--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
10.19

安心な死へと導くポワとは何か? ―「チベットの生と死の書」に学ぶ(その1)―

201510190001.jpg
〈絶好の秋晴れとなった日、講堂を埋め尽くした善男善女が、境内地で作った芋煮を堪能しました〉

201510190002.jpg
〈手作りのおにぎりなどもふるまわれ、誰もが浮き世の憂さを忘れたひとときでした〉

201510190003.jpg
〈地球の資源を守ろうという呼びかけもありました〉

201510190004.jpg
〈『法楽米』などが当たる抽選会もあり、盛り上がりました〉

 チベット密教の聖者ソギャル・リンポチェは若い頃、師ギャムヤン・キェンツェに導かれ、テント数30ほどの小さな集団で、巡礼の旅を行った。
 そのおり、60才を超えた老修行者ラマ・ツェテンが急病に罹った。
 死がさし迫り、看護していた弟子は、ギャムヤン・キェンツェを連れてこようとした。
 しかし、ラマ・ツェテンはこう言って止めた。
「彼をわずらわせるんじゃない。
 その必要はない。
 師とともにあって、距離などというものがあるか」
 そして微笑み、「しばし、空を見つめ、息を引き取った」。
 やがてギャムヤン・キェンツェが到着し、死者の「顔を見つめ、瞳をのぞきこみ、くすくすと笑いはじめ」、「そこにいるんじゃない!」と呼びかけた。
「その行を行っていると微妙な障害が起こってくることがある。
 さあ、わたしが導いてあげよう」
 呼ばれたラマ・ツェテンは「息を吹き返し」、それを目の当たりにしたソギャル・リンポチェは「呆然と立ちつくした」という。

「師はラマ・ツェテンのかたわらに腰をおろし、彼を〈ポワ〉へと導いた。
 ポワとは死の直前にある意識を転移させる行のことである。
 この行にはさまざまな方法があるが、そのとき師がもちいたのは『アー』という音を三度唱えながら、師とともに意識の高みに昇りつめてゆく方法だった。
 師がはじめの『アー』を唱えると、ラマ・ツェテンがそれに和する声がはっきりと聞こえた。
 二度目、彼の声は遠くなり、三度目には声は返ってこなかった。
 こうしてラマ・ツェテンは逝った」


 ソギャル・リンポチェはこの体験を振り返り、「精神の勝利」と考えている。
 小生も一度、忘れがたい体験をした。
 親の臨終に間に合わなかったお子さんが駆けつけたばかりの枕経において、〈通じる法〉を結んだ瞬間、死者がフーッと長い息をつき、その場に安堵の空気が広がったのだ。
 以来、小生はますますその修法に意識を集中している。
 引導を渡す葬儀では、もちろん、死者の気配をつかんでから法力を動かす。
 また、「アー」と唱える阿息観(アソクカン)は、阿字(アジ)に象徴される根本仏大日如来の世界へ融け入る修行であり、当山でも行われている。
 正統なポワの伝統はしっかりと受け継がれている。
 死に行く生きものたちの中で人間のみに許された「精神の勝利」は確かである。

 ソギャル・リンポチェは長じてデリー大学とケンブリッジ大学で比較宗教学を学び、ダライ・ラマ法王からこう評される「チベットの生と死の書」を著した。

「いかにして人生の真の意味を理解し、死を受容するか、死にゆく者や死者に救いの手をさしのべるか、に焦点をあわせた、まことに時宜を得た書物である」


 あまりにも大きく深い示唆に富んだ本書を、おりおりに読み進めて行きたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。