--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
09.11

ああ、自衛隊員の方々! ―トルストイと災害―

20150911000222.jpg

20150911000123.jpg
〈ネット上からお借りして加工しました〉

 明治37年、日露戦争の勃発を受け、77才のトルストイは、ロンドン・タイムス紙へ『悔い改めよ』という一文を発表した。
 石川啄木は、それについてこう記している。

「当時の論客の意見としては、平民新聞の記者が笑ったように、どれも皆『非戦論はロシアには好都合だろうが、日本にとってはよくない』という論調だった。
 そして、いわゆる愛国者の一人が『トルストイ爺さんは日本とロシアを同じように見ている。不幸にして、日本の実情が爺さんの住んでいるところへ伝えられていないために、爺さんが日本を非難する言葉を発するに至ったことは、まことに悲しい』と言った時、記者はこのように一矢を報いた。
 いわく『そうではないよ。爺さんが日本の実情をもっとよく知っていたならば、日本を攻撃する筆致はさらに鋭くなっていただろうに』」

 以下、啄木の書いた原文である。

「當時の日本論客の意見は、平民新聞記者の笑つた如く、何れも皆『非戰論は露西亞には適切だが、日本には宜しくない。』といふ事に歸着したのである。
 さうして彼等愛國家の中の一人が、『翁は我が日本を見て露國と同一となす。不幸にして我が國情の充分に彼の地に傳へられざりし爲、翁をして非難の言を放たしめたるは吾人の悲しむ所なり。』と言つた時、同じ記者の酬いた一矢はかうであつた。
 曰く、「否、翁にして日本の國情を知悉せば、更に日本攻撃の筆鋒鋭利を加へしことならん。」

 
 トルストイはこんなふうに書いたのだ。

「祈祷、説教、激励、行列、画、新聞などに気違いにされた、大砲の餌食たる、数万の人間は、一様な服装、一様な殺人道具を携え、両親や妻子をおいて、心に苦痛を感じながら、しかも徒(イタズラ)な勇気を以て、戦場に出掛け、死の危険を冒して、自分が知りもせねば、自分に何の害もしない人を殺す、最も恐ろしい仕事をやるのである。」

「私は神の命じ給う事以外には身を処し得ない。
 なぜかなれば、私は人として、直接にも又間接にも処置にても、援助にても、又鼓舞を以てしても、戦争に干与することはできない。
 私には出来ない、欲しない、又そうはなれない、という外はない。」


 災害に苦しむ私たちを救ってくださる自衛隊員たちの神々(コウゴウ)しい姿に手を合わせればこそ、彼らを戦地へ送りたくないという願いは強くなるばかりである。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。