--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
02.23

真智の開発をめざして(その16) ─観音様と勢至様がおられるわけは?─

201502230002.jpg

〈20120618162912f4f様よりお借りして加工した洞泉寺の弥陀三尊像。向かって右が観音様、左が勢至様です〉

 五智如来のお智慧の内容を、私たちにわかりやすく説かれたのが「優しさ・厳しさ・正しさ・優雅さ・尊さ」という教えです。
 私たちの心にある仏心がきちんとはたらけば、私たちの心からもみ仏の光が発せられ、妄知(モウチ…おかげさまと心の底から思えない惑った心)も邪知(ジャチ…万事を我がためとするよこしまな心)も消え失せます。

 さて、「正しさ」は、五つの恩を深く想う時に実現されます。
 それは、国家社会の恩、親とご先祖様の恩、人間や生きとし生けるものの恩、や教え導いてくださる方の恩、仏法僧(ブッポウソウ)の恩です。
 今回は、「の恩」についてもう少し考えてみましょう。

2 出世間的な

 前回、「人によって、人として育てられなければ、霊性を持った人として成長することはできません」と書きました。
 ノーベル平和賞を受賞したパキスタンの少女マララ・ユスフザイさん(17才)の言葉です。
「教育は人生の恵みの一つであり、人生に欠かせないものの一つでもあります。
 これは私の人生、17年間の経験で分かったことです。」
 実に、導かれることは人生に欠かせません。

 さて、「仏の十号」という言葉があり、悟りを開いたお釈迦様は十種類の名で呼ばれますが、その中に以下の二つがあります。
 一つは調御丈夫(チョウゴジョウブ)といい、指導(調御)をする勝れた人(丈夫)です。
 もう一つは天人(テンニンシ)すなわち、神々や人々のです。
 このように称される世間を離れたはどのように導いてくださるか?
 ヒントは観音菩薩と勢至菩薩にあります。

 弥陀三尊(ミダサンゾン)として阿弥陀如来の向かって右におられるのが観音様、左におられるのが勢至様です。
 それぞれ、阿弥陀様が持っておられる〈慈悲〉の化身、〈智慧〉の化身とされますが、とてもよく似ておられます。
 ずっと拝んでいるうちに気づきました。
 まず、観音様は、私たちが休まねばならない時に、絶対肯定をもって受け容れてくださる方であること。
 そして、勢至様は、私たちが進まねばならない時に必要ないかなる力をもお与えくださる方であることです。
 
 病人にとって第一に必要なのは休息です。
 深く傷ついた子供は、休校させるのもやむを得ません。
 健康な人なら第一に必要なのは勉励(ベンレイ…努力を重ねること)です。
 元気な子供は、気分にかかわらず、登校させねばなりません。

 観音様は前者を導きます。

「この世のなかの諸々の○苦しみ受けて悩めども○観音菩薩の在るを聞き○その名至心に称(トナ)うれば○観音菩薩はその音声(コエ)を○即時に観じ応現(オウゲン)し○皆の解脱(ゲダツ)を得せしめん」


 困り果てた極限のところであっても、観音様は苦を離れさせてくださいます。

 勢至様は後者を導きます。

勢至菩薩に帰依(キエ)するは○われら衆生(シュジョウ)が菩提(サトリ)への○道を求めて精進し○貪・瞋・癡(ムサボリ・イカリ・オロカサ)の○三毒離れて大いなる○仏の教えを受け止めて○智慧に目覚める驚愕の○心を自ら開発(カイホツ)し○己(オノレ)を超えた存在の○真理に気づくことにあり」


 べったりと貼りついた煩悩を離れる智慧の力をお授けくださいます。

 このように、み仏は、いかなる時も私たちをお導きくださる最上の師です。
 これで「正しさ」の項を終わり、次回は「優雅さ」へ進みます。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。