--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
10.03

滅罪の経典は? ―理趣経の主人公―

201510020005.jpg

〈随心院の金剛薩埵(コンゴウサッタ)像〉

201510030001.jpg

〈内山永久寺の愛染明王像〉

 滅罪のために読誦する経典について記します。

滅罪に用いる経典の一つは『理趣経(リシュキョウ)』

 お釈迦様の入滅から500年ほど経った頃には、大乗仏教の経典があり、定型句を唱える修法ができていました。
 また、み仏を心中に念じ、お名前を唱えて祈りを込める唱名(ショウミョウ)も行われていました。
 後になって、南無阿弥陀仏(ナムアミダブツ)、南無大法教主釈迦如来(ナムダイホウキョウシュシャカニャライ)などと唱えられ、やがては南無大師遍照金剛(ナムダイシヘンジョウコンゴウ)や南無三界万霊(ナムサンガイバンレイ)なども加わりました。
 それらが懺悔(サンゲ)から始まるのは、悪い心のままではお経を唱えても効力がはたらかないためであり、〈完全に正しい生活〉のできない私たちは、過失を償わないと前へ進めないからです。

 真言宗では日々、『理趣経(リシュキョウ)』をお唱えします。
 この経典名は通称で、正式には「大楽金剛不空真実三摩耶経(タイラキンコウフコウシンジサンマヤケイ) 般若波羅蜜多理趣品(ハンジャハラミタリシュホン」と言います。
 この経典には、金剛薩埵(コンゴウサッタ)の悟りと誓願が説かれています。
 金剛薩埵は〈真言行者〉の理想像であり、たくさんのご本尊様へ祈る経典全体を司るご本尊様は古来、愛染明王(アイゼンミョウオウ)であるとされてきました。
 「大楽金剛」は金剛薩埵の異名であり、菩提心(ボダイシン…悟りの心)を具現した真言行者の理想像です。
 「三摩耶」は誓願です。
 仏道修行には必ず誓願が必要です。
 誓い願う志のないところに修行への決心つまり発心(ホッシン)はあり得ません。
 お釈迦様もお大師様も、探求せずにはいられぬ思いから、堅固な決心一つをもって修行に入られました。

 金剛薩埵誓願はこうです。
大欲(タイヨク)と大楽(タイラク)をもって衆生を導く」
 大欲とは、煩悩(ボンノウ)から離れた清浄で無限の意欲です。
 大楽とは、他の喜びを我が喜びとして味わう無限の楽しみです。
 いのちのエネルギーに穢れが伴っているからといってエネルギーを減少させ、自ら枯れて行くことが目的ではなく、清浄なエネルギーに転換させて、活性化をはかるところにこそ、仏教が万人を救う目的も根拠もあります。

 また、金剛薩埵は右手に五鈷金剛杵(ゴココンゴウショ)を持っていますが、それは仏陀と同じ浄金剛心(ジョウコンゴウシン…浄らかな悟りの心=仏心)をしっかり抱いていることを意味しています。
 私たちは煩悩によって仏心を隠してしまっていますが、仏心は決して壊れないので金剛と呼ばれます。
 また、金剛薩埵が左手に金剛鈴(コンゴウレイ)を持っているのは、打ち鳴らす音によって、み仏を静まった状態から目覚めていただき、お喜ばせするためです。
 それは同時に、自分自身の悟りを求めてやまない菩提心(ボダイシン)を目覚めさせ、菩提心そのものになることでもあります。

 このような金剛薩埵を主人公とする経典が『理趣経』なのです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。