--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.08

第五十九回寺子屋『法楽館』 ─阿弥陀如来と光明真言のお救い─

201501080002.jpg

 平成26年8月9日の「第五十四回寺子屋法楽館』」において「懺悔と救い」と題し、短いテキスト『安心章』についてお話ししましたが、今回は、12章に分かれた詳しいテキストについて、わかりやすいお話と自由な質疑応答などを行います。

・日   時:平成27年1月10日(土)午後1時30分より3時30分まで
・場   所:法楽寺講堂
・ご志納金:千円(中学生以下は五百円)
・送   迎:午後1時に地下鉄泉中央駅そばの「イズミティ21」前から送迎車が出ます。乗車希望の方は、必ず前日午後5時までに電話などにてお申し込みください。

 今回は『安心章』の第四章から第五章まで、簡単に記しておきます。

4 弥陀(ミダ)本誓(ホンゼイ)

 阿弥陀如来は、根本仏大日如来のおはたらきの一部を受け持たれ、この世で祈る私たちをお救いくださるのみでなく、死者を極楽浄土へお導きくださる主尊でもあります。
 大日如来を中心とし総体とする四仏のうち、西方におられ、私たちがそれぞれ異なる唯一の生を生きているさまをご覧になられます。
 無料寿如来(ムリョウジュヌオライ)とも呼ばれるのは、無始無終、永遠に説法しておられるからであり、誰でも、どこでも、身口意(シンクイ)を一つにして祈るならば、その時、その場で救われます。
 智の世界を示す金剛界のマンダラにおける阿弥陀如来は、存在するものの違いを見分ける徳を司り、理の世界を示す胎蔵界のマンダラにおける阿弥陀如来は、悟りを証する徳を司ります。

 阿弥陀如来を念ずる道は3つあります。
 一つは、応身(オウジン)の念仏といい、安心などを求めるこの世における私たちそのものの立場で祈ること。
 もう一つは報身(ホウジン)の念仏といい、悟りを開いて極楽浄土の主となられたことを信じて、その世界を目ざし、祈ること。
 もう一つは法身(ホッシン)の念仏といい、阿弥陀如来そのものを表す真言と一体になり、ただちに浄土の住人となること。

 阿弥陀如来の説法は自由自在です。
 まず、言葉の意味を知り尽くしておられます。
 また、仏界の教えを知り尽くしておられます。
 また、いかなる種類の言語も知り尽くしておられます。
 そして、願いに応じた救いとして最も適切な言葉を選べます。

 阿弥陀如来はいつも私たちの無明(ムミョウ)、煩悩(ボンノウ)を打ち砕く言葉をもって説法しておられるので、私たちが至心にその真言を唱えれば、必ずや智慧と慈悲の光明が心に射してくることでしょう。
 大切なのは、死んでから浄土へ行くことではありません。
 今ここで自分が浄土の住人であることを感得できれば、最も確実に救われます。

 経典は説きます。

「真言を誦(ジュ)すれば、則ち、如来の語と相応(ソウオウ)す」


 信じて祈る私たちの言葉は、そのままに、み仏の救いに満ちた言葉なのです。

 こうした阿弥陀如来であり、三回忌には極楽浄土へと直接、招き入れるみ仏なので、宗派を問わず、死者の成仏を願い祈られています。
 もちろん、いかなる宗教宗派を信じていようと、信じていまいと、まごころですがる人をお救いになられないはずはありません。
 だから、当山では相手様を選ばず、三回忌のご供養を求められる方々のため、至心に阿弥陀様の修法を行っています。
 また、よき人生であることを願う以下の方々のために行う修法を司ります。
 戌亥(イヌイ)年生まれの方。
 北西へ向かう方。
 2・11・20・29・38・47・56・65・74・83・92・101才の方。
 10月、11月に問題があったり、勝負をかけたりする方。
 戌の日や亥の日に引導を渡される方。
 足に不調のある方。
 行きたい場所へまちがわずに早く到達するよう望む方。
 御霊の供養を願う方。

5 光明真言(コウミョウシンゴン)

 第四章までに、み仏のご誓願を述べたので、今度は、あらゆる真言の徳が泉のようにあふれる光明真言(コウミョウシンゴン)へ移ります。
 経典は説きます。

「もしも人々がこの光明真言を自分の耳から聞くならば、一切の罪障が消滅する」

 
 光明真言はあらゆるみ仏の福徳智慧を網羅(モウラ)しており、この真言を聞いたり、光明真言マンダラを見たりすれば、無明と煩悩のために罪障を重ねている私たちに、それらを解消できるほど強力な善き影響力が生まれ、み仏の五智の光が輝き出して、生きているうちはもちろん、死後も、大きな安寧(アンネイ)が得られるのです。

 お大師様の師である恵果阿闍梨(ケイカアジャリ)は説かれました。

「円満なるみ仏のお救いがなかなか得られないのではなく、むしろ、お救いいただく確かな方法に巡り会うことが困難なのである」


 私たちは仏神のお力で苦を除いていただきにくいのではなく、本当にそうした願いが叶えられるための方法との縁が得にくいのです。

 密教中興の祖である興教大師(コウギョウダイシ)は説かれました。

光明真言をわずかに見る人も、聞く人も、この世において必ずやみ仏にお会いでき、教えを聞くことができる」


 たとえば、動けない親がいかに我が子の名を呼ぼうと、離れた所にいながら自分の足で歩けない子供を抱くことはできません。
 しかし、周囲の人々が子供を親のそばへ連れてくるならば、親子はしっかりと抱き合えるようなものです。
 光明真言にはそのようなお力があるので、大日如来と阿弥陀如来と両方の如来様の心中神呪(シンジュウシンシュ)と呼ばれています。
 仏界、神界に通じる真言の中心的真言であり、托鉢(タクハツ)行者はお寺やお墓の前だけでなく、神社でも唱え、あるいは、山や川や海へ向かっても唱えます。
 光明真言は、唱える先から文字の一つ一つが金色のみ仏となり行者の心身を照らすとされていますが、真冬や真夏の托鉢行、あるいは種々の場面でお救いいただいた真実経験は数えきれません。
 また、経文は説きます。

「亡者(モウジャ)菩提(ボダイ)のために光明真言を唱えて回向(エコウ)するならば、真言の光明は亡者の身を心身を照らして妄念(モウネン)や悪業(アクゴウ)を消滅させ、速やかに浄土へ導く」


 自分の家や病院で家族に見守られながら、穏やかな心境であの世へ旅立てる方々ばかりではありません。
 死はざまざまな形でやってきます。
 不意の、不如意の、無念の、あるいは絶望の中で旅立たれたと懸念される方々のために、この真言へおすがりして安置されたお骨の周辺に幾度、温かな明るさを感じ、修法後、送る方々の目に安心と感謝の涙を幾度、認めたかわかりません。

 人生相談に来られた方々へこの真言をお授けしたり、求められる方へ光明真言の法を結んだ「御加持(カジ)砂」をお渡ししたりするのには、こうしたわけがあるのです。

201501080009.jpg




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。