--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
09.17

9月の聖語 ―宇宙に満ちる自覚―

201509170001.jpg

〈名取市閖上(ユリアゲ)の現実です〉

 9月の聖語です。
 お大師様は説かれました。

「我性(ガショウ)の自覚は空(クウ)に満ち、海渧(カイテイ)の化身(ケシン)は世(ヨ)を救う」


 我性(ガショウ)の自覚とは、自分の本体がみ仏であると自覚することです。
 海渧(カイテイ)とは、海に満ちる潮から生じる無限の滴(シズク)たちです。
 化身(ケシン)は、ありとあらゆるものに姿を変えつつ生きとし生けるものを救うみ仏です。

 全体の意味はこうなります。

「自分の本体がみ仏であると自覚する時、その力は宇宙に充ち満ちる。
 大海の水がつくる無数の滴たちのような仏菩薩(ブツボサツ)は私たちをいつもお救いくださっている」

 私たちが仏道修行をする目的の一つは、見聞きするものや思い考えることによって揺れ動き、迷いや不安に染められる心をどうにかしたいからです。
 たとえば、卯年生まれの方が自分の一代守本尊様の真言を一心に唱えるとどうなるか?
 お大師様がここで説かれたように、いつしか、自分の中にみ仏の性(ショウ)すなわち仏性(ブッショウ)があることに気づくはずです。
 花を愛(メ)でるのも仏性、ネコの撫でるのも仏性、乗り物の席を譲るのも仏性、笑顔で「ありがとうございました」を言い相手の心を和(ナゴ)ますのも仏性です。
 そして、それは自分にあるだけでなく、花にもネコにも人々にもあることに気づきます。
 仏性の現れとしてどこにでもおられるありがたいみ仏の方々、それがここで説かれる化身(ケシン)です。

 経典を読誦(ドクジュ)するのも、写経を行うのも、阿字観などの瞑想をするのも、そして誰かへ優しい言葉をかけ、手を差し伸べるのも皆、仏性がさせる行為であり、行っている姿そのものがみ仏の化身です。
 こうして、この身このままで即身成仏(ソクシンジョウブツ)する時、仏道修行はそのままに日常生活の一部であり、日常生活はすべて仏道修行になります。
 私たちのいのちと心は、慈悲という力を放ち、それはこの世に行き渡ることでしょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。