--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
04.22

お母さんは何でしょう? ―教育について―

201504220001.jpg

 作家柳田邦男氏は、評論『言葉が立ち上がる時』に「関係性喪失の病」を書いている。
 ある知的発達に遅れのある少女が医師のテストを受けた。
「お父さんは男です。
 では、お母さんは何でしょう」
 少女は答えた。
「お母さんは大好きです!」

 このエピソードを思い出すたびに、さまざまな光景がよみがえってくる。
 最近では、仙台市の霊園で両脇を抱えられた障害者に会った。
 両腕を左右から若い女性スタッフに支えられた50前後の女性が大きな造花を手で振り回しながら、歌を唄っているかのように口を開けて歩いてくる。
 誰か身内のお墓参りをしたのか、それとも、五月晴れと言いたくなる陽気なので、スタッフが散歩に連れ出したのか。
 車を運転してすれ違う一瞬では無表情としか見えなかったが、決して大きくない身ぶり手ぶりは、クルクル回る白い菊花とあいまって、心中の踊りを感じさせた。

 驚いたのは、左右の二人にも同じような印象を受けたことである。
 女性は黄色のジャンパーに白いスカート、二人は、ほとんど印象に残らない地味な色合いのジーパン姿。
 しかし、三人は明らかに心中の踊りを共有しつつ、霊園を出ようとしていた。
 おまりできてよかった、なのか、いいお天気だね、なのか、中身はわからない。
 ただ、三つのいのちが一つのメロディを奏でていたことだけは確かに思えた。

 さて、冒頭のできごとである。
 少女の答は、○か×かのテストでは当然、×とされる。
 知的問題があることの証拠ともなろう。
 しかし、少女の心のありようとしてはどうか。
 母親に守られているという大きな安心感の中で暮らしているものと想像できる。
 もちろん、母親の心中はとうてい偲びきれないが、少なくとも少女にとっての母親は観音様そのものではないか。
 ならば、テストでは×であっても、少女の暮らしそのものは花丸がつけられるべきだろう。
 柳田邦男氏はこう評した。
「女の子は知識より大事な真実を答えたのである。」
 そして、○か×かと分ける知識にばかり傾きがちな学校教育を、「生活やいのちの本質にかかわる関係性の大切さ」を教える方向へ向けて欲しいと指摘する。

 今、少子化や、大卒者の一年以内の離職率が3割超という状況にあって人手不足に悩む企業は、社員教育に乗り出している。
 企業への帰属意識を高め、やる気を出させるために皆で山登りをするなどの方策がとられている。
 一方では、社員一人一人の〈状態〉をしっかり把握し、複数の部署でその〈情報〉を共有し合い、一人一人に適した教育を行いつつある。

 日本は、いわば〈教育力〉によってここまで来た。
 物理的には小国であっても、侮られない国家としての歩みを続けてきた。
 これからも、繊細さを失わない教育によって、一人一人のいのちが生かされる国でありたい。
 ゆめゆめ、〈不要者〉を切り捨て、人間を便利な〈道具〉扱いすることのない国でありたい。

○今日から3日間、出張となります。
 次回のブログは2、3日後となるかも知れません。
 また、お会いしましょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。