--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.18

肝臓移植を断ったジョブズ氏 ―【現代の偉人伝】第205話―

201503180001.jpg

 3月14日付の河北新報は、故ジョブズ氏がアップル社の跡継ぎとなったティム・クック氏からの臓器提供を断っていたと報じた。
 以下掲載する。

「故ジョブズ氏に肝移植申し出 アップル後継クック

 米アップル共同創業者で2011年に死去したスティーブ・ジョブズ氏が闘病中、後を継いだ現最高経営責任者(CEO)のティム・クック氏から肝臓の一部移植の申し出を受けていた、と米メディアが13日報じた。
 今月24日発売のジョブズ氏の伝記『ビカミング・スティーブ・ジョブズ』で紹介されているという。
 血液検査でジョブズ氏が自身と同じ珍しい血液型と知ったクック氏の申し出はすぐに断られた。
 医師の診断書も見せ『私は健康体だし、危険にさらされてもいい』と食い下がったが、ジョブズ氏はベッドから跳び起きて『絶対にだめだ』と怒鳴りつけたという。」


 今さらジョブズ氏を英雄扱いしたとてあまり意味がないとも思えるが、事業で大成功した人間としてではなく、自分のいのちよりも会社の存続を優先させたかに思えるできごとを看過してはおけなかった。
 結局ジョブズ氏は、別の人物から提供された腎臓を使って事業を続けたが、手術の2年後にクック氏との共同代表を降り、2ヶ月後に亡くなっている。
 ジョブズ氏の亡き後は自分が一人で世界有数の巨大企業を動かす超特権的立場にありながら、「自分が危険にさらされてもいいい」と食い下がったクック氏共々、このできごとは人々の胸に残ることだろう。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。