--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.02

お釈迦様の前に悟った方々はなにを説かれたか? ―過去七仏(その2)―

201503020001.jpg
〈たくさんの女が唱和される力にお支えいただき、般若心経百万返の供養会は無事、終了しました〉

 お釈迦様は言われました。
「私はただ、過去の聖者たちが悟られたことに気づいただけである」
 では、その「過去七仏」とは?
 第二回目です。

4 クルソンブツ

「譬(タト)えばの華を採(ト)るが如(ゴト)く、其(ソ)の色(シキ)甚(ハナハ)だ香潔にして、味を以(モ)って他に恵施(ケイセ)す。
 道士(ドウシ)聚落(ジュラク)に遊んで人を誹謗(ヒボウ)せざれ、亦(マタ)是非を観ぜざれ。
 但(タ)だ自ら身行(シンギョウ)を観じて諦(アキラ)かに正、不正を観ぜよ」


 他人様の言うこと、なすことについて、あれこれと批判するより先に、自分が何を考え何を行っているかをよく省みて、それが正しいか正しくないかを冷静に判断することこそが行者のありようで、そうした人は、美しく恵みにあふれ、たちへ恵みを施す花のごとき存在になるのです。
 と花のたとえは後に、お釈迦様が異なった観点から用いています。
が蜜を集める際に、花びらを壊さずおいしい蜜だけを集めるように、行者は人々の気持や生活へ余分な波紋を及ぼすことなく、注意深く托鉢や修行をせよ」
 私たちは安易に、「あいつはけしからん」「あの人って嫌ねえ」と「誹謗」し、「あの人は正しい」「この人は間違っている」と厳しく、険しく「是非」を云々しますが、テレビに出ている人たちがそうしてワイワイやっている様子に引きずられないようにしたいものです。
 一緒になって興奮している自分自身の姿を鏡に映してみる想像力と、自分は何をどれだけ知り、考えて判断しているのかを省み、恥じる謙虚さを失いたくないものです。

5 クナゴンムニブツ

に執して軽戯(ケイゲ)すること莫(ナ)く、当(マサ)に尊寂(ソンジャク)の道を学すべし
 賢者は愁憂(シュウウ)すること無く、常にの所念(ショネン)を滅すべし」


 思い定めたを保って離さず、の高みから落ちない学びと実践の道を歩むことが大切で、つまらぬことに憂いを抱かず、の周囲にあるものによって迷わされないのが賢者です。
 吉田松陰は、自分の本分を知ることこそ人生の目標であると説き、3月1日に放映されたNHK大河ドラマ『花燃ゆ』においても、高杉晋作に対して「あなたのは何ですか?」と問いかけています。
 また、同ドラマにおいて、自分の人生も社会も斜に眺める高杉晋作へかけた久坂玄瑞の言葉が強烈でした。
「お前の人生がつまらんのは、お前自身がつまらんからじゃ!」

6 カショウブツ

「諸(モロモロ)のを作(ナ)すこと莫(ナカ)れ、衆(モロモロ)のを奉行(ブギョウ)すべし、
 自(ミ)ずから其(ソ)の意を淨(キヨ)めよ、是(コレ)諸仏の教えなり」


 しきことはどれも決して行わず、きことはなるべくたくさん行い、そうした自分自身の努力によって心を清めて行くのが悟った人々の教えです。
 は確かに親や先生や本などによって教えられ、やがてその人なりの判断尺度が形成されても、究極的には、自分の良心あるいは仏心とでも言うしかない自然な心の反応に従うしかありません。
 ここに説かれる「自ら」には、理論やドグマではなく、人間の心に本来そなわっている清浄な核といった感覚があり、仏教は根本的に性説に立っていることがわかります。
 慈雲尊者(ジウンソンジャ)が説かれた「仏性(ブッショウ)に順じて心を起こすを善といい、これに背くをという」は不滅の教えです。
 世界の創造者でなく私たちの心におわすみ仏の救済に〈救い漏れがない〉という仏教の信念は、私たち自身に皆、仏心が具わっているという確信なしに成り立ちません。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。