--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.13

寺子屋『法楽館』のご案内 ―渡辺ひろし師の講話『宮城の先駆者の系譜~林子平ー横尾東作ー岩崎卓爾』について―

201501130001.jpg
〈地域の方々によって近くの神社へと運ばれる当山の門松〉

201501130002.jpg
〈小さなどんと祭〉

201501130006.jpg
〈守られてきた八幡様〉

201501130004.jpg
〈大切な役割を終えて帰るのは親子か夫婦か〉

 2月14日(土)午後1時30分から3時30分まで行う当山の寺子屋において、「宮城ビジョンの会」世話人渡辺ひろし師のご講話をお聴きします。
 題名は『宮城の先駆者の系譜~林子平横尾東作岩崎卓爾』です。
 これまで、「宮城偉人講座」を開催してこられた師はホームページにおいて信念を述べておられます。

「歴史の積み重ねがあって今があります。
 私達の郷土が輩出した偉人が、当時どの様な思いで生きてこられたのか。今を生きる私達に何を託したかったのか。
 史実に基づいてそれらを理解し、偉人の遺志を正しく受け取る努力をしたいと思っています。」


 師のプロフィールです。
○昭和51年生まれ仙台育ち
○仙台一高卒業(47回生・応援団副団長)
○早稲田大学法学部卒業
○防衛大学校大学院修了
○外資系コンサルティング会社・外資系保険会社・防衛省防衛大学校特別研究員を経て「歴史復興会議」代表
○総合危機管理士,防災士

 かつて、師の林子平に関する講義を聴いた川崎町議会議員的場かなめ先生は、ブログでこう述べておられます。
林子平松下村塾・吉田松陰が林子平の影響を大きく受けていたというお話は鳥肌が立ちました。
 また、渡辺さんの人柄がよく表れた素晴らしい講演でした!
『海国兵談』を説いた偉人林子平』を宮城県人として誇りに思います。」
 加美町で生まれ、幕末から明治を駆け抜けた横尾東作は桁外れの快男児で、「東洋のコロンブス」と呼ばれ、晩年は足尾銅山鉱毒事件の被害難民と共に南洋の島々を開拓を夢見ました。
 岩崎卓爾もまた、現在の価値観とはかけ離れた信念に生きた郷土の大先輩で、気象観測によって縁となった沖縄県八重山地方のありとあらゆるものをこよなく愛し、ついには「イワサキゼミ」など、昆虫の命名まで行うに至りました。

 平成26年2月、小生が初めて沖縄の戦場跡を訪ねたおりに、師は、カンテラのついたヘルメットをかぶって匍匐(ホフク)前進し、一瞬後に崩落しかねない洞窟を案内されました。
 師の「大丈夫であります!」との声を頼りにメンバーは真っ暗な洞窟を進み、ご遺骨、ご遺品にお会いしたい一心で足下を掘りました。
 まっすぐな実践家渡辺ひろし師のご講和に宿る言霊は、きっと、皆さんの心から温かで震える何かを流れ出させることでしょう。

・日 時:平成27年2月14日午後1時30分より3時30分まで
・場 所:法楽寺講堂
・参加費:千円(中学生以下五百円)
・送 迎:地下鉄泉中央駅そば「イズミティ21」前から無料送迎車が出ます、乗車希望の方は、必ず、13日午後5時までの間に電話やメールにてお申し込みください。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。