--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.03

善い人、悪い人と決めつけない ―ビリギャルに学ぶ今月の聖語─

201507030001.jpg
〈金澤翔子さんには震えさせられます〉

 一件落着。
 何という安心な言葉でしょうか。
 落着が積み重ねられつつ、人生は営まれて行きます。

 それはそうですが、こと〈人間〉に限っては、そう単純に進まないものです。
〝信じていたのに、なぜ……?〟
 裏切られたことのない人はおられないのではないでしょうか。
 また、自分でもこうなったことがあるはずです。
〝あの時は魔が差したのだ……〟

 一方では、あまり目立たないお子さんがボランティア活動で表彰されたり、障害者がとてつもない芸術作品を生み出したりもします。
 金澤翔子さんの書を見て、ハンディを持った方の作品だと思う人はおられないことでしょう。
 最近では、「ビリギャル」こと、小林さやかさんの活躍も記憶に新しいできごとです。
 さやかさんを見事、慶応大学へ合格させた塾の講師坪田信貴氏の言葉は新鮮です。

「地頭の悪い子などいない。
 どの子も、可能性に満ちている」
「ダメな人間なんて、いないんです。
 ダメな指導者がいるだけなんです。
 でも、ダメな指導者も、ちょっとした気づきで、変われるのです」


 お大師様は説かれました。
「決して変化しない性質を持ったものはない。
 人もまた、悪と定まった人はおらず、縁の次第によっては愚か者も悟りへの道を深く求め、教えに従えば凡人も賢者・聖人の域へ近づけよう」

 私たちには、ものごとを固定的に見て決めつけ、安心しようとする心理があります。
 判断をやめれば楽なのです。
 しかし、実際は、悪人にも母親を慕う優しい心があったり、評判の良い人が善からぬ思惑をひそめ持っていたりします
 。お大師様はそうした人間のありようをよく眺め、経典が説くとおり、誰しもが仏性(ブッショウ)を持った仏弟子であることを忘れぬよう戒められました。
 以下、読み下し文です。

「物に定まれる性(ショウ)なし、人なんぞ常に悪からん。
 縁に遭(ア)うときは、すなわち庸愚(ヨウグ)も大道を庶(コ)い幾(ネガ)い、教に順ずるときは、すなわち凡夫も賢聖に斉(ヒト)しからんと思う」


 誰もが等しく生き仏になれる〈み仏の子〉です。
 心に相互礼拝、相互供養のイメージを持っておつき合いしましょう。

 相手が子どもであっても、善行を見ては見習い、相手が有名人でも、悪行を見ては反面教師にすればよいだけのことです。
 他人様を善い人、悪い人、優秀な人、ダメな人、などと簡単に決めつけず、広い心でこの世の縁を大切にしたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。