--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.25

家出する詩 ―若人へのある期待―

20150525029.jpg

 俳人中村苑子は少女の頃に家出を決意した。

故里

生きくる幾年
わが故里
出でむと思ひし今日なり
天城の山を眺むる我はも
故里捨てむと思ひ
幾日月睦みし人を
忘れんとはすれど
忘れかねつつ
ふと見やる心はむなし
ひろびろと
澄める秋空


 若き日には心の飢餓感がある。
 ここにいたままでは満たされないという不安や不満や予感もある。
 肉体の飢餓なら食事で消えるが、心の飢餓は何によって去るか、本人にもわからない。
 心が彷徨うだけではおさまらず、〈ここ〉にいるのに〈居場所〉を探す。
 そして、家を出る。
 故里を捨てる。
 行く先の茫漠たる広さだけが、あてもないのに、希望の受け皿となる。
 
 さて、フランスの社会学者ミシェル・ウェイビオルカ氏は、4月25日付の朝日新聞において、人と人とを「人種」や「文化」という言葉で分断しようとする思想・風潮の危うさを指摘している。

「必要なのはお互いに知り合いになることです。
 ある学校に貧しいイスラム教徒の子供しかいなくて、別の学校には中流家庭のユダヤ人の子供だけ、また別の学校には外交官や大企業のアメリカ人子弟しかいない。
 そんな風だと、みんな一緒に過ごした場合のようには、寛容で民主的になりにくい」

「異なる文化にこういう立場を採ります。
『私はあなたの特殊性を認める。あなたは私たちの文化の中で存在する権利がある』とした上でこう付け加えます。
『しかし、普遍的な価値は受け容れなければならない』

 例を挙げましょう。
 以前、アフリカのマリ系の移民の間で行われていた女子割礼について、フランスで問題になった。
 これは野蛮な行為です。
 普遍的な価値に反します。
 当事者たちには『あなたにはあなたの文化と共に暮らす権利はある。しかし、限界がある。女子割礼はそれを超える。ただ、それをわかってもらえるよう説明します』と」

「ほどほどの多文化主義というのは説明する多文化主義です。
 相当な時間もお金もやる気も民主的な精神も必要。
 しかし、この方向で進むしかないでしょう」


 今後、世界が一つになってゆく過程においては、無数の問題が出てくるに違いない。
 そうした場面では常に、先入見の縛りから離れた眼力と、柔軟な感受性や思考力、そして解決を目指して諦めない粘り強さが求められよう。
 それらは主として若い方々にある。
 異文化の人々と知り合いになり、お互いの文化の特殊性を認めつつ普遍的な価値について議論し、民主的な精神から離れず、多様で千変万化する状況へ勇敢に挑んで欲しい。
 年配者は、無謀さが何を招くか、頑なさが何を招くか、無慈悲さが何を招くか、思考停止が何を招くか、力に頼る安易な対立への傾斜がいかに危険で愚かしいか、これらのことごとを体験として語ればよいのではないか。
 
 中村苑子は87才で死を迎えるまで、この詩が納められた『表紙のとれた手帖』を持ち歩いていた。
 ならば、私たちはまっとうに老いるため、何を持ち歩こうか?




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。