--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.23

深発地震が教えるもの ―「つつしむ」は67、「すすむ」は14―

201506230001
〈3枚の図は日経新聞様よりお借りして加工しました〉

201506230002

201506230003

 6月1日、日経新聞ニュースは「列島全域グラリ 『深発地震』のメカニズム」を報じた。
 一部を記録しておきたい。

 5月30日夜、小笠原諸島西方沖を震源とするマグニチュード(M)8.1の地震が発生した。
 震源に近い東京都小笠原村の母島に加え、遠く離れた神奈川県二宮町でも震度5強を観測。
 しかも北海道から沖縄まで、全国で震度1以上の揺れを記録する珍しい地震だった。
 震源の深さが682キロメートルと非常に深かったのが原因だ。
 このため正確な震度の予測も難しく、気象庁は緊急地震速報を出さなかった。
 今回のような『深発地震』、普通の地震とは起きる仕組みが異なるという。

■「深発地震」って?

『一般に深さ100キロメートルよりも深いところで発生する地震のことを指す。
 別のプレートの下に沈み込む海のプレートの内部で発生する。
 震源は700キロメートルの深さに達するものもあるという。』

『小笠原諸島付近では、太平洋プレートがフィリピン海プレートの下に約50度の角度で急激に沈み込んでいる。』

『この湾曲部では、ひずみがたまり続ける。
 耐えきれなくなると、巨大な亀裂が発生して地震が起きる。
 今回の地震はプレートの下部で発生したとみられ、震源が深かったと考えられる。』

■全国で揺れを観測

『5月30日、記者会見した気象庁の中村浩二地震情報企画官は広範囲の揺れの要因について、「沈み込んだ太平洋プレート内のかなり深いところが震源だったため、プレートに沿って地震波が遠くまで伝わった」と説明した。』

『今回の地震は震源が日本列島から遠かったため、被害が小さかった。
 地震波は固いプレートの内部を伝わるときは弱まりにくく、陸地の真下で起きた場合は被害が大きくなる。』

■高層ビル揺らした「長周期地震動」

 今回の地震では高層ビルのエレベーターが一時停止し、身動きがとれなくなるケースが相次いだ。
 高いビルで大きな揺れを感じた人も多いはず。
 震源から遠く離れた場所でも大きく揺れる「長周期地震動」が、関東を中心に観測された。

『気象庁によると、地震波はさまざまな揺れの「成分」を持っており、ガタガタという短い周期の揺れのほか、ゆっくりとした長い周期の揺れもある。
 これが長周期地震動で、地震の規模が大きくなるほど発生しやすい。
 短周期の揺れより衰えにくいため、遠くまで伝わるという特徴がある。』

『今回の地震では、長野県中部や神奈川県東部などで長周期地震動の「階級2」を観測。
 宮城県から大阪府にかけては「階級1」を観測した地域があった。』

『気象庁は階級2について「物につかまらないと歩くことが困難」、階級1は「ブラインドなどが大きく揺れる」などとしている。
 揺れの大きさによっては家具の転倒や移動のほか、エレベーターの停止の恐れもあるといい、日頃からの心構えも重要だ。』

 以上を読むと、いくつかの事実が確認される。
1 マグニチュード(M)8.1、震度5強まで達した地震に日本全国、津々浦々まで揺れ、揺れなかった場所はない。
2 深発地震は震度の予測も難しく、気象庁は緊急地震速報を出せなかった。
3 今回は震源が日本列島から遠かったので大過なく済んだが、近くで起きれば大きな被害が発生し得る。
4 震源から遠い場所でも大きく揺れる「長周期地震動」への備えが必要である。

 原発安全性を考える場合、〈活断層が近くにあるかどうか〉ということなどは、ほとんど決め手にならないことが明らかになった。
 全体が揺れる日本列島のどこにも安全が保証される場所はない。
 今回はたまたま、震源が遠いために被害が小さかっただけで、いつ、もっと近くで起こり、大規模な被害が生じたとしても、何の不思議もない。
 古来、先人たちは、天変地異に際して、身をんだ。
 この「」は、死者となり永遠の世界へ還って行った霊を丁重に扱い、巨大な霊力による災いが起こらぬよう、お鎮まりいただくという意味がある。
 また恭しむの「共」が示すとおり、両手で捧げものを奉ずるということも行った。
 そして、頭を垂れて畏(ツツ)しみもした。
 人間の思惑や、はからいや、浅知恵を超えた何ものかを感じ、素直にふるまいを制した。
 思えば、人類は、他の生類(ショウルイ)とはまったく次元の異なる非自然あるいは反自然的ふるまいをしつつ、ここまで生き延びてきたが、それが可能だったのは、おりおりに「つつしむ」という一呼吸を置きながら歩んできたからではなかったか?
 私たちは阪神淡路大震災、東日本大震災、そして火山の噴火や地震の頻発といった人間のコントロールが効かない事態を前にしてなお、忌(ツツシ)まず、斎(ツツシ)まず、謹(ツツシ)まず、謙(ツツシ)まず、厳(ツツシ)まず、都合に合わせてつくったモノサシを振りかざして安全を叫び、このまま突き進むなど、許され得ようか?

 白川静著『字統』には「つつしむ」と読む文字が67個、示されている。
 ちなみに「すすむ」は、進むなど14個しかない。
 子々孫々のため、私たちは何としてもみたい。
 大自然への畏敬の念を思い起こし、みたい。
 



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。