--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
08.14

秋風やひとさし指は誰の墓 ―寺山修司のとまどい―

201508140001.jpg
〈田中一村『アダンの海辺』〉

 夜半の豪雨と雷鳴がおさまったら、とたんに虫たちが鳴き始めた。
 激しく空から降り、地を流れたであろう大量の水をかぶったはずの野辺にいる小さな虫たちは、どうやって災禍をやり過ごしたのだろう。
 明るみが増すに従って、声は小さくなる。
 外へ出てみればもう、無言の赤トンボが飛んでいることだろう。
 立秋が過ぎ、お盆に入った今、秋風がトンボを運び、数々の実りを運んでくる。

 そんな朝、ふと、寺山修司の一句を思い出した。
 

秋風やひとさし指は誰の


 秋風の吹く地で石たちを眺めている。
 そのどれもが、生きている人がいたことと、生きていた人が死んでいることを証している。
 誰のおも等しく……。
 途方もなく巨大な空虚に耐えかね、あれは誰のだろうと焦点を絞り、具体的に見ないではいられないが、その一方で言い伝えがふと、思い起こされる。
「おを指さすと、そのあたりにいる未成仏霊が憑いてくる」
 だから、心の人差し指は宙に浮く。
 人差し指は誰の墓をも指差せない。
 それでも、かつて人々がいたことは確かであり、それを特定するための指差しをやりたい衝動はおさまらない。
 揺れ動く心などにおかまいなく、秋風は飄々と吹き渡っている。

 寺山修司にはこうしたお墓の句もある。

「ちゝはゝの墓寄りそひぬ合歓のなか」


 合歓(ネム)の葉は、夜に閉じる就眠運動を行う。
 合掌するかのようである。
 合わせられた両手の内にこそ、歓びがある。
 ただし、これはあくまでも想像上の世界である。
 父親は出征先で病死し、母親は彼よりも長生きするのだ。
 早くに失った父親と、葛藤のあった母親……。
 合歓と同じであったろう彼の祈りは深い。
 
 今朝ももう、お墓を目指して善男善女が訪れている。
 誰のお墓も必ず、誰かのお墓である。
 誰々のお墓と人差し指を向けずとも、万霊供養の心でお参りをしたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。