--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.18

一代墓と墓じまい

201503180002.jpg

 「一代墓」へのご質問が相次いでいます。

Q:どういうお墓ですか?
A:お墓に定型のものはありません。
  大きさは0.49㎡のものから4㎡のものまでさまざまな区画がありますから、皆さんのイメージと予算に応じて、どういうものでも造られます。

Q:いくらかかるのですか?
A:お寺は墓地を永代に使用していただくだけで、その分としては10万円から25万円までです。
  また、管理料が1年間に5000円かかります。
  建てるお墓については石屋さんと相談してください。

Q:普通にお墓を建てるのと変わりませんね。
A:そうです。
  ただ、「一代墓」として用いるためには、建ててから何年間、供養されることを望むかによって、その期間の年間管理料を払っておけばよいのです。
  また、最終的に墓石を撤去して共同墓へ改葬するための費用も払っておけば、あとの心配はなくなります。
  つまり、将来、どこかの時点で〈墓じまい〉をしたい方のためのお墓です。

Q:いったん「一代墓」にしておいて、だれか継続して使いたい人が現れたら使えますか?
A:もちろん、使えます。
  当山では社会通念上、問題がある場合を除き、継承者に一切、条件をつけていません。
  だから、すでに当山の墓地では、友人同士で、あるいは、娘さんの嫁ぎ先と一緒にお墓を造る方も増えています。

Q:たとえばどういう方の例がありますか?
A:仲の良い夫婦のどちらかが亡くなったら残った方が供養し、最終的に一定期間、二人だけで一緒に眠りたい方。
  自分が生きた証(アカシ)として、あの世の家も自分なりに気に入った形で準備したい方。
  今ある墓地が遠くてなかなかお詣りに行けず、自分の代ではきちんと供養する意志があるけれども、後継ぎがないために改葬できずに困っていた方。
  若い人の収入が少ないので、建てた後の一定期間、一切の経費がかからず、安心できるようにしておいて、最終的に誰かが後を嗣ぐかどうかは〈お任せ〉という方。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。