--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.05

印・花・写真 ―『慈悲の花』との出会い―

20150704001012.jpg

20150704001013.jpg

氏家国浩著『慈悲の花』より「私は、蒼天を仰ぐ慈悲の花になりたい」〉

201507040000112.jpg

 お釈迦様が入滅されてから500年以上もの間、お釈迦様は、徳と教えが偲ばれる伝説的聖者だったらしい。
 慕い、救われようと願う人々はお骨のそばへ詣で、目となっている仏塔を礼拝した。
 そうして祈り、教えを実践する人々の思いと心は受け継がれ、紀元一世紀頃、聖者たちの脳へお姿が映るようになった。

 影現(ヨウゲン)という言葉がある。
 影のように現れることである。
 お大師様が亡き師恵果(ケイカ)阿闍梨(アジャリ)のために祈っていた夜、現れた師は、生まれ変わってお前の弟子になると告げられたという。
 
 今から80年以上前、三田光一氏は400人の観衆を前にして12枚の写真乾板のうち、7枚目へお大師様の上半身を念写した。
 東大の助教授だった福来友吉助博士は、超能力について生涯かけて研究した。
 影現したとされるお大師様の写真を目にすると、自然に合掌してしまう。

 さて、お釈迦様が瞑想に入っておられるお姿は禅定(ゼンジョウイン)を結んで顕れた。
 成道(ジョウドウ…悟りの完成)を邪魔する魔ものたちを追い払うお姿は、地神(チジン…大地の神々)を呼び起こす触地(ソクチイン)を結んで顕れた。
 教えを説くお姿は、説法(セッポウイン)を結んで顕れた。
 こうして悟ったお釈迦様の世界は、語られたであろうお言葉が経典となり、象徴としては相(インソウ…の形)となった。

 ところで、私たちは怒りが込み上げ、耐えきれなくなってきた時、どうなるだろう。
 手がダラリとなったままではいられず、握った拳が震え出す。
 私たちは誰かを説得しようとする時、知らぬ間に口や目だけでなく手も動員され、身ぶり手ぶりが生じるのではないか。

 手は心に連動しており、お釈迦様へ近づこうとする聖者たちは、唱える言葉と共に、結ぶ印へ心の錬磨を託した。
 瞑想の印を結んではお釈迦様の悟りを目ざし、炎の印を結んでは不動明王を目ざし、蓮華の印を結んでは観音菩薩を目ざすようになった。
 こうして身体では印を結び、言葉では経文や真言を唱え、心では観想するという修行の形が整って今日へと伝えられている。

 修行をしていると、人間以外の生きものにも〈印〉に類する形とはたらきのあることに気づく。
 ネコが手で食べ物をねだり、あるいはパンチを繰り出すのも、花が風に揺れつつ語りかけてくるのも、意味と意義のある形であり姿である。
 私たちは、森羅万象が現れている形と、発している音や声によって世界に意味を感じる。

 写真は、転変万化する現象世界の一瞬をとどめ、世界に現れた印を示す。
 私たちは、そこに、流れゆくものたちに囲まれつつ見失っている大切なものを観たりする。
 印として影現した真実に魂を掴まれるのだ。

 修法にでかけた田舎町のラーメン点で氏家国浩著『慈悲の花』と出会い、こんなことを考えた。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん さん ざん ざん さく そわか」※今日の守本尊勢至菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。

https://www.youtube.com/watch?v=qp8h46u4Ja8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。