--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
12.04

なお翔ぶは凍てぬため愛告げんため ―折笠美秋の凍てつかぬ愛―

201412040001.jpg

 俳人折笠美秋(オロガサビシュウ)は昭和57年、48才で筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、8年の闘病後、世を去った。
 現在のように機器が発達していない頃、微かに動かせる目と口のみを伝達手段とし、最期まで俳句を詠み続けた。
 そして残りの力を振りしぼり、書き取り続けたへこの句を贈った。

「なお翔ぶは凍てぬため告げんため」


 たとえ身体は動かずとも、心はなお、活動し続けている。
 凍てついてはいない。

のうち吹雪いているのかもしれぬ」
「いちにちの橋がゆつくり墜ちてゆく」
「目覚めがちなる碑あり我れに眠れという」


 死はすでに実感されつつある。

「微笑がの慟哭雪しんしん」


 がつくる笑顔に隠された嘆きも手に取るようにわかる。

 それでもなお、新聞記者を務めた強靱な精神はへこたれない。
 いのちがあるとは、魂が常に飛翔していることである。
 その力をもたらしているのはであり、飛翔は、そのへ応えるで終わっている。

「七生七たび君を娶らん吹雪くとも」


 幾度、生まれ変わろうと、いかに過酷な境遇であろうと、自分のは君しかいないと詠む。

「逢わざれば逢いおるごとし冬の雨」


 が目の前にいなくても、心身を凍らせるような冬の雨が降りしきっていようと、一緒にいるという安心感はびくともしない。

「ひかり野へ君ならに乗れるだろう」


 自分はすでにあの世に真冬を観ているが、これほどのを持った君ならきっと、自由なとなり、ヒラヒラと光明の世界へ入って行けるだろう。

「覚悟とは甘えのことぞ冬残照


 この句については、すでに、ブログ「覚悟とは甘えのことぞ冬残照 ─死を正面に観た俳人折笠美秋─」へ以下のように書いた。
 冬の残照は有無を言わせない。
 非現実的なほど圧倒的な赤紫。
 人の世が燃やされる火事を映すかのような葡萄色に染まった空は徐々に黒く塗りつぶされ、西の山のあたりに余韻を残しながら、残照は去る。
 そして、のっぺらぼうな闇がやってくる。
 血潮の流れる五体をかけて誓う覚悟という気負いなぞ、何の苦もなく塗りつぶされる。
 あまりに確かな死によって。

俳句思う以外は死者かわれすでに」


 折笠美秋には最期まで俳句があった。
 最期まで俳句にかけた。
 俳句をもたらす想念は、もはや、一個の生きものと化し、折笠美秋そのものになっていたのだろう。
 仏法が説く「五力(ゴリキ)」の一つである念力の真骨頂である。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。