--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.06

自宅でご本尊様をお祀りする話

2015080600012.jpg

 ここのところ、魂入れの修法が結ばれたご本尊様をご自宅にお祀りする方のご縁が重なり、ありがたいと考えています。
 小生はかつて四国八十八霊場を巡拝したおりに、無数のお不動様や観音様などをお祀りしてある祈りの場で、途方もないエネルギーをいただきました。
 尊像の一体、一体にはもちろん、ご寄進された善男善女のよき願いが込められているのですが、そうした尊像に魂が入り、日々、行者や参拝する方々の祈りを受けているうちに、霊力がどんどん増しているのでしょう。
 堂奧のご本尊様へ向かって歩む途中の〈お迎えいただく〉感じ、そして奧で読経した時の〈宇宙が唱和する〉ような響きは忘れられません。

 その消えないイメージに導かれ、小さな民家で一山を開基した当山は、寺子屋や居合の道場が開かれる大きなお堂を建てたいと発願したおりに、守本尊様のご寄進を全国へ呼びかけました。
 旗印に共鳴される善男善女のお心と浄財と、そして何よりも、小さくてもハイパワーの守本尊様が堂内を埋めてくださることによって、必ずや願いは叶うものと信じ、10年の月日を経て現在の講堂が完成しました。

 導師の席で行う日々の修法では、内陣の方々から発するものだけでなく、後方の外陣からも偉大なエネルギーを感じます。
 法が結ばれれば、堂内のすべてが内陣です。
 訪れた方々は口にされます。
「ホッとしました」
「心が洗われます」
「このエネルギーは何ですか?」
 申し上げます。
「この守本尊様方によって、ご寄進された方々が永遠に守られるだけでなく、堂内の守本尊様は訪れる皆さんへも大きなご守護のお力を発揮しておられます。
 そして当山が守られ、仏縁の方々すべてが守られます。
 本当にありがたいことです」

 こうした〈体験者〉の方々は、講堂へご寄進するだけでなく、ご自宅でも祈りたいと願われる場合があります。
 お仏壇のあるなしは関係ありません。
 それなりの場所へ安置し、お線香を立てて真言を唱えれば、もう、一日はこれまでとまったく異なるものになります。

 共同墓『法楽の礎』や樹木葬『法楽陵』などを契約された方々は口々に言われます。
「これで手を合わせる場所ができました」
「私が死後、ここに眠られることが確信できて安心しました」
 目で見、耳で聞き、五感六根を縁として心が動く私たちは、心を向ける〈対象〉が必要なのです。
 今、霊長類の研究で注目されているのは、「指さし行為」です。
 私たち人間は特定のものや場所や方向を指さしますが、いかに人間に近くとも、サルはやりません。
 できないのです。
 認識と概念が同じ種の間で共有されていないからです。
 人間だけはそれができます。
 しかも、生者と死者の間でも。
 手で指さすだけでなく、心を向ける相手も、まぎれもなく〈対象〉であり、見聞きできる形や音によってそれがより、はっきり把握できれば、〈通じた〉と感じます。

 ご本尊様へ手を合わせることは〈通じる〉ための第一歩です。
 ご自宅へお祀りして手を合わせる方へも、あるいは当山のご本尊様をイメージして手を合わせる方へも、あるいは大日如来の画像を目にし、拙文を読まれる方々へも、大きなご加護がありますよう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。