--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
09.24

心はそっちにある? ―ディオニュソス神をめぐって―

201509240001.jpg

201509240002.jpg

201509240003.jpg
〈今年も『法楽農園』の稲刈りが始まります。今日、明日で稲刈りを終え、26日、27日の両日、はせ掛けの台を作りますので、ご協力をお願いします〉

 最近、を実体視し、自分のそちら側に置いて地好く操(ク)るような、もの言いや、文章が目につく。
 たとえば「をそそぐ」などはどういう状態なのだろう?
 が自分のなら、は誰がどこからどうやって持って来て、どういう方法で注ぐのだろうか。
 文章を書いたり読んだりして気持良くなるのは結構だが……。

 はどこにあるとも言えないが、自分が居る以上は、自分と共に在ると考えるしかないだろう。
 また、誰かの思いが通じてくるならば、誰かの心も、誰かの存在を縁として在るに違いない。
 この世とあの世の別なく。

 心は絶え間なく起こってくる。
 時には思いやりとして、時には憎しみとして、時には怒りとして。
 縁の風が凪いでいる時は穏やかで、強風にあっては激しく波立つ。

 かつて、アテネの独裁者ペイシストラトスは紀元前534年、先住民族のディオニュソス神信仰を利用して独裁政治の基盤を固めようと、「大ディオニュソス」を行った。
 いきものたちのいのちを司る神のは、先住民族も侵略民族も都市生活者も農村生活者も悦び、ワイン産業も陶器産業も飲食店も潤し、皆が為政者を讃えるだろうと期待された。
 松明行列から前夜が始まり、翌朝はファルスと呼ばれる男根の行列、雄牛たちの供儀、合唱コンクール、そしてワインで洗った雄牛の生肉を喰いながらの夜を徹した乱痴気騒ぎ。
 その後、三日間、ディオニュソス劇場で悲劇のコンクールが行われた。
 ギリシャの歴史と共にいのちの饗宴は続いたが、200年、300年と経つうちに形骸化し、滾(タギ)り立つ原始的で素朴なエネルギーは失われていった。
 哲学者ヘラクレイトスはすでにこう言っていた。
 為政者によって創られたの真姿を見抜いていたのだ。

「彼らは、ディオニュソスを奉じて狂喜乱舞し、礼を行っているのだが、ディオニュソスはハデス(あの世の神)と同じなのだ」


 そして、母なる大地母神アルテミスを祀る神殿で子供たちとサイコロ遊びに興じつつ人生の幕を閉じた。

 神とを利用しようとする人間の意図など、紙切れのように儚(ハカナ)い。
 私たちの心には、ディオニュソスアルテミスもいる。
 ハデスすら、影絵のように見ている。
 もちろん、アポロンに通じる理性も調和も具わっている。
 何に近づくか、遠ざかるか、あるいは何に成るか、成らないか。
 心は一本の糸であり、それを成す一瞬一瞬は、生まれ持った過去の因縁としての資質と、今の意志と生き方とによって紡(ツム)がれる。

 糸は、自分も為政者も、弄(モテアソ)べない。
 結果として紡がれるものであることを忘れないようにしたい。
 自分の生き方がどうなっているかをこそ、厳しく見つめたい。
 自分の心を考えるならば……。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。