--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.05

「そのうち」を待たず…… ―相田みつをと朝比奈宗源―

20150605017.jpg

 今から30年前、友人A氏は、相田みつをが書いた『雨の日には雨の中を、風の日には風の中を』の一節を自分へ言い聞かせていた。

そのうち お金がたまったら
 そのうち 家でも建てたら
 そのうち 子供から手が放れたら
 そのうち 仕事が落ちついたら
 そのうち 時間のゆとりができたら

 そのうち……
 そのうち……
 そのうち…… と、
 できない理由を
 くりかえしているうちに
 結局は何もやらなかった
 空しい人生の幕がおりて
 頭の上に 淋しい墓標が立つ

 そのうちそのうち
 日が暮れる
 今来たこの道
 かえれない」


 当時、A氏は、「今、やらねば」と奮い立っていた。
 最近、久方ぶりに会った氏は、もう、墓標をどうするかという現実に直面していたが、選んだ「この道」をぶれずに歩んでおられた。

 小生はその頃、娑婆で商売も悪さも盛んに行っていたが、なぜかこんなことを書いていた。
「近頃、生きているということは死んでいないことにすぎないという気がしている。
 自分より先に死んだ先祖・友人などは無くなってしまったのではなくて、永遠の存在の中に戻って行ったのだと思う。」
 そして、浅沼稲次郎を刺殺した山口乙矢、割腹自殺した三島由紀夫、飛行機が墜落したポトマック川で女性に2度も命綱を譲って死んだ銀行監査官アーランド・ウィリアムスなどに理想の生死を観ていた。
 かつて、鎌倉の円覚寺で座禅の手ほどきを受けた朝比奈宗源師の言葉が、どう生きたらよいかわからない者への灯火になってはいた。

仏心の中に生死はない。
 いつも生き通しである。
 人間はその仏心の中に生まれ、仏心の中に生き、また息を引きとるのだ。
 その一瞬一瞬が仏心の真只中(マッタダナカ)であると信じきれれば、生は生であって生でなく、死は死であって死ではない。」(朝比奈宗源著『仏心』より)


 問題は仏心がわからないことであり、ついに娑婆の破綻者に堕ち、即身成仏(ソクシンジョウブツ)を目ざす一密教僧となった。

 屈託無い笑顔を見せているA氏は今、一筋に歩んできた某組織のリーダーとして現役だ。
 A氏などと共に理想を目ざした仲間37人のうち、6人は鬼籍へ入った。
 もはや、「そのうち」はなく、問題は限りなく単純化されている。
 何ができるか、どう死ぬか。
 一息、一息、進みたいと思う。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。