--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
10.13

阿弥陀如来はどうお救いくださるか? ―ダラニの功徳―

201510130001

 滅罪や追善供養などの法要で『理趣経(リシュキョウ)』と共に、よく用いられるのが「阿弥陀如来根本陀羅尼(ダラニ)」です。

 真言宗の寺院でご本尊様として祀られているみ仏は、多い順に、以下のとおりです。

1 大日如来
2 不動明王
3 観音菩薩
4 阿弥陀如来
5 地蔵菩薩

 このように、西方浄土の教主である阿弥陀如来は、大乗仏教の主尊としてあちこちで祀られています。
 法蔵比丘(ホウゾウビク)という行者が気の遠くなるような長期間、修行を続け、願いが成就した結果として仏陀(ブッダ)となり、極楽浄土を定めたとされ、マンダラでも西の方位に描かれます。
 浄土宗や浄土真宗などでは統一したご本尊様になっています。
 2~3世紀頃には発生した信仰で、人気のあるみ仏の例に漏れず、いくつかの呼び名を持っています。
 無限の光を持つがゆえに「無量光如来」、無限の寿命を持つがゆえに「無量寿(ムリョウジュ)如来」、あるいは無限の安寧をもたらすがゆえに「甘露王(カンロオウ)如来」とも称します。
 真言宗においては、「大日如来はすなわち弥陀、極楽の教主なり」「毘盧(ビル…ビルシャナ如来=大日如来)、弥陀は同体の異名なり」などと説かれ、救い主としてのはたらきに期待されています。

 このダラニは「アミリタ」という言葉を10返、繰り返すので「十甘露呪(カンロシュ)」という異名もあります。
 インドの言葉であるアミリタは「ア…無」プラス「ミリタ…死ぬ」であり、不死をもたらす霊尊は、この上ない安心を与えるので、甘露のみ仏とされました。
 ちなみに、阿弥陀の場合は「ア…無」プラス「ミダ…計られる」であり、計り知れないほどの功徳があるとされ、大日如来にも等しいとされたのです。

 さて、「三宝に帰依(キエ)します」から始まるこのダラニは、最後にとても重要な文言で終わります。
 一つは「キャラマ」、これは業(ゴウ)であり、行為が持つ影響力です。
 悪しき業は必ずいつか、悪しき結果をもたらします。
 他人を傷つけた人はその報いを自分で引き受けねばなりません。
 もう一つは「キレイシャ」、これは煩悩(ボンノウ)であり、私たちを迷わせ、苦しめる根本原因です。
 阿弥陀如来はこれらを滅してくださるのです。
 それは、今現在、抱えている過去の悪業が悪しき未来をもたらさないことであり、悪業を積む原因がなくなれば、これから先も安心であることを意味します。

 また、このダラニは、太陽や雷鳴など、宇宙の動きに呼応するみ仏のお姿を述べており、私たちが一方的におすがりするだけでなく、宇宙にも比すべきみ仏の徳とおはたらきを讃える讃歌のようなすばらしい呼びかけになっています。
 不空(フクウ)が記した「無量寿儀軌(ムリョウジュギキ)」はその功徳を以下のように説きます。

1 十善戒に反した十悪行の罪を滅する。
2 教団から追放される四重禁戒に反した罪を滅する。

  ・殺人戒…殺したり、殺させたりする
  ・盗戒…与えられていないものを自分のものとする
  ・婬戒…性交渉を持つ
  ・大妄語戒…悟りを開いてもいないのに悟ったと言う
3 はてしない無間(ムケン)地獄に堕ちる五無間戒に反した罪を滅する。
  ・母を殺す
  ・父を殺す
  ・聖者(アラカン)を殺す
  ・仏身を傷つけ出血させる
  ・教団の和合を乱し分裂させる

 もし、一万遍唱えれば、悟りを求める心と、深く静まった安心の境地が揺るがぬものとなります。
 そしてこうなります。
「この身このままで、満月のような菩提心(ボダイシン)が皎々と心中に照り渡る。
 臨終の時には、阿弥陀如来がたくさんの仏菩薩と共に行者のそばへ来て、心身を安楽にさせ、やがては極楽浄土で菩薩の位に昇る。」
 Aさんが最期に「住職さん、こんな私ですがどうか極楽へお導きください」と握った手に力をこめられたおりの感触は忘れられません。

 もし、皆さんがご葬儀のおりに、何度も何度も「アミリタ」という言葉が出てくるやや長いダラニを耳にされた際は、阿弥陀如来根本陀羅尼である確率が高いと思われます。
 私たちは、それと意識しなくても、とっさに嘘をついたり、つまらぬことでカッカしたり、戒めを守り、誰かを傷つけているものです。
 せっかく尊い陀羅尼を耳にする機会を得たなら、真剣に聴くのは大切な姿勢であり、少なからぬ功徳を得られることでしょう。
 あの世の御霊と共に、この世にいる私たちも阿弥陀如来のご加護にあずかりましょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。