--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
03.26

映画鑑賞会『イラク チグリスに浮かぶ平和』  ―第六十二回寺子屋『法楽館』―

2015022400010.jpg

20150224001012.jpg

 今回はイラク戦争後の10年間、ジャーナリスト綿井健陽氏が通い続けたイラクの〈現場〉と〈人間〉を描いたドキュメンタリー映画「イラク チグリスに浮かぶ平和」を観ます。
 この作品は数々の受賞に耀き、NHKテレビ「クローズアップ現代」でも紹介されました。
 綿井健陽氏の言葉。

「この戦争を日本が支持したことを覚 えていますか?」
「生き残ったイラクの人々は、終わることのない戦乱に疲れ果てていた」

 フォトジャーナリスト広河隆一氏の言葉。

イラク戦争が何を奪ったのかを、正面から、人間の視線で描ききったドキュメンタリー作品が、とうとう現れた。
 誰もがやろうとしてなしえなかった仕事を、綿井氏は10年かけて完成させた。
 硝煙と傷だらけのレンズで記録したためか、見終わって長い間、激しい衝撃と、深い悲しみが、心を揺さぶり続ける。
 複雑なイラク情勢を読み解く視点は、こんなに身近なところにあったのだ。」

 翻訳家池田香代子の言葉。

「見終わったこの虚無感を埋めるのは、はらわたが引きちぎられるような悲しみ。
 綿井がかけがえのない友人たちの痛みから痛みへと、10年かけてたどることにより浮び上がらせた蛮行、世界の衆人環視のなか、もっともらしい政治のことばが飛び交うなか、行われた愚行が、この世界の自画像として、私たちにつきつけられる。
 花のような子どもたちを乗せたイラクという舟が、笹舟のはかなさを、断ち切るのはいつの日だろう。」

・日 時:4月11日(土)午後1時30分~3時30分
・場 所:大師山法楽寺講堂 黒川郡大和町宮床字兎野1ー11ー1
・送 迎:午後1時に泉中央駅近くの「イズミティ21」前より送迎車が出ます。乗車希望の方は必ず前日午後5時までにお申し込みください。(022-346-2106 9時~17時)
・参加費:1000円(中学生以下は500円)飲物付
寺子屋は毎月第二土曜日に開催します。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。