--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.23

戦争から帰還し、帰宅できなかった兵士

20150623004.jpg
〈一天、俄にかき曇りましたが噴火ではありません〉

 兵士としてベトナム戦争に従事していた息子戦場から帰国した。
 家で待つ父親へ電話をかける。
「お父さん、帰って来ました」
 父親は狂喜する。
「おお、よかった、すぐ、迎えに行くぞ」

「ありがとう、でも話があるんだけど……」
「どうした」

「お父さん、両足を失った友人がいるんだけど、ちょっと連れていっていいかな?」
「そうか、お気の毒なことをしたな、いいとも、連れておいで」
「お父さん、ありがとう」

 これで電話は切れない。
「お父さん、話があるんだけど……」
「まだ、何かあるのか、どうしたんだ?」
「お父さん、友人と一緒に住んでもいいかな?」

 父親はすぐに返答できず、両者の間で沈黙が続く。
 やがて、息子は言う。
「そうだよね、両足がない人と一緒じゃ大変だよね、無理をしなくていいよ」

 電話が終わり、父親は約束した場所へ急ぐ。
 ところが息子はいない。
 係の人へ消息を訊ねると、自殺したと告げられる。
 両足を失ったのは友人ではなく、息子だった。
 親孝行な息子は、だんだんと年老いて行く父親へ自分を養わせることに耐えられず、帰宅しなかった。

 これは、アメリカへ研修にでかけた先輩僧侶が、かつて、耳にした実話である。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。