--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
10.25

託されたレコード盤 ―お焚きあげと人生―

201510250001.jpg

201510250003.jpg

201510250002.jpg

 いつの日か喫茶店を開こうと夢見ていた方のご家族から「ぜひ、聴いてやってください」とレコードをお納めいただき、小生もまた、いつの日か、と願っていた。
 それから数年が経過した最近、古いレコードプレイヤーが入手でき、ようやく〈その日〉がやってきた。
 ところがフォノイコライザーの電源コードがなく、差し込み口が特殊なので、家電量販店でもDIYの店でも手に入れようがなく、上京したおりに秋葉原で探すしかないかと思案していたところ、意外な成り行きとなった。
 コードのないイコライザーを目にとめていたAさんがたまたまゲーム関係の店へ行ったところ、中古品コーナーでぴったりのコードを発見したのである。
 深夜、Aさんはやってきた。
 日々、何かに驚いてはいるが、プラグが差し込み口にピッタリと嵌った時は、時間が止まったような気分になった。
〝――人生では何でも起こり得る〟

 さて、Aさんも一緒に聴いたのはまず、J・Rモンテローズの『ストレート・アヘッド』である。
 文章を綴るようなモンテローズのブロウ、美しい線グラフを描くようなトミー・フラナガンのピアノ。
 Aさんは、「とても古いレコードだとは思えません」と言う。
 何か重い感じがしてレコードを止め、イコライザーと針圧調整の錘(オモリ)をよくチェックしてみたら、確かに針圧がかかり過ぎていた。
 次は、藤圭子の『新宿の女』である。

 たちまち、半世紀近い昔に引き戻された。
「私が男に なれたなら
 私は女を 捨てないわ♪」
「あなたの夢みて 目が濡れた
 夜更けのさみしい カウンター♪」
 あの頃は、男も女も真剣だった。
 決して遊びではない。
 かと言って、必ずしも人生設計上の実(ジツ)は求めない。
 あとから振り返って見れば、ゲームだったと言うしかないような気もするが、ある種の〈まこと〉が宿る時間であったことは確かである。
 しかし今は、女子高生がさまざまな形で性をお金にし、若者が「コスパ(費用対効果)のあやしい恋愛に時間などかけてはいられません」と断言する時代になった。

 藤圭子は唄い上げる。
「まことつくせば いつの日か
 わかってくれると 信じてた♪」
 絞り出すような、押すような声を聴くと参ってしまう。
 それにしても、このレコードを持っていた方は、どんな思いでこれを買ったのか?
 そして、その志を知っていたがゆえに処分しかねていた方は、どんな思いで当山へ送られたのか?
 当方からは一切、詮索しない方針なので、聴きながらうっすらと忖度の心をはたらかせるしなかい。

 お焚きあげを依頼されるお品には、持ち主や、持ち主だった方の人生が宿っている。
 謹んで祈り、不動明王の火に託す。
 まれに、こうしたご依頼もあると、見知らぬ方との人生模様の共有を感じたりもする。
 南無転迷開悟(テンメイカイゴ)不動明王。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。