--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
07.06

戦死は些事か ―戦争日記の示すもの―

201507060001.jpg
〈『自然墓』を訪れる方は絶えません〉

 当山の『不戦堂』建立計画に賛同して訪れたご婦人へお話し申し上げた。

 昭和18年11月24日、ハワイの南西約4000キロに位置するタラワ島及びマキン島において、日本軍守備隊は米軍と白兵戦を行い全滅した。
 その数5383人。
 捕虜となった者146人。
 それらには朝鮮人129人も含まれる。
 以上をふまえ、日本軍の中枢は、恐ろしい本音を記している。

「〝タラワ〟〝マキン〟占領さる。
 全般の戦争指導上問題とするに足らざる些事(サジ)なるも、敵の宣伝価値大なり。」(『機密戦争日記』11月26日)


 米軍は、小さな島へ機銃・小銃弾210万59発、砲弾5万4617発、手榴弾1万2460発、ロケット弾348発、吊光弾(チョウコウダン…光で照らす弾)3870発を浴びせた。
 圧倒的不利な状況で、日本軍は最後まで勇戦奮闘した。
 しかもここに至るまでの約1年間、ガダルカナル島、パプア・ニューギニア島において、守備隊の全滅・撤収が相次いでいた。
 奪われた島を奪い返す、一大飛行機基地を建設し反転攻勢を行うという、彼我の兵力を考えればあり得ない作戦のため、日本軍は膨大な兵を死なせた。
 ちなみに、ガダルカナル島へ投入された3万3600人のうち1万9200人が戦死、その中で餓死(栄養失調・下痢など)したのは約1万人とされている。

 全滅が連鎖したあげく、マキン島では守備隊798人のうち陸戦隊は284人のみしかおらず、それ以外は基地要員、設営隊員などだった。
 彼らは雨と降りそそぐ弾丸を浴びつつ693人が戦死傷するまで戦い、米軍に862名の戦死傷者をもたらした。
(以上は、荘子邦雄著『人間戦争 一学徒兵の思想史』を参照しました)

 この結果に対し、陸軍参謀本部の受け止め方は冷徹だった。
 彼らは「些事」つまり取るに足らないこと、としたのである。 
 大日本帝国の栄光、八紘一宇の大理想の前では、兵が幾人死のうともただ〈譽れある死〉であり、兵士一人一人の悲惨や家族の悲嘆は作戦上、問題にされなかった。
 私たちは事実に学びたい。
 理念の膨張がいかに危険であるか、人間そのものを見ようとしない権力者の姿勢がいかに恐ろしいか。

 石牟礼道子氏は、水俣の犠牲者達へ鎮魂の句を送った。

「祈るべき天とおもえど天の病む」


 もはや、人間界に水俣病への救いはないと悟った患者や家族たちは最後に、人間界を超えたものへ救いを求め、祈ろうとする。
 しかし、私たちの頭上を普く覆う政治・経済の権力構造は、思いがそこまで到達することを許さない。
 病み、狂った無慈悲な〈天〉を突き抜けられない煩悶、青空を見られぬ絶望が詠まれている。

 石牟礼道子氏はかつて『苦界浄土』へ死に逝く者の思いを書いた。

「地(ツチ)の低きところを這う虫に逢えるなり
 この虫の死にざまに添わんとするときようやくにして
 われもまたにんげんのいちいんなりしや」


 自分と同じく、死に逝く者としてのいのちを生きる小さな虫の生と死に寄り添う思いの起こる時、ようやくにして人は人となる。
 死ぬ者として生きる生きとし生けるものたちの哀しみと健気さを知り、哀しみと健気さを共有してこその人間である。

 人間そのものの心と視点に立ち、いかに戦争を避けるか、よくよく考えたい。

201507060002.jpg
 


「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。