--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.07

お墓参りに行けないお盆の過ごし方 ―施餓鬼のことなど―

201508070001.jpg

 今年は「お盆お墓参りに行けない場合、どうすればよいか?」というご質問が、頻繁に寄せられています。
 例年にない猛暑が皆さんの行動パターンを変えているのかも知れません。

 最もお勧めなのは、事前にお塔婆供養を申し込み、お盆前に受け取ってお墓へ立ててご供養し、お盆の時期には自宅の盆棚へ御霊をお迎えするというものです。
 当山では、早くも先週末あたりから善男善女がこうしたお盆供養を始めておられます。

 もう一つは、早めにご来山されてお盆供養会を行い、帰りにお塔婆をお墓へ立てるという年忌供養などと同じやり方です。
 これなら、お盆期間中に家を留守にしても大丈夫です。

 あるいは、まだお骨が自宅にあり、どうしてもお盆期間内にご来山できない場合は、当山で魂入れをしたお塔婆をお送りすることもできます。
 送られたお塔婆をお骨のそばへ立てれば、最高のご供物を供えたことになります。
 お塔婆の表面には梵字(梵字…インドの文字)で、「地・水・火・風・空」と書かれ、裏面には同じく「識」と書かれており、目に見える世界と見えない世界との徳をすべて込める法が結ばれているからです。

 この際、お墓参り仏壇前でのご供養において大切なことを一つ書いておきます。
 それは「万霊供養」の心です。
 
 お盆の供養会では、それぞれのお宅における先亡の御霊を供養するだけでなく、施餓鬼(セガキ…餓鬼界の方々へ施すこと)供養も行うところに他の供養会とは異なる特色があります。
 以下の故事がその出発点です。
 
 ある日、お釈迦様の弟子である目蓮尊者(モクレンソンジャ)が、神通力で亡き母親の様子を観たところ、生前、子供を思う一心でつい犯してしまった小さな罪のために、餓鬼界で苦しんでいました。
 驚いた尊者は早速、お釈迦様に相談しました。
 お釈迦様は答えました。
「夏安居(ゲアンゴ…夏の修行)の最終日である七月十五日(旧暦)に、できるかぎり多くの僧侶にお経をあげてもらいなさい。
 そして、心から供養をすれば、必ず救われることでしょう」
 尊者はさっそく実行し、母親は、無事、天上界(テンジョウカイ)に生まれ変わりました。

 この故事にまず、思うのは、母親が餓鬼界にいることを知った尊者の驚きと悲しみです。
 しかも母親の苦しみを消す力が自分にはないことを自覚している……。
 お釈迦様へ相談する時の尊者の心は、私たちが大病に罹った親のために名医を訪ねる心境に似ていたのではないでしょうか?
 藁にも縋る思いです。
 もちろん、お釈迦様は偉大な聖者なので「きっと何とかしてくださる」と思ったかも知れませんが、案の定、「それじゃ私が助けてあげよう」といった単純な成り行きでは済みませんでした。

 僧侶たちが揃って供養するという点も見逃せません。
 因果応報の理によって生じている事態を動かすための新たな〈因〉は、並大抵のものでは追いつかず、祈りの力を結集しなさいということだったのでしょう。
 また、修行を終えた弟子たちに、慈悲心と法力の実践を命ずるという面もあったのでしょう。

 そして最後に付け加えておかねばならないのは、尊者も、他の行者たちも、決して尊者の親一人のためにのみ修法したのではないに違いないということです。
 神通力で観えたであろう餓鬼界の悲惨さや無惨さは到底、想像できません。
 その〈世界〉を目にした尊者も行者たちも、尊者の母親一人〈だけ〉を救おうとしたはずがありましょうか。
 取捨選択して誰かを見捨てるという姿勢ほど、非仏教的なものはありません。
 万人へ平等に救済の目を向けるからこそ仏陀(ブッダ…悟った者)であり、そこを目ざす行者たちもまた、仲間の母親とその他の餓鬼たちを差別するはずはないのです。
 お釈迦様に指導された行者たちはすべて、餓鬼界全体へ救済の真言を届けたに違いありません。
 それから約2500年が過ぎた今も、行者によって餓鬼界の方々へ同じ真言が手向けられています。
「のうまく さらばたたぎゃた ばろきてい おん さんばら さんばら うん」

 こうした施餓鬼供養を伴うお盆には、自分の家にまつわる御霊だけでなく、万霊をご供養する気持で手を合わせたいものです。
 特に、餓鬼のように〈飲めない、食べられない〉存在を想像する時、現実に餓えている人々や、病気に苦しむ人々への思いやりの心もはたらくことでしょう。
 お盆供養をないがしろにせず、御霊と通じることによって霊性を具えた人間であると自覚する貴重な時期を過ごしましょう。
 



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。