--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.01

お釈迦様の前に悟った方々はなにを説かれたか? ―過去七仏(その1)―

201503010002.jpg
〈年限なら70~80才、この柔軟さと廊下を走る敏捷さ、1メートル以上もある台へのジャンプ力、人間の遠く及ばない生きものです〉

 お釈迦様は言われました。
「私はただ、過去の聖者たちが悟られたことに気づいただけである」
 では、その「過去七仏」とは?

1 ビバシブツ

「忍辱(ニンニク…忍耐)を第一となせ。
 仏説は無為(ムイ)を第一とす」


 この世はまさに忍土(ニンド…耐え忍びつつ人間性が磨かれてゆく世界)です。
 悪口に耐え、暴力に耐え、自分の愚かさに耐え、社会の不条理に耐えつつ、人は人となり、やがては、ありのままに生きながら〈生き仏〉にもなれます。
 お釈迦様も「忍辱は行の尊」と説かれ、弟子が一人で説法の旅に出ようとした時、その資格があるかどうかを調べる尺度が忍耐できるかどうかでした。
 怒りは、身につけたいかなる境地も見識も一瞬にして破壊し、他者を救うことはできません。

2 シキブツ

「もし、目に非邪(ヒジャ…よからぬもの)を見れば、賢者は護って著せざれ。
 醜悪を棄捐(キエン…棄てる)すれば、世にあって智慧者となす」


 目に見え、耳に聞こえるものはどれもが、心次第で、煩悩に火をつけかねません。
 男性が美人を目にすれば「オッ!」と思いますが、そこで余分な執着心を起こせば「非邪」となります。
 動じず、吹いたそよ風を追わぬようにやり過ごすのが賢者です。
 執着し、自己中心的になった心こそが「醜悪」であり、それを離れた人こそが本当の智慧者です。

3 ビシャフブツ

「食において足るを知れ」


 幸福とは何か?
 それは、何ごとについても「足るを知る」心境でしょう。
 手に持つモノ金の量にかかわりなく、〈満ち足りている〉気持こそが幸福というものではないでしょうか。
 この真実がお釈迦様より遥か昔に説かれていました。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。