 結果は以下のとおりである。

・酸味を認識できない…21% 
・塩味を認識できない…14%
・甘みを認識できない…6%
・苦みを認識できない…6%


 いずれかが認識できなかった子供は107人(全体の31%)である。
 こうした子供に共通している傾向は、「ジュースを毎日飲んでいたり、野菜の摂取が少なかったりしたほか、ファストフードなどの加工食品を好む」というものである。
 植野正之准教授は指摘した。

味覚が認識できなくなるとさらに味の濃い食品を好んだり食事の量が増えたりするため、食生活の乱れや生活習慣病につながるおそれがある。
 子どものたちの味覚を育てることが必要だ」

 
 目も耳もない最も単純な形のアメーバは、感じとる対象を2つに分けて生きている。
 食べ物か、そうでないか。
 ご先祖様は食べられるか食べられないか、食べてみて危険なものを言い伝えてくださった。
 人は最期が近くなると食べられなくなり、衰弱へ向かい、やがて向こうへ旅立つ。
 味覚は、生きものとしての根源的感覚である。
 それが破壊されているとは深刻な事態である。
 結果の出ていることには必ず原因があり、悪しき原因は取り除かねばならない。
 私たちは、食生活の習慣を粘り強く、改めてゆかねばならないと思う。
 私たちがどう生きるかということは、何を残すかということでもある。
 子や孫や子孫のためによき食生活の習慣を残し、伝えたい。

 小説家永井荷風は詠んだ。

「秋風や夕餉(ユウゲ)の箸(ハシ)の手くらがり」


 秋風が吹く頃、独りで夕飯を食べている。
 箸を持つ手の先へ視線は届かず、暗がりになっている。
 箸を動かすにつれて動く影法師は、いのちのない生きもののようだ。
 人が独り、生きるということは、こうした営みを続けることに他ならない。
 この真実が観えた時、味覚が貧しかったならば、心はどうなろうか?

 子供の味覚が健全に育たない社会は恐ろしい。
 そして、もしも母親が生活的に追い込まれているがゆえに子供の味覚を育てられないとしたなら、あまりにも哀しい社会ではないか。
 真に女性尊厳を尊ぶならば、キラキラしい人々にかまうことはない。
 能力や経歴や美貌や資産のある人々はそれなりに生きる場をつかみつつ生きるだろう。
 問題は、尊厳が危うくなっている大衆の側にこそある。
 華々しい「経済発展」が叫ばれている中での悲惨な子供たちの現状は、問題の深さを示している。
 子供たちと女性たちを見捨てられようか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。