--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.05

日本の安全と平和を守る方法 ―生田目学文教授に学ぶ―

201508050001 (2)

201508050002.jpg

 仙台稲門会(トウモンカイ)の例会で、東北福祉大学生田目学文(ナマタメノリフミ)教授のご講話を聴いた。
 『東アジアの安全保障環境』(日本はいかにして地域の平和と安定に貢献することができるか)と題した安全保障に関する総合的なお話だった。
 とてもわかりやすい表を多用した安全保障論の最後に、日本の進むべき道についてお示しいただいた。

 膨大な状況分析に限られた時間の大半が使われ、日本は〈理想的な平和主義〉を選択すべきであるとし、教授は5つのポイントを示されただけだったが、それぞれについて、素人なりに勝手な愚考を行ってみたい。

1 専守防衛に徹する。
 
 そもそも敗戦国日本がここまで復興できたのは、そして一兵たりとも外国で殺されず、外国兵士を殺しもしなかったのは、憲法によって戦争をしない国であると宣言し、国際紛争の当事者にならなかったからである。
 ただし、敗戦へ至った経緯の綿密な分析と責任の所在について、国民の多くが納得できるコンセンサスを得られているとは思えない。
 そもそも、アメリカが攻撃する根拠はなかったと明らかにされたイラク戦争への自衛隊の出兵ですら、国民の間には土木工事をする自衛隊のイメージしか残ってはいない。
 実際には、自衛隊が駐留したサマワ付近ですら米軍が使用したと推測される劣化ウラン弾が発見されるような状況であり、自衛隊は約2万人もの米軍兵士を輸送をして、海外での戦闘に加わっていた。
 今こそ敗戦に学び、イラク出兵をふり返り、日本自身の選択と決意を新たにし、極限まで絞り込んだ専守防衛に徹したい。 

2 防御的防衛体制をつくる。

 大陸間弾道弾などの攻撃的兵器を持たないのはもちろん、個別的自衛権の範囲で自主的防衛体制を構築し、集団的自衛権へ踏み込んで他国の都合に引きずられないようにしたい。
 集団の中では、いつ、どこの国がいかなる事情で戦争を始めるかわからず、それが日本の自衛に深刻な影響を及ぼし、今の日本が日本として世界から信頼を得ている〈専守防衛〉が崩れる可能性は、なんぴとなりとも「決してない」などと言い切れはしない。
 かつての日本は、ヒットラーが「ドイツの生存圏」と称して周辺諸国を侵略したのと同じような経過をたどり、太平洋戦争へと突き進んだ。
 たとえば昭和15年、フランスがドイツに降伏したのを機に、日本陸軍の一部は海軍の反対を押し切ってフランス領インドシナへ武力進駐を行い、国際的不祥事として世界中へ報道されたが、日本国内には一切、知らされず、翌日の新聞は「日独伊三国同盟条約調印」を祝う記事で埋め尽くされた。
 対米英戦争と破滅への道は、事実を知らぬ国民が万歳する歓呼の声の陰で定められていたのである。
 日本一国ですら、防御的防衛に徹することは難しい。
 ましてや他の国々と共同で行う軍事活動にあっては、いかなる国を敵にしていかなる戦争に進むか、誰にも予測できない。

3 核武装をしてはならない。

 核兵器の非人道性は決して見過ごせない。
 その無差別生と残虐性は、核兵器が〈あってはならない兵器〉であることを示して余りある。

4 国際的な核兵器及び攻撃的兵器の削減につとめる。

 日本が自主的な防衛体制を構築していればこそ、人類の理想である核兵器と攻撃的兵器の削減、ないし廃絶を主張し得る。
 原爆を落とされ、原発事故を起こした国として国際的な役割、歴史的な役割を果たさねばならない。
 軍需産業が勃興すれば当然、売って儲けねばならず、より〈便利な〉兵器や武器が世界中へ拡散し、それが使われる事態、すなわち戦争が起こるよう、続くよう、商売人とそれに連なる人々から〈望まれる〉のだ。
 今の日本は、再び、軍需産業が活発化している。
 そうした方面に役立つ学問の分野へ国も企業も資金を投ずるという。
 いったい、いつの間に、こうなったのか?

5 国際秩序の安定と平和を目ざす。

 かつて自民党政権の副総理までつとめた後藤田正晴氏は〈遺言〉として語っている。

「私は、日米安保は見直し時期ではないかと言うんだ。
 もちろん日米関係は重要だし、日本の外交の柱です。
 友好関係は維持しなければならん。
 しかしながら、軍事同盟の時代ではないのではないか。
 軍事同盟には必ず仮想敵国があるでしょう。
 仮想敵国のない軍事同盟というのはないですよ。
 かつては、明らかにソ連が仮想敵国だった。
『今でも北朝鮮があります。中国があります』と言う人がいますが、中国や北朝鮮がなんで仮想敵国なのか。
 仮想敵国じゃないよ。
 だから、アメリカとの関係は友好条約にしなさい、と言っているんです。
 日中間には日中平和友好条約があります。
 問題はアメリカと中国との関係で、これが友好関係になれば、極東地域の安全保障の枠組みというものができる。
 タイミングがあるから、いまぐには無理だろうが、日米安保条約を平和友好条約に切り換える、そのための議論を始める時期にさしかかっているのではないか。
(しかし、いまの日本政府の考え方は)全然逆ですね。」

 あの頃とは国際情勢が変わり、中国は侵略的で北朝鮮は国際協調の意志がなく、危なくなったので、こんな議論は今どき通用しないと笑う方々もおられよう。
 それは本当だろうか?
 特定の国を仮想敵国とし、それ以外の国々が軍事行動を共にするというやり方以外、平和の構築方法はないのだろうか?
 パキスタンやアフガニスタンで医療活動・生活支援活動を続ける中村哲医師などが、「戦争をしない国と国民として世界から認知されているからこそ、私たちは尊敬され、安全に人道的活動が続けられる」としている〈これまでの日本〉をかなぐり捨ててまで、米軍などとの一体化をせなばならないのだろうか?
 今、日本を敵国と思い、自衛隊を〈敵軍〉と思う人々は、世界中にほとんどいないだろう。
 ただし、IS(イスラミック・ステート)は、日経新聞が1月21日に「『イスラム国』日本を標的」と報じたとおり、エジプトにおける安倍首相の演説をきっかけに日本の敵視を始めた。
 この先、自衛隊が海外での軍事行動を進めれば進めるほど、日本を敵国と思い、自衛隊を敵軍と感じる人々が世界中で増え続けるだろう。
 それは本当に私たちの望む方向であり、日本が独立国として存在し続けるために動かし得ない唯一の方向なのだろうか?

 生田目学文教授は、「安全保障には客観理論と規範理論がある」と言われた。
 日本は客観的な分析や判断をふまえつつ、周辺各国へ出兵したあげく太平洋戦争に敗れ、原爆と原発の大被害を体験した国らしい規範意識を強固に保ち、進むべき道を考えるべきではなかろうか。
 生田目学文教授の安全保障論は近々、英語で世界へ発信されるという。
 日本語になる日が待ち遠しい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。